2006/5/21

『ポセイドン』 試写会報告  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

試写会に招かれておきながら言うのも何ですが、
試写会の意義とは何なのでしょう?
いつの頃から一般向け試写会が、これほどまでに盛況と
なったのでしょう?今や、一般公開に先駆け試写会を
実施するのは常識となっています。
映画愛好者の口コミ効果は、絶大な宣伝効果をもたらす
のかもしれませんが、同時に諸刃の剣でもあります。
もし、試写会での評判が芳しくなかったらどうするのか?
不評は好評と同じく、いえ、それ以上の早さで伝播する
可能性が否定できません。

作品によっては試写会に向かないものもあるのでは
ないでしょうか?例えば謎解きミステリーものなど。
公開前に試写会で散々露出して、公開時には既に飽きられて
いる作品も中にはあるのではないかと推察します。
今後は試写会流行を逆手に取って、あえて試写会をせずに、
映画ファンの飢餓感を煽る作品も出てくるかもしれません。
配給会社の宣伝戦略としては十分あり得る選択肢のひとつ
でしょう。



とまあ、長々と試写会についての雑感を述べたのは、
今回の試写会の宣伝効果について、
老婆心ながら疑問を持ったからでアリマス。

ハリウッドの”ネタ切れ”は、昨今の古い作品や海外作品の
リメイク流行りが証明するところですが、
今回の『ポセイドン』もまたパニック映画の金字塔と言われる
『ポセイドン・アドベンチャー』(1972)の
リメイクであります。このオリジナルの『ポセイドン・ア〜』
は70年代最初のオールスターキャストのパニック映画。
私はこれまでに何度となくこの作品を目にして来ました。
ジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、
シェリー・ウィンターズ等の顔が懐かしく思い出されます。
劇中歌の「モーニング・アフター」も、ポセイドン号の
その後を暗示するかの如く哀愁を帯びたバラードで、
今も耳に残っています。
この作品は、その年のアカデミー特殊視覚効果賞を受賞。

そしてこの作品のヒットを受けて、2年後には同じく
オールスターキャストで『タワーリング・インフェルノ』が
制作されました。その舞台は豪華客船から高層ビルへ。
スティーブ・マックイーン、ポール・ニューマン等、
豪華スターの共演が話題となりました。
アカデミー賞を総なめにした大ヒット作『タイタニック』も
『ポセイドン・ア〜』を参考にしたと言われ、後発の
パニック映画に及ぼした影響は測り知れません。

そういう偉大な作品のリメイクです。
ただいたずらに巨大客船の転覆シーンを最新のSFX技術で
リアルに表現するだけでは、所詮オリジナルを超えることは
できないのです。
今回の『ポセイドン』はオリジナルの117分に対し96分
でした。息もつかせぬスピーディな展開。
確かにオリジナルに比べればセットも視覚効果も素晴らしい。
かくして観客は片時もスクリーンから目が離せず、
足下に迫り来る海水に恐怖しながら、
劇中の人物達の脱出劇に没入するのです。

しかし、そういった見栄えとは裏腹に、今回は人間ドラマの
部分が今ひとつなのは否めない。紋切り型の人物造型も
さることながら、各人物の生きるか死ぬかの瀬戸際で、
米国社会の底流にある冷徹な価値観のようなものが
垣間見えたようでした。その無神経さに、見終わった後
砂を噛むような後味の悪さが残りました。
昔ならいざ知らず…、34年経った今も、この程度なのかと。
弱肉強食と善人薄命。白人優位と人種・民族差別。
最後に助かった人々の顔ぶれを見て下さい。一目瞭然です。
そのせいか、登場人物の誰にも感情移入できず、残念ながら
何の感動も感慨もなかったのです。この作品が長く自分の
記憶に留まることはないだろうと思う。

これからご覧になる方は、こと臨場感と迫力に関して言えば、
十分楽しめるのではないでしょうか?



2006/6/27  8:23

投稿者:管理人はなこ

KGRさま、コメントをありがとうございました。
亀レスになって申し訳ないです。
>所詮オリジナルが時代に与えたインパクトには勝てないのだから…
という指摘、同感です。
それにしても、脱出劇の後には、
”感動”より”後味の悪さ”が残りました。
作りとしては、技術に溺れている感がなきにしもあらず。
これがあの『ポセイドン・アドベンチャー』の
”リメイク”でなければ、数あるパニック映画のひとつとして
単純に楽しめたのかもしれません。

2006/6/1  8:22

投稿者:KGR

TBありがとうございます。
私も人間ドラマが省略されていると思いました。
所詮オリジナルが時代に与えたインパクトには勝てないのだから、ここは思い切ってきれい事ではない人間のエゴ、生死を賭けた脱出劇に絞って、、、
と思ったかどうか知りませんが、アメリカでは見事にはずしました。

http://blog.goo.ne.jp/thiroi/c/0b44c54d7f049b69b4b431f3ddd29c02


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ