2020/5/5

日本語ではダメなの?  今日の言の葉

この3カ月、コロナ禍を巡って、耳慣れない横文字が次から次へと登場して来た。

今、思いつくだけでも…

パンデミック(感染症等の世界的大流行?)

クラスター(集団感染?)

オーバーシュート(感染爆発?)

ロックダウン(都市封鎖?)

エアロゾル(空中浮遊粒子物質?)

ソーシャル・ディスタンス(社会的距離?)

ステイ・ホーム(在宅)

フィジカル・ディスタンス(身体的距離?)

ニューノーマル(新常識?)

そして今日になって西村経済再生担当相から

スマートライフ(無駄を排した洗練された暮らし?)


さすがに混乱するな

全世代的に理解されると言うか、受け入れられるのは難しそうだ

今欲しいのはスローガン(標語?)より、リーダーの明確な指針や実効性のある政策だな。

今は、先の見えない長い長いエスカレーターに乗っている気分…

クリックすると元のサイズで表示します

 (写真はUniversal Studio Hollywoodの二つのエリアを結ぶエスカレーター。湾岸地区の埋め立て地に作られたUSJと違い、元祖USはカリフォルニア内陸部の広大な撮影所跡地に作られたので、土地の起伏をそのまま利用した、高低差のある二つのエリアに分かれています。ここの醍醐味は、トローリーバスで旧撮影所内を周遊できることでしょうか?映画「サイコ」や「スパルタカス」のセット等が見られます。臨場感のある仕掛けもあって楽しい!)

【2020.05.30 追記】

エッセンシャル・ワーカー(米) もしくはキー・ワーカー(英) 
 (社会に不可欠な仕事に携わる人々、具体的には医療関係者、介護施設、ゴミ収集や清掃事業、物流事業、スーパーマーケットやドラッグストア等の小売り業、公共交通機関、電気・ガス・水道の保守管理など、社会インフラを支える職業の従事者)




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ