2016/10/14

「クラーナハ 500年後の誘惑展」開会式と内覧会  文化・芸術(展覧会&講演会)

クリックすると元のサイズで表示します

 今日は韓国人アーティストのHさんを誘って、15日(土)より開催予定の「クラーナハ 500年後の誘惑展」の開会式と内覧会に出席しました。

 開会式は地下の企画展示室ロビーで、駐日オーストリア大使ウィーン美術史美術館館長他列席の下、行われました。

 今回の展覧会が開催される今年から来年にかけては日本とオーストリアの国交150周年 (→正しくは2019年が日本とオーストリアの国交樹立150周年)宗教改革(1517)から500年と言うこともあり、ドイツ宗教改革の中心的存在であったマルティン・ルターと親交が深かったと言われるルーカス・クラーナハ(父、Lucas Cranach the Elder)の、ヨーロッパ以外では最大級の回顧展開催の運びとなったようです。

 そこで、クラーナハの故国ドイツに次いでクラーナハのコレクションを有するオーストリアのウィーン美術史美術館が全面協力し、国立西洋美術館、TBS、朝日新聞社と共に主催者に名を連ねています。

 内覧会を見た限りでは、クラーナハ(父)のウィーン美術史美術館や国立西洋美術館所蔵の油彩画、版画を中心に、国内外の美術館(伊ウフィツィ美や米メトロポリタン美等)や個人所蔵の作品が数多く出展されていました。

 見応え十二分で、気が付けば2時間も展示室にいました。近年稀に見る密度の濃い充実した内容の展覧会だと思います。クラーナハは早くに工房経営も確立し、多作の作家だったのだなと改めて知る機会となっています。

 個人的には、丸顔に尖った顎と釣り目が特徴的な女性像が、ツンとすました雰囲気を湛えて、小悪魔的な魅力で印象に残りました。北方ルネサンス絵画の特徴のひとつである、身に着けた衣服の細密描写は、当時のファッションを今に伝えて興味深いものがありました。

 また、裸体に豪奢に真珠を散りばめた帽子やアクセサリー、そして薄布のベールを纏わせた女性像には何とも言えぬ艶めかしさがあり、不思議な魅力を放っていました。

 そして、同時代のアルブレヒト・デューラーの超絶技巧の版画や油彩画も展示され、16世紀ドイツ絵画の双璧を見る楽しさもあると言えるでしょうか?

 さらに、会場終盤に展示されたクラーナハからの影響を公言して憚らなかったピカソをはじめとする近現代作家の作品群も、時代を超えて人々を惹きつけて止まないクラーナハの偉大さを示すものとなっています。
 

 素晴らしい展覧会です!乞うご期待!!

 なお、今後展覧会に関するレクチャー等あれば、是非受講して、改めて展覧会についての記事をアップして行こうと思います。

国立西洋美術館企画展案内
「クラーナハ展」特設サイト by TBS

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
1



2016/10/16  23:52

投稿者:管理人はなこ

さくらいさん、展覧会を楽しまれたようで、チケットを差し上げた甲斐がありました(笑)。ご覧になった後の感想を聞かせていただくと、本当に嬉しいです。ありがとうございます。

開催初日には家族向けワークショップの担当で、私も美術館に終日いたんですよ。もしかしたら、さくらいさんとニアミスしていたかもしれませんね。2日連続の美術館で、殆ど立ちっぱなしだったので、さすがに疲れましたが…

ルネサンス時代に、画家は教会からの大規模な祭壇画を受注することが多かったので、この頃から絵画の工房制作が盛んに行われるようになったようです。クラーナハが最初というわけではないんですね。

しかし、今回の展覧会の解説で、宮廷画家としてのクラーナハが絵や版画の制作だけでなく、イベントの企画や庭園の設計まで任され、多忙ゆえに早描きの画家としての伝説を残したことを知り、彼の多才ぶりには驚きました。

版画制作に熱心だったことも、同時代のデューラーの存在の大きさもさることながら、自身の名声をヨーロッパ全土に轟かせる戦略のひとつだったのかなと思うと、彼の策士ぶりには舌を巻きますね(後<17世紀>のオランダのレンブラントも、同様の理由で銅版画制作に熱心に取り組んでいます)。

あの独特の女性像からも、クラーナハはかなり面白い人物だったのではないかと想像します。そう言えば、チェコの現代美術館に、クラーナハの≪楽園追放≫のパロディ作品がありました。画家達の創作心を刺激するんでしょうね。

本当に面白い展覧会です。ボランティアの同僚も「この展覧会を見られるなんて、10年ボランティアをした甲斐があった。」と感激していました。

今回、内覧会に同行した韓国人の友人も、食い入るようにひとつひとつの作品に見入って、すごく面白かったと喜んでいました。

2016/10/16  22:34

投稿者:さくらいえいじ

このたびは有難うございました。
初日15日の朝9時に家を出て歩いて9時45分に着いたので、待つこともなく、まだ混雑もなく、1時間半ほどたっぷり観賞して来ました。男性として、やはり裸婦像が一番印象に残ってしまいましたが(汗)、「ホロフェルネス(うろ覚えですが)の首を持つユディット」と、並んで展示されていたサロメの同じような構図も面白く思いました。

それにしても、虫プロや藤子スタジオがやっているような大量生産方式を16世紀初頭に既にやっていたというのは驚きでした。

素晴らしい展覧会を見る機会を頂きありがとうございました。



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ