2015/8/16

実家はホテルか?!  日々のよしなしごと

 先週の土曜日に夏休みで研修先から戻って来た息子は、今日の午後には慌しく再び研修先へと戻って行った。

 日数にして9日間いたわけだが、家族水入らずで過ごしたのは最初の2日間だけで、残りの7日間、息子は朝から殆ど出ずっぱりで、自宅には寝る為だけに戻る、と言う日が続いた。

 夫は会社の同僚から、社会人になった子どもはそんなものだよと聞かされていて、息子の放蕩ぶり?を結構冷めた目で見ていた。

 私も、一足先に社会人となった息子の友人も昨年はそんな感じであったと、その母親(=私の友人)から聞いていたので一応覚悟はしていたものの、連日連夜、自宅で夕食を共にすることも殆どないのには、正直がっかりした。

 とは言え、仮に久しぶりに地元に戻って来たのに、友人からの誘いが一切なく、ずっと自宅に引き篭ったままだとしたら、それはそれで心配である。否、寧ろ、その方がずっと心配である。

 今回、息子に聞いた限りでは、大学の学部時代の部活の先輩と同期、同じ研究室仲間、大学院の研究室仲間、高校時代の友人達と、日替わりで飲み会、カラオケ、バーベキュー、ボードゲーム大会などをして、息子は楽しい時間を過ごしたようだ。よほど楽しかったのか、「あ〜、時間が過ぎるのは早いなあ。もう月曜から、また仕事かあ」と、しきりにぼやいていた。

 息子の話で最も印象的だったのは大学院時代の友人の話で、「会社の同僚の話題がギャンブルと女性の話だけなのには閉口。話題が多岐に渡っていた院生時代が懐かしい」と嘆いていたそうだ。「就職して、世間なんて実はこんなものなのかなとも思ったよ。寧ろウチの研究室が特殊だったのかもね」とも語っていたらしい。また、殆どの友人が現時点では研修中で、配属先が正式に決まるまでは不安だけど、ここは我慢のしどころだねと、互いに励ましあったらしい。

 今日は最終日で、最終日ぐらい自宅でゆっくりすれば良いものを、朝からサッカーの試合を見に行くと言う。さすがに呆れて、「今日ぐらいは家にいたら?」と私は言ったのだが、息子は「約束だから」と、出かけて行った。

 そして結局、ギリギリの時間に家に戻って来て、荷物だけ取りに戻った形で30分といずに、研修先へと出発してしまった。

 夫は息子のあまりのつれなさに少し憤慨して、玄関先で見送りさえしやしない。仕方なく私だけが(息子も気に入っているぬいぐるみを3体抱きかかえて)玄関先で見送った。

 結構、楽しみにしていた息子の帰省だったが、覚悟していた以上に親離れした息子の振る舞いに、一抹の寂しさを禁じえない、ちょっとほろ苦いものとなった。



2015/8/17  23:30

投稿者:管理人はなこ

Sakuraiさん、こんばんは。

自分が子離れしていないのは十分自覚しています(笑)。息子に彼女が出来ようものなら、どん底に突き落とされると思います(笑・笑)。私自身は親離れが早かったのは棚に上げて。

確かにお盆休暇は、なかなか会えなくなってしまった友人達と(特に地方の工場や研究所勤務が多い理系はなおさら)旧交を温める貴重な機会ですものね。寸暇を惜しんで会うのは当然でしょう。

「世間はこんなもの」発言は、息子の友人です。特に理系の単科大なので、研究と実験一筋の純粋培養に近いものがあって、世間に疎いところがあるのかもしれません。これから世間で揉まれて、一端の社会人になって行くのでしょう。

息子には兄弟もいないので、なおのこと友人関係は大事なんだろうなと思います。しかも将来、仮に一人っ子同士の結婚だと、甥っ子、姪っ子のいない、息子夫婦の子どもには従兄弟のいない状況になるんですよね。世間的にも、今後はそういうケースが増えて行くのでしょう。

2015/8/17  23:10

投稿者:管理人はなこ

ヌマンタさん、こんばんは。

息子も大学に入ってからは、普段も帰りは遅いし、長期休暇中も殆ど部活やバイトや実験で家にいなかったので、いないのには慣れてはいるのですが、なんせ巣立ってから初めての長期の帰省なので、再会を楽しみにしていたんですよねえ…。

まあ、もういい大人なので、親の知らない息子独自の世界、交友関係なんて幾らでもあるし、仕方ないことなんでしょうね。それが自立すると言うことなんでしょう。

銀行扱いされていないだけ、まだマシかなと…(笑)。

2015/8/17  22:15

投稿者:Sakuraieiji

正直言って、失礼ですが(笑)はなこさんの方がまだまだ子離れ出来ていないような気がします。息子さんとしては久しぶりの帰宅とは言え、親にはいつでも会えるけれど、殆どが就職して四散してしまった友人にはなかなか会えないから、この休みに旧交を温めようとするのは尤もだと思います。
それに、「就職して、世間なんて実はこんなものなのかなとも思ったよ。寧ろウチの研究室が特殊だったのかもね。」と悟ったのも成長の証しと思います。(ちょっと上から目線が気になりますが。)

弟4人、時には4世代同居で育って来た私としては、家族が常に一心同体よりも、適当につかず離れずの方が長持ちすると思っています。


http://ameblo.jp/sir-cry/

2015/8/17  11:17

投稿者:ヌマンタ

ホテル兼銀行ってところでしょか。私の場合、学生の頃から夏休みは、ほとんど家にいませんでした。山に登っているか、泊まり込みのバイトに行っているか、あるいは遊び歩いているか。帰宅するのは、寝るためと着替えるため。親と話すのは、臨時の出費の援助ぐらい。
申し訳ないけど、若い男なんて、そんなもんですよ。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ