2019/3/30

日本の教育の問題点〜親の役割  はなこ的考察―良いこと探し

電車に乗る度に思う。

赤ちゃんを胸に抱き、
大荷物を抱えた母親が乗って来ても、
誰も席を譲らないのはなぜ?
と。

たまに譲る人もいる。しかし、本当にたまに見る光景だ。
これでは幼子を抱えた母親の外出は難行苦行だ。

そんな母子の姿を見たら、女性の中には「子育ては大変だ」と、
子どもを産み育てることに(本当はたくさんの喜びもあるのに)
躊躇する人もいるかもしれない。

もうさあ、少しは助けてあげようよ。 

(例えば、抱っこひもで前に赤ちゃんを抱えている場合、
母親が座ると赤ちゃんが足に苦痛を感じることもあるので、
近くの人が母親の荷物をいっとき持ってあげるだけでも良いのでは?

手助けの方法はいろいろあると思う。
これこそ、想像力を働かせる好機だ!

仮に声をかけて断られても、気にすることはない。
何ら恥じることもない。寧ろ胸を張って欲しい。
思いやりを示すその行動そのものが、
他人に無関心な今の社会に対して
一石を投じるもの
なのだから。)


今日もお昼前頃、都心に向かう電車に、
赤ちゃんを抱っこひもで抱えた母親が乗って来た。
背中には大きなリュックを背負い、
右肩にも大きなトートバッグを担いでいる。
いかにも重そうな荷物。

車内はほどほどに混んでいて、
私はその母子から離れた場所に立っていた。

出入り口の脇で窓の外に向かって母親は立っていた。
赤ちゃんがぐずるからだろうか?
荷物を抱えたまま自身の身体を上下に揺らし、
赤ちゃんを懸命にあやしている。

すぐ傍の席で、若い女性はスマホに目を落としたまま。
赤ちゃんがぐずっているのに一瞥さえしない。
まるで無関心だ。


海外では電車内で私が幼い息子を抱っこしていると、
どこの国でもすぐさま誰かが席を譲ってくれた。
 


特に若い女性が率先して譲ってくれた。
何れ母親になるかもしれない、
同性の若い女性の優しさが嬉しかった。
至極当然のこととして、何の衒(てら)いもなく
幼子を連れた見ず知らずの母親を気遣う姿が素敵に見えた。

私は息子には幼い頃から、
公共の乗り物ではよほど疲れていない限り
立つように教えて来た。
その前段として息子が幼稚園の頃から、
家族で街散歩やウォーキングイベントに参加するなどして、
長時間(2〜4時間)の歩行に慣れさせ足腰を鍛えて来た。
その結果、彼は今でも長時間立ち続けることや歩くことを厭わない。

もし、バスや電車で席についていたとしても、
その席を必要としている人が乗って来たら譲るよう、
息子にはことあるごとに言い聞かせて来た。
彼は親の教えを実践していたようだ(バス、電車通学が始まった中学生の頃、
帰宅後にいちいち報告していた(笑))


だから所構わず、すぐ座り込む(所謂ヤンキー座り?)若者を見かけると、
彼らは子ども時代に足腰を鍛えることを怠ったせいで、
見た目より肉体は老いているんだろうなと思う。
逆に連れだってハイキングに出かける中高年女性の方が
よほど足腰が丈夫で、心身共に若々しいのかもしれない。

今はともすると、公共の乗り物で子どもを真っ先に座らせる親が多い。
これは傍から見れば、親が子どもを甘やかしていることに他ならない。
こうした甘やかしは、
子どもが本来持っている力を伸ばすことの妨げにしかならず、
子どもの成長の機会を奪う行為に等しい。

子どもの体調が悪くないのなら、特に走行が安定した電車では、
親の方が座り、子どもは立たせた方が良い。
本来、子どもは親よりもエネルギーに満ち溢れ、元気なのだから。
心身の鍛錬の機会は、こうした日常に転がっているものだ。

先日たまたま外国人親子(母親と小学生くらいの息子)を電車内で見かけたが、
当たり前のように母親が座り、息子は親の目の前に立ち、
母子で楽しそうに会話していた。微笑ましい光景だった。

親は我が子を、他者を思いやる心を持った真っ当な人間に育てる為に、
精一杯の愛情を注ぐのは当然のことながら、
けっして甘やかしてはいけないのだと思う。

社会で生きて行く以上、
人は基本的に互いを思いやることが大切だと思う。
そうでなければ社会は殺伐として、
誰にとっても生きづらい場になる。

それを率先して教えるのが、親の役割だと考える。
遅くとも就学前には、
「他の人とどのような態度で関わるべきか」
想像力を働かせて他者を思いやる姿勢を、
自分自身が手本となって、
親はわが子に教えるべきだと思う。

観念は家庭で教えるべきで、
学校はあくまでも実践の場である。


昨今は子どもに対する、
そういう人間としての基本的な素養の教育が、
欠けているような気がしてならない。

学問だけが我が子に授けるべき教育ではないのだよ。
2



2019/4/1  22:42

投稿者:管理人はなこ

櫻井さん、こんばんは。

確かに席を譲るのは中高年の方が多いですね。若い男女もいなくはないけれど、比較的少ないかなあ…

スマホが若者の礼儀作法をぶち壊してしまったとの指摘には同意です。そう言えば、最近は海外でも若者はスマホの画面にくぎ付けです。ゲームやSNSばかりしているように見えます。

もしかしたら今では海外でも若者はスマホに夢中で、公共交通機関でかつてほど席を譲ったりしなくなったのかもしれませんね。

敢えて誤解を恐れず言うならば、子どもを産む性(男性は逆立ちしたって子どもは産めない)と言う意味で、女性の優しさや思いやりに期待したいのですが、どうも最近の親は子どもの教育を考える時に何よりも学業優先で、他者に対する思いやりと言った精神性を軽視する傾向があるように思えてなりません。

両親共働きで忙しいのなら、家事も家族で役割分担して、子どもにも家族の一員としての責任を負わせた方が、家事能力など将来の自立に向けての訓練になるだろうし、家庭を持った時の自分の在り方を考えるきっかけになるのではないか?

親も子どもには苦労をかけまいと一身に大変さを背負うのではなく、敢えて自分の生き様を曝け出して、生きて行くことの大変さを子どもに身を以て教えてあげた方が、本当の意味での教育だと思うのです。

2019/4/1  21:22

投稿者:櫻井栄治

私は、自分で言うのも変ですが、年齢より若く見られるのか、私自身も都内を走る乗り物ならあえて座りたいとも思いませんが、電車で席を譲られることはまずありません。ただ、空いている場合はあえて優先席に座ります。そうすれば、普通の人が座る席が一つ増えるわけですから。

赤ちゃん連れの女性に咳を譲る風景は時々見受けますが、大体が中高年の人で、若い女性には少ないのは事実ですね。スマホが特に若い世代の礼儀作法をぶち壊してしまったような気がします。

https://ameblo.jp/sir-cry/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ