2015/4/7

とうとう息子も社会人  家族のことつれづれ

 息子が就職先の企業の地方にある事業所で行われた入社式と研修から戻って来た。

 この後、2日間の休暇を挟んで、1か月半程都内の関連事業所での研修があり、その後は再び長期研修で地方に行ってしまう。その時がいよいよ息子の我が家からの巣立ちの時となる。

 入社式の行われた4月1日は息子の24歳の誕生日でもあった。

 今回、息子と共に入社式に臨んだ新入社員は中途採用者も含め数百人に及んだらしい。内、大卒・院卒は400人弱と聞いている。息子曰く「結構あっけなかった」入社式は30分ほどで終わったらしいが、息子は10数列ある中の、なんと最前列で入社式に臨んだそうだ(入社式にしても研修にしても予め席は指定されていたらしい)。間近にマスメディアの写真や映像でしか見たことのない社長をはじめとした来賓の面々を目にして、内心ドキドキだったらしい。一生に一度あるかないかの機会で、こういう経験は貴重だね。エイプリルフール・ボーイはラッキーボーイか(笑)。

 約1週間の研修中、滞在先のホテルでは、東大院で専攻を首席卒業したと言う秀才君と同室だったそうだ。やはりいかにも賢そうな人だったらしく、息子は終始その存在感に圧倒されながらも、博士課程に進学してもおかしくない、こんな学業エリートがどうして学歴や学閥などあまり重視しない気風の会社になんか入ったんだろうと不思議に思ったらしい。おそらく、我々凡人には思いもつかない深慮遠謀があっての入社なのだろう。側で話を聞いていた夫も「(我が息子の社長への道のりにおいて大きな壁となりそうで)まったくもって迷惑な話だな」とぼやいた(←もちろん、冗談です・笑)

 息子が秀才君との会話の中で漏れ聞いたところでは、秀才君の家は親兄弟共に秀才揃いの高学歴一家らしい。

 どうも自分の知っている(例えば美術館ボランティアスタッフは良家の夫人が多い)高学歴家庭も、東大京大レベルとなると、親や祖父、さらにその上の代を遡って東大卒、京大卒と言う家庭が多い。既に何代にも渡って連綿と高い教育レベルが続いている家系が多いのだ。おそらく、件の秀才君もそういった家系の出身者なのだろう。親の代から漸く大卒レベルの我が家のような家庭では到底太刀打ちできない教育レベルだ。

 まあ、そういう人々と出会うチャンスを持てたのも、私も息子も努力して自分の世界を広げたからと言えるのかもしれない。彼らとの圧倒的な差は自分の代ではどうにも縮めようがないけれど、少なくとも「教育」が、ひとりの人間の人生の可能性を大きく広げることは確実なようだ。だから、「教育」は重要なのだ。

 しかし、「教育」の重要性は言わずもがなの事実でありながら、これに気付いていない、或いは、気付いていながら敢えて向き合わない親も少なくないのが現実だ(特に私の兄弟)

 何も全員が東大京大を目指せとは言わないが、今のような変化の著しい時代には、子どもの人生における可能性を広げるだけでなく、時代の変化に柔軟に対応する力を養う為にも、高校止まりの教育では不十分である。せめて専門学校で技能を磨いたり、大学で専門性や教養を深めたり、学業以外での様々な体験を通して見聞を広めることが必須だと思う。我が子に対して、その為の支援を惜しまないのが、親としての務めではないだろうか?(親として経済的支援が無理な場合も、端から進学を諦めさせるのではなく、各種奨学金制度、学資ローン等、進学の為の方策を子どもと一緒に立てることはできるはずだ)

 もちろん、最後は、子ども自身の"自ら伸びようとする向上心"常に学び続けることを怠らない強い意志が鍵だけれども。 

クリックすると元のサイズで表示します



2015/4/16  9:08

投稿者:管理人はなこ

Sakuraiさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

息子はまだ学生気分が抜けきっていないように私には見えて、研修先にご迷惑をおかけしていないか心配です。まあ、親が心配しても仕方ないのですが、本人にはもっと社会人としての自覚を持って欲しいところ…

>『学歴や学閥などあまり重視しない気風の会社…

それでも「創業理念から離れて、現在は大企業病に苦しんでいる」なんてマスコミに書かれているので、息子が入社前に抱いていたイメージと現実は違うんだろうなと思います。それでもめげずに頑張って欲しいですね。

>…これから早朝登校や夜遅くなっての帰宅が増えるのではないかと懸念しています。

そういう身近な大人の子どもを大切に思う気持ちが、子どもを守るんだろうなと思います。ご両親や祖父であるSakuraiさんが愛情を持って見守っておられる限り、お孫さん達は大丈夫だと思います。

最近の子どもを取り巻く問題の中でも特に懸念されるのは、親が仕事や生活に追われて、子どもに十分目をかけてあげられないことですよね。安倍政権はしきりに「女性の社会進出」を謳うけれど、その割には、母親の社会進出に伴い母親と切り離される子どもへのケアや、子育てしながら無理なく働ける職場環境作りへのサポートが遅れていると思います。結局、犠牲になるのは子ども達。

2015/4/13  18:17

投稿者:Sakuraieiji

ご子息の就職お目出とうございます。早く環境に適応されると良いですね。
『学歴や学閥などあまり重視しない気風の会社になんか入ったんだろうと不思議に思ったらしい。』・・・・私は「むしろ良くぞ選んだ』と思います。当節、学歴や学閥が巾を利かすような会社ではむしろ先行きが不安ではないかと思います。

孫2人の入学式も終わって通学を始めて、漸く我が家も落ち着きました。
ただ、どちらも正規の部活(バスケ)はまだなので、これから早朝登校や夜遅くなっての帰宅が増えるのではないかと懸念しています。

2015/4/8  23:16

投稿者:管理人はなこ

ごみつさん、こんばんは。

6年ですか…もうそんなになりますかね?時が経つのは早いですね。しかも近年は加速度的に1年が過ぎて行くような…

今日、改めてカレンダーで数えたら、息子が家を出るまで後50日でした。順調に巣立ってくれるのは本当は喜ばしいことなんだろうけれど、やっぱり寂しいです。比較的無口な夫に比べ、息子はよくしゃべる子なので。話も面白いし。

沖縄は同じ日本とは思えないくらい常夏リゾートでした。良い息抜きになりました。しかしまあ…今日の関東は冬に逆戻りしたのかと思うほど寒いですね。外出時はニット帽被ってマフラー巻いちゃった。

そう言えば、ごみつさん、ジム通いを再開されたんですね。足の具合はいかがですか?お互い、体調管理が難しい年代になって来ましたね。私もNHKテレビの体操を真面目にやっています。意識的に日頃使わない筋肉を動かすことは大事ですね。身体は動かさないと、本当になまってしまいます。

2015/4/8  1:45

投稿者:ごみつ

こんばんは!

息子さんもとうとう社会人なんですね!
ご卒業、ご就職おめでとうございます!
はなこさんもご主人もホッとされている事と思います。

思い起こすと、はなこさんとブログでやりとりさせていただく様になったのが2008年なんですよね。
確か、その頃大学入学くらいだった気が・・。ちょうど6年前。

何だか私も他人ごとながら、しみじみとした気持ちになりました。
私もとっても嬉しいです。

ほっとした後での、沖縄旅行楽しまれた事と思います。
記事、すごい面白かったです。楽しまれてる雰囲気が伝わってきました。
私もいますぐ沖縄に行きたくなっちゃいました〜。(笑)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ