2019/7/23

吉本興業を巡る騒動に思うこと  はなこのMEMO

そんなに騒ぐほどのことか?と思う。

所属する吉本興業を介さずに直に営業することは、
芸人にとっては従来それほど珍しいことでもなく、
吉本興業側も黙認していたのが、
ゴシップ写真週刊誌に、
反社会派勢力絡みで扇情的に取り上げられたことで
何らかの対応をせざるを得なくなった、
と言うのがコトの真相なんでしょう?

そもそも直営業を黙認していたから、
社内でも厳密な罰則規定など存在せず、
直営業で反社会派勢力との関わりを持ってしまった芸人の処遇に、
会社としても明確な指示を出せなかっただけの話。
図らずも、会社の危機管理能力のなさが露呈した形。

確かに被害者が存在する犯罪集団と直営業で関わり、
ギャラを受け取ってしまったことは社会倫理上不味かったかもしれないが、
芸人を無期限に謹慎したりクビにするほどのことか?と思う。

(近年は暴対法対策で反社会派勢力もフロント企業で正業を営んだりと
ステルス化が進んでいるので、私達一般人も気づかないうちに
何らかの関わりを持ってしまっている可能性は十分ある。)


営業先の身元を碌に確認もせず、
安易に仕事を請け負った芸人の脇の甘さは否めないし、
当初ギャラを貰っていないと嘘をついたことには、
その芸人の小賢しさ、セコさを感じて不快だけれど、
(宮迫さんは世間を舐めている不真面目な人と言う印象。
これまでもテキトーなことを散々やって来ていて、
運よく切り抜けていたのだろうけれど、
今回ばかりは「いい加減にしろよ」と神様から大目玉をくらった感じ。
おそらく、宮迫さんの人間としての「いい加減さ」と
芸人としての「面白さ」は表裏一体で、
それは、かつての市川海老蔵の私生活における「無軌道さ」と
芸の「華やかさ」が表裏一体であったのと同様なのだろう。)

本人がきちんと心から反省して、ギャラも返上して、
今後は二度とそんなことをしないと態度を改めるのであれば、
一定の謹慎処分を科した後に
もう一度チャンスを与えるくらいの度量が、
吉本興業側にあっても良いと思う。

そもそも私は芸能人に清廉潔白さを求めていない。
彼らが社会の手本となる存在であるとは思っていない。

ゴシップ誌でしばしば取沙汰される不倫問題にしても、
当事者の夫婦間、家族間の問題であって、
不快に感じることはあっても、私には直接関わりのないことなので、
芸人なら芸人として、俳優なら俳優として、歌手なら歌手として、
素晴らしいパフォーマンスを見せて貰えれば十分だ。

かつてのプライベートが謎めいた銀幕のスターと違い、
現在はお茶の間にあるテレビで、芸能人の一挙手一投足が見える時代。
近所のちょっときれいな女の子が束売りでアイドルになる時代。
自身のプライベートを切り売りすることで生きながらえている芸能人さえいる。
だから、見たくないことも、見なくて良いことも見えてしまう。


今回の件で最も腹立たしい存在は、
ゴシップ誌に写真を提供した反社会派勢力と
その写真を使ってセンセーショナルに記事を書き立てた出版社だ。

こちらの方が社会倫理上よほど悪質かつ問題で、
その行為の正当性を議論すべきだと思う。

反社会派勢力は自分の力を誇示する道具として芸人を利用しただけでなく、
芸人の人生を弄ぶようにゴシップ誌に営業時の写真をネタとして提供した。
正にマッチポンプとも言える行為で、不快極まりない。

反社会派勢力が持ち込んだ写真をホイホイ受け取って、
さも自らが社会正義を振りかざしているが如く、
芸人を糾弾した記事を掲載した出版社も出版社だ。

叩きやすい相手を叩いただけの安直なジャーナリズムだ。
そこにはマスコミとしての覚悟も使命感も見えない。
おまけに今回は、反社会派勢力に
「マスコミを利用して人を貶める」と言う
新たな悪知恵を授けたようなものだから始末が悪い。

このことに関して他社から何の批判も出ないことに、
この業界の倫理観のなさ、自浄能力のなさを感じる。

こんな低次元のジャーナリズムが跋扈する現状で、
マスコミの本分とも言うべき「権力の監視装置」としての役割は、矜持は、
一体どこに行ってしまったのだろう?

権力は監視を怠ると暴走する、と歴史が証明しているのに 。


何だか、視聴者や読者を馬鹿にした茶番劇を
延々と見せ続けられているような気がして、
ものすごく不快
1



2019/8/4  1:38

投稿者:管理人はなこ

さくらいさん、コメントをありがとうございます。

先日の宮迫さんらの会見以来、吉本興業VS芸人の話題で特に日中のワイドショーは持ち切りのようで辟易しています(←テレビ欄を見れば分かる)。論点ずらしもイイトコで、ホント、時間の浪費ですね。

昔、米国であったOJシンプソン事件報道以来、日本のマスコミもそれを真似て、ひとつの話題をこれでもかこれでもかと連日取り上げる手法が定着しましたね。どこのチャンネルでも同じ話題ばかりで、似たようなコメント。

振り返れば、オウム事件報道がその始まりでした。

何だか見ていると白痴化しそうなので、日中は番組表をチェックしてからテレビを点けることにしています。

2019/7/24  9:18

投稿者:さくらい

> 今回の件で最も腹立たしい存在は、ゴシップ誌に写真を提供した反社会派勢力と その写真を使ってセンセーショナルに記事を書き立てた出版社だ。

私も全く同様に思っていました。そしてそれに乗って、延々と時間を浪費するTV局も同罪です。

https://ameblo.jp/sir-cry/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ