2016/6/7

「ますぞえる」または「ますぞえとちじる」  今日の言の葉

 政治資金の使途等を巡る批判の渦中にある舛添都知事が、今日、都議会に出席している様子を夕方のニュースで見た。

 当初の批判を受け付けない高飛車な態度から一転して、都議会の各会派の代表質問に対する答弁では、ひたすら平身低頭なそぶりを見せていた。

 しかし、殊勝なのは態度と言葉面なだけで、舛添氏の本質は何ら変わっていない。

 多くの人々が、彼の政治家としての倫理観や責任資質
を問うているのに、前日には元検事だと言う弁護士に「自身の一連の行為に違法性がないこと」を証明させ、批判の種となったホテル代の返金や別荘及び絵画等を処分さえすれば事足れりと思っている。

 意図してずれた反証をして、有権者の批判をはぐらかそうとしている。これは、自身の才に溺れて、有権者を小馬鹿にした態度に他ならないと思う。有権者は彼が思っているほど愚かではないよ。

 (図らずも「政治資金規正法」のザル法ぶりが露呈した形。おそらく、この法律を作った政治家も、自分達が政治資金をいかようにも使えるように敢えてザル法に仕上げたのだろう。

 今回の問題を受けて、有権者の側からすれば、法の不備を是正する共に、政治家の政治資金の使い方を厳正に監視する第三者機関の設置が必要だと思うのだが、政治家にとっては何のメリットもないから、彼らは何だかんだ理由をつけて玉虫色の決着を図ろうとするんだろうなあ…)


 今日は与党である自民党議員でさえ、彼の過去の著書での発言と現在の行動の言行不一致を指摘して、「あまりにもセコ過ギル」と断罪していた。さらに、舛添氏の答弁に納得が行かなかったらしく、後で再度質問に立ったようだ(とは言え、裏では舛添氏と自民党都連の間で「残留」の話がついているとの噂もある。都議会が「ガス抜き」の場として利用されているのであれば、これまた有権者を馬鹿にした話)
 
 「飛行機のファーストクラスになど乗るな」「運転手付きの公用車など要らない」

 少なくとも30代の頃の彼は政治家に清廉さを求めていた。しかし、都知事と言う強大な権力を得た今は金と権力に執着して、自身がかつて嫌悪した政治家に成り果てている(答弁で本人も後悔の色を滲ませていたが、過去に高邁な発言さえしなければ、ここまで批判されなかったのかもしれない。達者な口が仇となったのか?)

 自身の良心に恥じることはないのかな?
 権力は、かくも人を変えてしまうのか?
 或は、有権者に人を見る目がなかったのか?


 舛添問題のインパクトの大きさから、早晩、新語が出来そうだ。

 
 「ますぞえる」または「ますぞえとちじる」

 意味:言行不一致な行為をする。公私混同な行為をする。
    金に汚い様子。他人に厳しく、自分に甘い態度。

 用例:「ばれなければ何でもOK」とますぞえる。
    あの人、ますぞえているよね。
    ますぞえた都知事は、リコールによって、その職を解かれた。
1



2016/6/10  0:01

投稿者:管理人はなこ

さくらいさん、こんにちは。

舛添氏は都知事と言う"強大な権力を持った地位"に執着しているのでしょうね。東京都の年間予算は、インドネシアの国家予算に相当するそうです。一国の、しかもASEANの有力国にですよ。

何百人もいる国会議員より、都知事は政治家としての権力欲を満たす地位らしいです。一国一城の主?

不思議なのは、都知事選の立候補者にマトモな人がいないこと。よく言えば個性的な面々なのですが、首長としての能力には疑問符がつく方々ばかり。前回の都知事選でも、消去法で選んだら、国政経験、大臣経験のある舛添氏しかいなかった、と言うことでしょう?

 政治家に過度の清廉さを求めてはいけないと思うけれど、権力と金の亡者は要りません。

日本は特に政治の世界で、深刻な人材不足ですね。実質、官僚による傀儡政権。

思うに、リーダーシップ育成において日本の学校教育がダメダメなのは、戦後のGHQの占領政策で日本の衆愚政策を敷いた賜物なのではないかと。

太平洋戦争で日本と言う極東の島国の軍事大国化や覇権主義を警戒した米国が、二度と日本が米国に刃向うことのないよう、愚民化教育を戦後の自民党政権を通じて行って来たのではないかと。その片棒を担いだ筆頭が、現首相の祖父なのではありませんか?日米地位協定の密約の件で、その疑念がますます深まりました。

舛添氏はあくまでも都知事の「地位」に執着しているので、尖閣問題で真剣な働きをするとは思えません。個人的には、某国に対抗して尖閣諸島近海を埋め立て、そこに普天間基地を移設し、米海兵隊と自衛隊を駐屯させたら良いのにと思います(爆)。

2016/6/9  11:39

投稿者:さくらいえいじ

都民の1人として、舛添問題には大きな関心をもって、普段は見ない都議会の中継なんかも見ています。昨日今日あたりは、腹立たしさを通り越して、彼の何がなんでも知事の椅子にしがみつこうとする熱意に呆れながらも感心しています。彼を外務大臣にしたら、何がなんでも尖閣列島を死守してくれるのではないかと思いました(笑)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ