2019/7/17

老後資金のはなし  はなこ的考察―良いこと探し

50代に入った頃から何となく老後を意識するようになった。

私にとっての本格的な老後は、夫が仕事から完全にリタイヤした時だろうか?光陰矢の如しで、老後生活スタートまで残すところ3年弱となった。

最近、年金以外に老後資金として2,000万円は必要との金融庁からの提言?が巷間を賑わせたけれど、その金額はあくまでも目安で、本当に必要な額は人それぞれだろう。

そもそも皆、違う人生を生きているのだから。

私の友人を見渡しても、例えば郷里の友人の中には土地持ちの家に嫁いで、今では賃貸マンションなど何棟もの不動産を夫婦で所有し、地元だけでなく東京の都心にも別宅としてマンション1室を所有して頻繁に上京するなど悠々自適に過ごしている者がいる一方で、都内に住む友人のひとりは夫婦共働きで地道に暮らして来たのに、最近になって夫の会社が倒産し、新たな職が見つかりはしたものの月収が10万円減になってしまったとかで、退職金など望むべくもなく老後は不安で仕方がないと言っている。

また、同郷で同じ会社に勤めていた友人は帰省の度に費用は全額親が負担してくれ(←因みに我が家のこれまでの帰省費用を計算したところ、ゆうに1,200万円は超えていた)、自宅を購入する際も夫婦それぞれの両親から1,000万円ずつ出して貰ったと言っていた。彼女は大学時代も親の仕送りだけで十分生活出来て、学生時代バイトもしたことがなかったらしい。それだけ親に援助して貰えれば、数千万円の貯蓄など容易いものだろう。それ以外にも財テクの知恵など有形無形の財産を親から継承して、資金面での老後の安泰は確約されたも同然である。

その友人の話を聞いていると、何だか自分が不遇に思えてくるので、いつしか疎遠になった。


正に不幸の種は隣の芝生の青さを羨むところにある。
他人と自分を比べるところにある。

比べたところで、何も良いことはないのにね。

ヨソはヨソ、ウチはウチと割り切らないと、ホント心乱されるばかりだ。
自分の"分"を弁えて、自分の持ち分の中でやりくりしながら生きて行くしかない。
この際、「人並み」を求める虚栄心はキッパリ捨てなければ。

或いは、自身の望む生活レベルを維持する為に働き続けるか…

自分にとって何が大切か?
最低限何が出来れば心充たされるか?
よくよく考えた上で、老後はお金の使い方にメリハリをつける必要があると考えている。

結局、周囲(親類縁者)に迷惑をかけない程度の蓄えと、
結婚しているなら良好な夫婦関係、
さらに子どもがいるなら良好な親子関係、
会いたい時に会える心許せる友人の存在、
時間を忘れて心から楽しめる趣味、
そこそこ健康な身体(確実に老いて行くのだから、どこかしら不具合があって当然)
そして、自身や他人の多少の粗忽は笑って許せる心の大らかさが、
老後の心の安寧には必要なんだろうなと思っている。
0



2019/7/23  23:06

投稿者:管理人はなこ

さくらいさん、こんばんは。

ミャンマー旅行はいかがでしたか?

選挙結果を見る限り、あまり年金問題は関係なかったようですね。ほとんど争点にならなかったと言うか、最後まで争点が明確でなかった選挙で、単なる与党の信任投票だったように思います。早速麻生さんが、消費増税の信任を得たとおしゃっているし。

争点ぼかしは与党の作戦がうまく行ったと言うことなのかもしれませんね。野党も与党並みに人材が揃って有能なら対等に戦えるんでしょうけれど。政権を担えない党に有用な人材は集まらないですね。

これではいつまでたっても与野党のパワーバランスが拮抗して、与党も緊張感のある政治を行う理想とは程遠いですね。日本は政治が3流。危機的なことに、経済も政治のていたらくに引きずられる形で1.5流から3流に転落しつつある。移民政策も先行する国々から周回遅れで、日本政府は学習能力が低いから、今後いろいろと問題を抱えそう。大丈夫かな?日本。

我が家の老後の生活レベルは中の下くらいですかね?懸念される年金支給額の減額が現実のものとなれば、すぐさま下流に転落しそうです。それに備えて、もう少し節約しないとな〜。

ところで、恵まれた家庭のお嬢さまである友人の名誉の為に書き加えるならば、彼女は勤勉で努力家なのです。そういう気質は代々受け継がれて、結果的にその家は栄えるんでしょうね。

ただ、どうして自分の恵まれた境遇を私に話したんでしょうね?一種のマウンティングだったのでしょうか?私なんか正反対の境遇だったので、何も言い返せませんでした。何と応えたら良いのか困りましたね。

2019/7/20  22:34

投稿者:さくらい

御無沙汰しました。
怜の金融庁の2000万円、夫が95歳、妻が90歳まで生きたら、というあまりあり得ない前提が消えて独り歩きしてしまいましたが、麻生氏が受け取っても理解出来なかったでしょうね。でも、国民が年金問題を考えるきっかえになったことは確かで、明日の選挙にも多少は影響するのではないかともいます。
世の中、上を見ても下を見てもキリがないので、自分は”中の中”ぐらいかなと言い聞かせて納得しています。


https://ameblo.jp/sir-cry/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ