2016/6/13

水元公園で水郷散策  散歩の記録

クリックすると元のサイズで表示します 梅雨時のどんよりとした曇り空でしたが、久しぶりに少し遠出して、散歩を楽しんで来ました。

 場所は東京都葛飾区にある水元公園

 名前は知っていましたが、今回、初めての訪問。地元の駅前で「権兵衛のおにぎり」を買い、いざ出発!

 当初、自宅から電車やバスを乗り継いで2時間程度で行けると踏んだのですが、午前中に発生した人身事故による電車のダイヤの乱れもあって、結局2時間半もかかってしまいました。帰りも同様でした。

 水元公園へはJR常磐線金町駅からバスで向かいます(今回、初めて知ったのですが、ここは東京理科大の葛飾キャンパスの最寄り駅なんですね。帰りのバスに乗り合わせた新入生と思しき女子学生が、大学までのアクセスの不便さをしきりにぼやいていたのが印象的でした)

 水元公園前のバス停を降り、地下道を通って、最初に見えて来たのは内溜と呼ばれる池。ヘラブナ釣りで有名な所らしく、池に釣り糸を垂らした釣り人が何人もいて、偶然、その中のひとりがヘラブナを釣り上げた瞬間を目撃しました。
クリックすると元のサイズで表示します

 しばらく歩くと、水しぶきも豪快な水元桜大滝へ。マイナスイオンをいっぱい浴びれそう…この裏手が水元公園です。
クリックすると元のサイズで表示します

 間近で見ると、迫力満点!
クリックすると元のサイズで表示します

 園内では、ピンクや青や紫と言った色彩のグラデーションが美しい紫陽花が咲き乱れていました。
クリックすると元のサイズで表示します

 何なんでしょうね…この美しさ、艶やかさは…
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 到着早々、水辺の草むらに腰を下ろして、おにぎりで腹ごしらえ。これまた久しぶりの権兵衛のおにぎりでしたが、野外で景色をノンビリ眺めながらのおにぎりは美味しさも格別でした。

 今回、特に調べずに来たのですが、この時期は例年園内の花菖蒲が咲く時期で、折しも「葛飾花菖蒲まつり」が開催されていました。

 6月1日(水)から始まったまつりですが、花菖蒲園の近くの広場ではステージが設けられ歌謡ショー等も行われているらしく、私達が訪れた時には、艶めかしいベリーダンスショーが行われていました。まつりは20日(月)まで。入園無料です。

 肝心の花菖蒲は、通りすがりの犬を連れた常連さんらしき男性が「もう終わりだなあ〜」と聞こえよがしに呟いていたのに同意せざるを得ないほど花の色も冴えず、既に花の盛りは過ぎているようでした。残念!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 水元大橋と呼ばれる、公園の池に渡した橋にしては立派な橋を渡ると、右手には小合溜と呼ばれる広大な池が見え、その先にはみさと公園と呼ばれるこんもりとした緑の森が美しい公園が見えました。池の向う側はもう埼玉県三郷市なんですね。
 
クリックすると元のサイズで表示します

 あいにくの曇り空で緑の美しさが今一つ写真では表現出来ていないのですが、私の目の前に広がっていた実際の風景のイメージは、アンリ・ルソーと同じく素朴派(アカデミックな美術教育を受けていないが故に、素朴で自由な画風の画家達)アンドレ・ボーシャンの≪アルクマールの運河≫(国立西洋美術館蔵)に近いものがありました。
クリックすると元のサイズで表示します

 暫く水辺のベンチに腰掛け、池の向うに広がる美しい風景をぼんやりと眺めました。その後はせせらぎ広場まで森の中を散策。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 途中にあるバードサンクチュアリーの茂みからは、姿は見えませんが、さまざまな鳥のさえずりが聞こえて来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

 メタセコイアの森
クリックすると元のサイズで表示します

 
クリックすると元のサイズで表示します

 森を抜けると一気に視界が開けて、大きな芝生の広場になっていました。その一角にせせらぎ広場があります。
クリックすると元のサイズで表示します

 6時までには地元に戻りたかったので、家路を急ぎます。歩いているのはポプラ並木。まつりの開催に合わせて、陶器市も開催中。
クリックすると元のサイズで表示します

 ポプラって間近に見ると、枝の生え方が独特…
クリックすると元のサイズで表示します

 水元公園は想像以上に広大で、さまざまな風景を楽しめました。この日は梅雨空で蒸す中でも、かなりの人出でした。祭りのイベントや露店を楽しむ家族連れ、犬の散歩やサイクリングを楽しむ人々、水辺をゆったり散策する人々、広場でバドミントンに興じる親子、めだか捕りや虫捕りに夢中になっている子供達など、それぞれが思い思いに楽しめるだけのキャパシティのある公園でした。

 園内には売店もあって、そこでは軽食やかき氷、アイスクリーム等が販売されており、値段も手頃でした。

 園内に幾つか点在するトイレがもう少し清潔なら言うことなし!世界に冠たる「トイレ先進国」日本と言えども(海外に行くと、日本のトイレの快適さが別格であることを実感します)、公園の公衆トイレの清潔度は何処も今ひとつ。特に今回のようなまつりの期間中は、利用者の数に清掃が追いつかないですね。

 ともあれ、ここは近隣の住民とっては素晴らしい憩の場なんでしょうね。身近にこんな場所がある住民の皆さんが羨ましい。
クリックすると元のサイズで表示します

 この日の総歩数はdoor to doorで10,380歩なり。

1



2016/6/14  10:31

投稿者:管理人はなこ

ごみつさん、こんにちは!

お近くなら是非、足を運んでみてください。 都内ながら、広大な水郷の散策が楽しめる場所です。池あり、小川あり、花あり、森あり、原っぱありで、多彩な面を持った公園です。

新築マンションの販促チラシでも、「立地が水元公園近く」を売りにしているほど(笑)。

水辺のベンチに腰掛け、向う岸の「みさと公園」の緑を眺めているだけで癒されます(笑)。

今年に入って、高田純次さんの「じゅん散歩」と言う番組でも紹介されて(一時期、録画で見ていました・笑)、素敵な場所だなあと思ったので、今回、訪ねてみました。想像以上に良かったです。

幼い日に寅さんが遊んだ場所ですか。寅さんもやっぱり時間を忘れて、めだか捕りや虫捕りをしたのかなあ…想像すると楽しい。

今回見た限りでは、仲間でワイワイやっている子もいれば、ひとりポツンと岸部に佇んでいる子(子供だってひとり物思いに耽りたい時はあるだろうし…)もいました。もちろん、どちらも思い思いの時間を過ごしている印象で、改めて公園って良いなあと思いましたよ。

以前も当ブログで触れましたが、「公園」と言う形態の発祥は、英国の産業革命がきっかけなんですよね。地方から仕事を求めて都会に出て来た多くの人々に、いかに安価な娯楽の機会を与えるか、当時の政府が腐心した結果、生まれたのがハイドパークのような都市型の公園。一部の特権階級が愛でた「庭園」とは、そもそもの成り立ちが違うんですよね。

2016/6/14  1:17

投稿者:ごみつ

こんばんは!

水元公園は私の新しい住所のわりと近くなんですよ!
「男はつらいよ」の寅さんが子供の頃遊んだ公園でもあるので、前から気になっていた場所でもありました。

行った事ないのですが、今回の記事を読ませていただくと凄くステキな公園ですね〜。
私も近いうちに足を運んでみようと思います。

あじさいの季節のうちに行けるかな〜〜。( ´艸`)


http://22596950.at.webry.info/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ