2006/5/29

ダ・ヴィンチ・コード  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

土曜日に家族で見て来ました。
既にご覧になった方の感想をブログ等で拝見する限り、
原作を読まないことには理解し難いとあったので、
私は原作を読んでからと思っていたのですが…


やっぱりジェットコースターな展開で、肝心の?謎解きの
部分はあまり理解できなかった、というのが正直なところ。
それは夫も、息子(←の場合、当然か!『ナイロビの蜂』でさえ
理解できないとボヤいていたのだから)
も同じ。

謎解きモノなので、ひとつひとつのエピソードが
どう繋がって行くのかが重要ですが、
とにかく展開が早いので、ひとつひとつを自分の脳内で
反芻し、自分なりに咀嚼して結びつける余裕がない。
おそらく原作を読んだ方も、舞台となった場所を映像で
確認する面白さはあっても、
原作で味わったような、一歩一歩真実へと近付いて行く、
謎解きならではのワクワク感はなかったのでは
ないでしょうか?
まっ長編小説の映画化では仕方のないことなんですけどね。
細部を楽しむ、という小説の楽しさを映像で表現するのは、
娯楽映画の名手ロン・ハワード監督を以てしても至難の技で
あったことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

物語そのものについて少し感じたことを。
映画の最後に「すべてフィクションであり、実在の団体とは
一切関係ない」というような断り書きを添えるくらいなら、
実在する団体の名前を使うことはなかったのにと思う。
確かに思わせぶりで人騒がせな内容だけど、
これを真に受けて騒いだりしたら作者の術中に嵌ったも同然。
実際ハマッてしまった国、組織は数知れず。ボイコット運動
を起こすほどの内容でもなかったと思うのですが…
不信心者(一応学生時代に通算5年間教会に通い洗礼も受け
ました。今は離れていますが息子がミッション系の学校に
通うなど、細々とは繋がっています)
だから言えることなのか?
逆にマスコミ報道やブログを見る限り、意外にも個人は
(クリスチャンであるか否かには関係なく)
冷静に受け止めているように見受けられるのが面白い。

結局、内容は映画のクライマックスでトム・ハンクス演じる
ラングドンに語らせた言葉からも判るように、作者は物語に
あくまでも神の下(もと)の権威を振りかざす組織への
皮肉を込めたのであって、信仰そのものを否定しているわけ
ではないようです。
やはり神の国は自分の内に存在する、
ということでなのしょうか?
信仰とは神と個人との1対1の関係なのであると。

原作を読んだら、また改めて感想を書いてみたいと思います。

ところで最近気になる配給会社の宣伝戦略と作品自体との
ビミョーなズレ。この映画の宣伝コピーにも違和感が。

「ダ・ヴィンチは、その微笑みに何を仕組んだのか」って?
これにつられて見に行った純粋な映画ファン
(原作を未読という意味で)は、たぶん「?」だと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は”レオナルド・ダ・ヴィンチ”という名の薔薇です。
友人の家の庭で撮影。


また、昨晩TBSの世界遺産はダ・ヴィンチの作品を巡る
特別ヴァージョンとも言うべき内容でしたが、
最後のヴィンチ村の映像をバックにした解説で、
「両親の愛情に守られながら…」という下りに、
またまた疑問符が。私が本や資料を読んだ限りでは、
ダ・ヴィンチは父親の名前は明らかになってはいても、
私生児として生まれ(母親は中東から連れて来られた
下女という説も)、孤独な少年時代を過ごした、とあります。
確かにヴィンチ村が彼を育んだ側面は否めませんが、
けっして愛情に恵まれていたわけではなかった。
それが彼の人格形成に及ぼした影響は計り知れないはずで、
世界遺産の解説には「あれれ?」と思ったわけです。
それとも最新の学説に基づいたものなのかな?
【蛇足】イタリア語のdaは英語のfromに相当する前置詞で、
定冠詞ではありません。だからレオナルド・ダ・ヴィンチは
ヴィンチ(村)出身のレオナルド、ということになります。
「そんなの常識!」と言われたら、ハイそれまでよ




2006/6/6  10:00

投稿者:管理人はなこ

mamyさん、TBとコメントをありがとうございました。
>そこから生まれた多くの優れた絵画や音楽の前にあっては、私たちはただただ素直に喜び、謙虚な気持ちにさせられるのだと思うのです。
そうですね。まさしくそうなのだと思います。
うまく言えないのですが、こうして作品を通じて、
様々な人々と意見を交換できることも、嬉しいことです。

2006/6/5  22:22

投稿者:mamy

はなこさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

イエスが人間だったということ、マグダラのマリアと婚姻関係にあったことなどは、研究家にとっては史実なのでしょうが、それが個人の信仰を揺るがすのにどれくらいの障壁となるのかと、今も考えます。
はなこさんが言われたとおり、神と人との関係は、本来1対1の関係であり、そこから生まれた多くの優れた絵画や音楽の前にあっては、私たちはただただ素直に喜び、謙虚な気持ちにさせられるのだと思うのです。

http://blog.mamy.ciao.jp

2006/5/30  10:31

投稿者:追記(管理人はなこ)

2度目の大学時代に、仏教美術をかじりました。
併せて仏教についても少し調べたのですが、
仏教は土着のバラモン教の神をも取り入れる柔軟性を
持ち合わせていたのですね。唯一絶対神のみを信じる
ユダヤ教を源流とするキリスト教、イスラム教とは、
そこが違う。そして仏教のそういったところに魅力を感じます。
今、世界で起きている紛争の多くは、他者への不寛容から
来ています。異民族、他宗教、政治的主義主張の違い…
それらがなぜひたすら他者を排除する方向に向わせて
いまうのか?
「自分こそが絶対正しい」という奢り高ぶりが、
他者への冷酷な態度に繋がって行く。
互いの違いを認め合える世界は築けないものなのでしょうか?
神が人間を作られたのなら、なぜそのような愚かな存在に
作られたのか?私には神の計画が測り知れません。

2006/5/30  9:21

投稿者:管理人はなこ

とんちゃんさん、TBのエコー&コメントを
ありがとうございます。
本作に関しては、これから原作を読んで自分の理解の中で
欠落した部分を埋めて、初めて作品理解の完成なのかな〜
と思っています。今読んでいるところです。『ナイロビの蜂』も読みたいんですけどね。

はなこの名前の由来は大した意味はないです。
花は大好きですが詳しくはないです。詳しい友人がいて、
教えてもらいました。種を明かすと「な〜んだ」って
感じですね。(^_^;)アセアセ…ではまた〜♪

2006/5/30  9:00

投稿者:管理人はなこ

Hirokiさん初めまして。TBのエコー&
コメントをありがとうございます。
実はHirokiさんのブログをお訪ねして、コメントを
入力したのですがハネられてしまいました。残念(×_×;)
本作は宗教を生きる規範にしている世界の人々にとっては、
生き方そのものを否定されるような物語なんでしょうね。
神が人間との子供をもうけ、その血脈が続いていることが
そんなに重大事なのか?
肉的な交わりがいけないのか?
処女懐胎だったら良かったのか?
私は一人の人間を頂点とするヒエラルキーの存在が、
そもそも人間の権力欲を満たしたものに過ぎない、
神が本来望んだものではないのでは?と思います。
とは言え、そこから派生した芸術を愛している自分がいるのも
事実です。


2006/5/30  5:31

投稿者:とんちゃん

TB有難うございます♪
私も この映画、謎解きがあっけないのが 敗因かな?と 思います^^ 展開も早すぎ! 内容(原作は未読ですが)を詰め込みすぎて 結果 失敗(←決め付けちゃった・・笑)なのかなぁ〜〜と思います^^
興行成績だけを狙ったのなら 大当たり!でしょうけど^^
(*'▽'*)わぁ♪ 
>レオナルド・ダ・ヴィンチ”という名の薔薇
綺麗ですね〜〜〜 お花に詳しいんですね
お名前も そこから・・・?(*^^)v

http://yaplog.jp/tonton119/

2006/5/30  0:39

投稿者:Hiroki

はじめまして、TBありがとうございます。
原作読まないで見に行ったら、
結局何だったのかな??なんて変な感想を
抱いて帰ってきそうです(笑)
本を読んでるときは、キリストの後継者が
生きてるというすごい秘密に思えたのに、
映画を見たときはすごい血筋だとは思うけど、
そんなにすごいことなのかという気持ちでした。
キリスト教の下地があると、
海外で騒がれてるようにまた意味合いが
違うのでしょうね。

http://blog.greatblue.cc/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ