2016/6/6

梅雨入り前に、こたつ布団を自宅で洗ってみた♪  日々のよしなしごと

クリックすると元のサイズで表示します


 昨日、ついに関東も梅雨入りしましたが、梅雨入り前の先週、2日がかりで、こたつ布団を自宅で洗濯しました。

 通常はシーズンの終わりにドライ・クリーングに出すのですが、10年程前に6千円位で買ったこたつ布団のクリーニング代に、毎回数千円出すのもなんだか勿体ない気がして、今回は自宅でのクリーニングに初挑戦。

 あいにく10年も経つと、手入れ方法の記されたタグも擦り切れていて、水洗い不可かどうかも分かりませんでしたが、ネットで「こたつ布団の洗濯方法」を検索。

 ウン、見たところ、自宅にある洗剤で洗えるみたい。

 数か月前に、安価なレッキスファーのストールをやはり自宅で洗濯してみて、特に品質的に問題はなかったのに自信を得て、今回のこたつ布団の洗濯と相成りました。

 食べ物の食べこぼしによるシミが気になっていたので、普段愛用の液体洗剤と共に、多少の色落ちには目を瞑って色物もOKな漂白剤を使用。

 自宅の風呂の浴槽にこたつ布団がヒタヒタになる程度の量の40度のお湯を入れ、適量の洗剤を投入し、特に気になるシミの部分は手で揉み洗いしてから、適当に畳んで足踏み洗いしました。

 最初のお湯がみるみる茶色になったのは蓄積した汚れなのか、布団のプリント模様の色落ちなのか不明ですが、水が透明になるまで3回ほど水を溜めてはすすいだでしょうか?2回すすいだ後で、ふっくらに仕上げる為に柔軟剤も加えました。

 こうして十分に水を吸ったこたつ布団は、とても重くて、持ち上げられず。

 ネットの洗濯方法に従って、布団の縁が床に付かないよう折り畳んで、浴槽の縁に半日ほど掛けておきました。

 半日ほど置くと、水も滴り落ちないほど脱水できて、布団も軽くなりました。

 後は軽くなった布団をベランダで2日間干しました(我が家にはM字型に開く物干しスタンドがあり、それに広げて干しました)

 こたつ布団を洗濯したのは、2〜3日は絶対に雨が降らないことが前提。空気もカラッとして、布団はふっくらとした仕上がりで乾きました。

 これを丸めて、透明のゴミ袋に防虫剤と共に密閉しました。ここで心掛けたのは、袋の空気をできる限り抜いて真空に近い状態に。

 ハイ、次のシーズンにまたヨロシクね、と 
 
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ