2006/5/26

薔薇の共演・競演・興宴  はなこ的考察―良いこと探し

美しいので、夢中でシャッターを切ってしまいました。
ひとつひとつ色合いも違うし、花弁の形状・数も違うし、
中には頭(こうべ)を垂れるものなどもあって
(その特徴から花のトンネルを作る際に用いられるそう)、
多彩で、豪華で、気品のある美しさは、
昔から人々を魅了して止まないのですね。
だから多くの人々によって改良がなされ、多くの品種が
開発され、それぞれに素敵な名前が付けられている。
まさに蘭と双璧を成す、花の女王ですね。
人間に喩えると、少し気位が高くて近寄りがたい女性かな。

もちろん、路地や野に咲く花にも心惹かれます。
花々がそれぞれの持ち味を発揮して咲き誇るのを見るのが
何より楽しいですね。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

左上から右下まで順に、
ミセス・J・レイン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、
ジェーン・オースチン、プリンセス・オブ・ウェールズ、
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ピエール・ド・ロンサール



2006/5/30  12:41

投稿者:管理人はなこ

よーこママン(いつの間にかフランス人?になられて)さん、
よーこそ。
友人は英国帰りなんですよ。だからすっかり英国かぶれ(笑)、
モトイ英国のガーデニングに魅せられ、庭を綺麗に
手入れしています。
植物を育てるのは子育てにも通じるのでしょうか。
忍耐強さと細かな心配りと愛情と…
友人は、「花屋でお金を出せば幾らでも綺麗なバラが
手に入るけど、私は育てるプロセスを楽しんでいるのよ」
と言います。素敵だなぁ、偉いなぁと思う。
よーこママンさんの褒め言葉を彼女に伝えておきますね。

2006/5/30  10:54

投稿者:よーこママン

わぁ、綺麗。
ジェーン・オースチンはイングリッシュローズの
名花ですよね〜

ピェール・ド・ロンサールは私も憧れたんだけど、
一期咲きなのでやめました。
やっぱり四季咲きがいいと思ったし。
レオナルドダヴィンチぐらい
鮮やかなローズ色はもう惚れ惚れします〜
葉っぱもつやつやしているし、
ご友人は薔薇咲かすために努力してらっしゃいますね〜
凄いです!!

http://diary.jp.aol.com/ksvpjdndw/

コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ