2019/7/17


左の親指の痛みは10年以上前に骨折したのが原因だと思って、ずっと我慢していたのですが、最近は買い物帰りにレジ袋やエコバッグを持ったり、台所でフライパンを持つのも辛くなった上に親指の第一関節にバネ指の症状も出たので病院に行ったところ、思いがけず「腱鞘炎」と診断されました。

かねてより腱鞘炎はピアニストなど指を多用する人の職業病として知られていますが、最近はスマホ使用時の指の多用で罹患するケースも増えているようです。さらに医師の話によれば、日々の家事の細かな作業で指を酷使する主婦にも珍しくない病気なんだそうです。

根本治療としては指を休めるしかないのですが、立場上そうも行かないので、炎症と痛みを抑える為に患部に(ステロイド剤?)注射をしていただきました。

一応、薬が効いているようで、痛みはなくなりましたが、バネ指の症状はときどき出ます。

さらにパソコン画面を暫く見ていると、画面がぼやけて見えるドライアイの症状も出て、トドメに風邪もひいてしまったので、パソコンやスマホは極力見ないようにしていました。ブログ等のSNSなんてもってのほか(笑)。

ドライアイに対しては普段からメガネをかけつつ、目を酷使しないよう心掛け、風邪は鼻づまりと咳の症状が出ていたので、それぞれ家に常備している市販薬で対応し、時間があればひたすら寝ることにしました。

おかげで漸くそれぞれの症状が緩和されました。2週間くらいかかったかな。


身体の不調とは上手に付き合って行くしかないですね。



2019/7/23  23:20

投稿者:管理人はなこ

さくらいさん、こちらにもコメントをありがとうございます。さくらいさんがいつまでもお元気であられますように。

細かい作業はどうしても利き手である左手を使ってしまうので、左手の親指が腱鞘炎になったのでしょうね。基本的にスマホでは文字入力は殆どしないし、未だに愛用している携帯電話では右手で文字入力しているので、原因はモバイル機器の使い過ぎではないんですよね。

私も50歳を過ぎた頃から、いろいろと身体に不具合が出て来ました。自分が幼い頃から知る有名人も次々と鬼籍に入り、自分もつくづく年を取ったんだなあと思う今日この頃です。さくらいさんには笑われそうですが。

2019/7/20  22:43

投稿者:さくらい

川崎のヘレン・ケラーですか(笑)
なんて笑い事ではありませんね。先日、料理中、左手の人差し指の先をちょっと切ってバンドエイドを巻いただけでもちょっと不自由しました。
それはそれとして、半世紀以上、酷使して来た身体ですから、どこかしら不都合が出るのは当たり前と割り切ることにしています。
何はともあれ、お大事に。

https://ameblo.jp/sir-cry/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ