2016/6/28

『チョイ住み』シリーズ第6弾放送決定!  海外旅行(旅の記録と話題)

 いつも放映を楽しみしている旅番組『チョイ住み』シリーズの第6弾の放送が、2週間も前にアナウンスされていたようです!

 あー見逃すところでした!!

 今回の「チョイ住み」の地は、昨年の7月、実に54年ぶりに米国との国交が回復して大きなニュースとなったキューバの首都ハバナです。

 そして旅人は、人気若手俳優の野村周平クン(22)と、ベテラン料理研究家の土井善晴さん(59)。何と37歳差で、「チョイ住み」史上最大の年齢差

 野村周平クンは、まだブレイクする前の彼を、映画の舞台挨拶で間近に見たことがあります。その時のシャイな印象からは、今の活躍は想像もつきませんでした。最近ではドラマ「フラジャイル」で元医学生の臨床検査技師役、映画「ちはやふる」でヒロインを慕う競技かるた仲間の役などを好演していました。

 母方の祖母が中国人のクォーターである周平クンは、小中学校時代を神戸の中華学校で学んだので、中国語も堪能なんだとか。芸能界デビュー前はスノーボードの大会で数々の優勝経験もある運動神経抜群の男子です。番宣での彼の様子から、かなりヤンチャな印象

 しかし、あと数年もすれば、本格的な演技派俳優の道へと進むのか、単なるアイドル俳優で終わるか、彼の真価が問われることになるのでしょうか?

 一方、土井善晴さんは、料理研究家として高名であった土井勝氏を父に持つ、親子二代にわたる家庭料理のエキスパート。NHKの料理番組「きょうの料理」でもお馴染みです。ソフトな語り口で、分かり易い解説が人気。

 やはり、今回も「年長者が料理上手」の"チョイ住み鉄板の法則"で来ましたね。

 旅先としてのハバナは、別の人気旅番組「アナザースカイ」でも何度か取り上げられたことがあり、まったく未知なる世界と言うわけでもありませんが、今回どのような切り口でハバナを見せてくれるのか楽しみです

 そして、活躍するジャンルも、年代も違う旅人ふたりが、キューバでの共同生活で、どのようなバディぶりを見せてくれるのかも、「チョイ住み」シリーズの見どころ。

 私が現時点で知っているキューバと言う国は、アメリカに隣接する社会主義国で、国民の平均月収は1万円にも満たないが、それでも基本的な食糧の配給制度や医療・教育が無料で受けられる制度が確立しているので、人々はけっして貧窮ではなく、50年代のアメ車が未だ現役でノスタルジックな街中を走っており、マイケル・ムーアのドキュメンタリーでは医療技術の高い国として取り上げられているということ。そして、野球大国と言うことですね。

 つい最近には、新たな市場として、多くの日本企業が進出を目指していると、ニュースにもなっていました。
 
 
 そんなキューバでの「チョイ住み」、皆さん、お見逃しなく!

 チョイ住み in Cuba 7月21日(木)21:00〜 NHK−BSプレミアムにて放送

「チョイ住み」公式ブログ




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ