2020/5/26

思えば、恥の多い人生を歩んで来ました…  日々のよしなしごと

 土曜日の朝、ふとテレビを見ていたら、最近の「ステイ・ホームあるある」で、やたらとインスタグラムに自作の手料理の写真をアップする人が増えている、とあった。

 テレビ画面にはおっされ〜な写真がズラリ…脳裏に当ブログのボケボケで、ちっともおっされ〜でない手料理の写真が浮かんだ

 そうだ、今はビジュアルの時代なんだと言うことを、すっかり忘れていたとにかく被写体はセンス良く、洗練されていなければならない。

 残念ながら、ほぼ引き籠りで友達も少ない私には、人にひけらかすセンスも、羨望の眼差しを浴びる洗練もない。相変わらず、間もなく使用期限を迎える10年物のガラケーで写真を撮っているのである(一応、メール連絡用とデータ検索用にSIMフリースマホも持っているけれど)

 斯様に、私はいつも時代からひと昔どころか、ふた昔ほど遅れているのである

 さらに「ステイ・ホームあるある」では、夫のリモート・ワークが大企業勤務を仄めかし、それをSNSで声高に言うのは、所謂マウンティング行為に当たり、快く思わない人が多数とのこと。

 マズイ、私も当ブログで夫はリモート・ワークだと宣ったわ。でも、夫は大企業勤務ではないすでに定年退職して、今は嘱託の身分だ。

 あまり後先考えずに、思いつくままにブログ記事を書き、写真を載せている私は、自分の知らないところで他人様を苛立てたり、呆れさせているのだろうか?尤も、読者数はそう多くないので、それほど世間的には迷惑をかけてはいないと思う。

 思えば、ブログを始めたのも人より数年遅れだった。そして、今、時代はインスタグラムなのに、あれこれ考えて文章を綴ることが好きなので、とっくにブームが去ったブログに好き好んで(笑)しがみついている。たぶん、インスタグラムには移行しない。インスタグラムのその先にも。

 いつも周回遅れの私だが、何事も原動力が「自己満足」なので、それなりに楽しい毎日だ。ブログサービスがなくなるまで(一度はAOLのブログ消滅を経験しているので、覚悟は出来ている)、私なりのブログ・ライフをせいぜい楽しもうと思う。

 
 自分が幸せを感じられる細(ささ)やかな喜びは、身近に幾らでもある。こんな私でも、か、こんな私だからこそ、か…




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ