2015/3/7

『妻への家路』(原題:歸来/COMING HOME、中国、2014)  映画(今年公開の映画を中心に)

クリックすると元のサイズで表示します


 人ひとりの人生なんて、国家によっていかようにも翻弄される。しかも残酷な形で。

 日本人として日本に住んでいると、良くも悪くも国の体制がユルイせいか、国民の平穏な生活を容赦なく奪う国家の横暴をあまり意識せずに生きていけるが、世界を見渡すと、日本のような国は存外少ないのかもしれない。

 本作は、1966年から77年まで続いた文化大革命* 時の中国の、ある家族の姿を描いている。かつて夫(チェン・ダオミン)は仏語も解する知識階級(教授)だったが、それ故に、衆愚政治を行いたい独裁体制にとっては邪魔な存在だったのだろう。彼は思想犯として遠い農村部に強制労働に駆り出され、一度逃亡を試みて妻(コン・リー)と娘(チャン・ホエウェン)の元へと戻って来るのだが、寸でのところで追っ手に捕まり、連れ戻されてしまう。

 *一言で言うなら、一度失脚した毛沢東が、政権への返り咲きを狙って仕掛けた権力闘争。一説には1千万人と言われる数の知識階級、旧貴族階級の人々が、「政治・社会・思想・文化の改革」の大義名分の下、粛清されたらしい。さらに少なくとも1億人の人々が、その人生に甚大な影響を受けたと言われている。

 文化大革命は毛沢東の死と四人組の失脚により終わりを告げるが、その後、最初の逮捕から20年の時を経て、名誉回復を果たして帰郷した夫を待ち受けていたのは、あまりにも切ない現実だった。妻は長きに渡る心労が祟って、重度の記憶障害を患っていたのだ。しかも、彼女の記憶からぽっかりと抜け落ちたのは、誰よりも再会を待ちわびていたはずの"夫"である。夫が不在の間、彼女の身に何が起きたのだろう?度々彼女の口から名前が出て来るものの、一向に姿を見せない謎の人物の存在が気になる。

 すぐ目の前にいるのに、目の前にいる人物が夫と認識できない妻。夫は必死に妻の記憶の回復を画策するが、何れもうまく行かない。失われた夫婦としての時間の長さに、改めて愕然とする夫…果たして、失われた妻の記憶は、夫婦の絆は戻るのか?"親切な隣人"として妻に寄り添いながら、夫の試行錯誤は続く…

クリックすると元のサイズで表示します 一方、3歳で父親と生き別れた娘も、結果的に文化大革命でその夢を絶たれ、当初、行き場のない怒りを父に向けていたものの、帰還後の父の誠実な姿に次第に頑なだった心もほぐれて行く…

 本作で描かれた家族は誰ひとりとして悪くない。何も悪いことをしていない。悪いのは無辜の市民を巻き込んだ「文化大革命」と言う中共トップの権力闘争である。


 本作は丁寧な心理描写で、歴史の荒波に翻弄される人々の過酷な運命を浮き彫りにする。冒頭の、アパートのドア越しに立つ"逃亡犯"の夫を迎え入れるか否かで心揺れる妻(コン・リー)の表情を捕らえたシーンは秀逸だった。ここで一瞬にして、作品の世界にぐっと引き込まれたように思う。

 やはり期待を裏切らない見応えのある作品だった。チャン・イーモウ×コン・リーは、私の知る限り、現代中国映画界で、他の追随を許さない最高の組み合わせだろう。


 チャン・イーモウ監督は、テレビ・インタビューで、自身が多感な10代後半から20代前半にかけて目の当たりにした文化大革命を、今、どうしても描きたかったと述べていた。かつてないほどの経済的繁栄を謳歌している現代の若者に、つい数十年前に同じ国の人々の身に起きた出来事を知って貰いたかったと言う。また、「特異な時代だからこそ、映画人としてはそこにドラマ性を感じるし、映画の素材として食指が動く」とも語っていた。

 さしずめ、前者は「時代の証言者としての視点」、後者は「映画人としての視点」と言えるだろうか。その複眼的な捉え方は、映画のテーマ性を重視して作品規模の大小は問わない、職人気質なチャン・イーモウ監督ならではのものだと思う。

 一方で、監督が文化大革命を描きながら、その成否について何ら言及していない点が(映画人は映画で自身の考えを表明すべきだから当然と言えば当然だが、本作では特異な時代の様相を描くことより、時代に翻弄された夫婦、家族の姿を描くことに重きを置いているように見えた)、「アメリカン・スナイパー」で大義名分も曖昧なイラク戦争に巻き込まれる米国市民を描いて、明確に反戦<戦争はそれに直接間接に関わった人々の心に暗い影を落とす。特にその人が良き市民であればあるほど>のメッセージを込めたクリント・イーストウッド監督との違いを際立たせて、興味深かった。


 そして見終わって、改めて国の在り方について考えさせられた。現在の日本もけっして完璧とは言えないが、少なくとも国の体制によって、家族が否応なく引き裂かれることはない。国家権力の下、個人の権利が蔑ろにされ、理不尽に自由が奪われることもない。政権の意向を汲んだ偏向教育によって、個人の性格や思想が歪められることもない。日本が今後、間違っても、そのような体制にならないことを祈るばかりだ。

 戦後70年の節目に、この映画を見ることの意味を噛みしめる。


クリックすると元のサイズで表示します


『妻への家路』公式サイト

【蛇足】

 本編に入る前の製作会社の凝ったCG映像を見ると、本当に中国は経済的に豊かになったのだなあと実感する。エンドロールも中国語と英語が併記されていて、国際舞台で堂々と勝負する中国映画界の力強さを感じる。その点、日本映画界には、今やアジアでは中国どころか韓国にも大分置いていかれているような寂しさがある。まあ、チャン・イーモウは中国でも別格なんだろうけれど。




2015/3/18  16:37

投稿者:管理人はなこ

>北京オリンピックのセレモニーのプロデュースを任されたように彼はどちらかというと体制派の人間で、表だって政治批判の出来る立場ではないのだろう…

私が引っ掛かるのも、まさしくそこのところなんですが、幼い頃から共産主義体制の下で育った人の中でも、何の迫害も受けずに順調に育った人には、そもそも"体制批判と言う観念”自体が存在しないとは考えられませんか?だから彼は「文革」について、批判も評価もしない。中国史と言う悠久な時間の流れにおいて"そういうこと"もあった、と言う感覚なのかなと私は思ったのですが…人って、自分が生きている中で、自分自身の身に不条理なことが起きない限り、或いは、他人の身に起きた不条理な出来事を目撃したとしても、それに疑問を持たない限り、体制に対して抗うことなどないのではないかと思います。

ところで、宇田川幸洋と言うアジア映画評を得意とする批評家の本作についての評を読んだのですが、そこで私の知識不足を補う解説がありました。Sakuraiさんは既にご存知かもしれませんが…

中国には「文革」に先だって「反右派闘争」と言う時代があり、これは、当初、言論の自由を認めた形で始まった中共体制が、知識階級による体制批判の高まりに危機感を覚えて、思想統制へと方向転換した時代を指すようです。この時代、体制批判した知識階級は「右派分子」として捕らえられ、否応なく農村部へ強制労働に駆り出されたらしい。本作の夫も「右派分子」として捕らえられ、「文革」(11年間)の時代を経て、20年ぶりに帰郷した、と言う設定のようです。

そう言えば、宇田川氏の映画評でも、「かくも長き不在」との類似性について触れていましたよ。さすが、Sakuraiさんです!

2015/3/16  21:46

投稿者:Sakuraieiji

昨日見て来ました。今回は珍しく家内も見たがっていたので一緒に行きました。アリダ・ヴァリの<かくも長き不在>の記憶喪失症の男女を入れ替えたような設定でしたが、ラストが切ないですね。

張芸謀監督は時代そのものを描くよりもその時代に翻弄された家族を描きたかったのだろうと仰いましたが、北京オリンピックのセレモニーのプロデュースを任されたように彼はどちらかというと体制派の人間で、表だって政治批判の出来る立場ではないのだろうと思いました。

2015/3/8  10:57

投稿者:管理人はなこ

ごみつさん、こんにちは!

この作品、地味な小品で、殆ど妻と夫と娘の三人舞台なのですが、三人の演技力が素晴らしく、見応えありますよ!

ごみつさんのブログを拝見したら、中国ドラマだけでなく韓国ドラマの追っかけもしているのではないかと思うほど、沢山ご覧になっているのが分かります(笑)。そのごみつさんだからこそ、中国の経済発展に伴うドラマの変化に気付かれたんでしょう。今回の映画製作会社なんて、社名が「Le Vision Pictures Co.Ltd」ですよ。中国では有名な映画会社らしいです。

今年の頭に見た「薄氷の殺人」と言う現代の重慶?を舞台にした映画も、中国映画だと言わなければ気付かないほど、米国のサスペンス・ドラマのような仕立てで、寧ろ中国色がなさ過ぎて違和感を覚えたほど。これには欧米の人もびっくりしたんじゃないかな?第64回ベルリン国際映画祭で、金熊賞と銀熊賞を受賞しています。個人的には、この歴史ある賞に値するほどの出来とは思えないのですが、たぶん、欧米の人は中国映画の変化にびっくりしたんだと思う。

そう言えば、最近アメリカ人と話す機会があったのですが、米国では今、映画界よりもドラマ界の方が大いに盛り上がっていて、面白い作品が目白押しなので、有名映画俳優がこぞってドラマに出たがるような、かつてなら考えられなかったような状況なんだそうです。我が家は海外ドラマをよく見るのですが、確かにかつては"都落ち"とも捉えられたテレビへの進出に、映画俳優は積極的なような気がします。時代は変わりましたね。真田広之も最近テレビドラマで、ほぼ出ずっぱりの主役級の役を得て、頑張っているのが嬉しい。

日本は、元々映画とテレビで役者の顔ぶれは同じだし、プロダクションの力で役も決まってしまうから特定のプロダクションのタレントが起用されがちだし、一度人気が出た俳優は賞味期限が切れるまで使い回し、世界基準で見れば異常かもしれません。映画もドラマも素材はマンガが多くて、シナリオライターのオリジナルが圧倒的に少ない。今はストーリーテラーの才能がマンガ界に集まっていると言うことなのでしょうか?

2015/3/8  2:01

投稿者:ごみつ

こんばんは!

私もこれ絶対に見たいです!
はなこさんの記事でますます観たくなりました〜。

私、中国ドラマけっこう見てるので(笑)気がつきましたが、中国の作品は本当に垢ぬけてきましたよ。
ドラマは多少、雑なところがあるけど、作品づくりがスマートになってきてるし、役者さんも見直的な方たくさんいます。

チャン・イーモウ監督くらいになるとまた別格なのでしょうが、ホント、日本映画はこのままではまずいな・・って最近つくづく思います。

素晴らしいご紹介記事有難うございます。(^^♪

2015/3/8  0:30

投稿者:管理人はなこ

「妻への家路」はカテゴリーとしては恋愛映画でしょうか。文化大革命に翻弄された夫婦の愛を描いた作品。小品ですが、繊細な心理描写で心を揺さぶられました。夫役の俳優も娘役の若手女優もとても良かったですよ。市井の人々の当時の質素な暮らしぶりも印象的でした。

教育の問題なのか、島国と言う環境の問題なのか、日本人は大局的に物事を捉えるのが苦手なような気がします。逆に自分の身近なことへの目配りは細やか。文学も著名なものは「私小説」が多いですよね?私が無知なだけかもしれませんが。最初の大学時代、海外で学位を取った恩師に「小説を読むなら海外の物を読め。日本は「私小説」ばっかりで、物語のスケールが小さすぎる」と口酸っぱく言われたのを思い出します。

まあ、日本映画に多い「私小説」的な味わいや、まったり感は日本映画の独自性、個性とも言えるのかもしれませんが、仰る通り小粒感は否めません。幸か不幸か(今となっては縮小傾向の著しい)マーケット自体大きくて、国内でヒットすれば事足りたのも、日本映画がいつまでも世界市場に目を向けなかった原因でしょう。

韓国は工業生産品にしてもそうですが、国内市場が小さい為に、最初から海外市場に目を向けなければならなかった事情もあり、早くから海外市場を意識した映画作りを始めたようです。映画専門大学も日本に先駆けて設立しています。ハリウッド映画の研究も熱心。韓国のアクション映画は、よく練られた脚本、スピード感溢れる演出等、日本の同ジャンルを陵駕しています。容赦ない暴力描写は、基本的に温和な日本人には到底真似できないレベル。

中国映画は、国の経済発展と共に作風が洗練されて来ましたね。13億人の中から出て来る才能です。数でも質でも日本を圧倒するでしょう。

日本映画も、専門大学がやっと出来て、これから二国に少しは追いつけるのでしょうか?旧態依然とした徒弟制度もなくさないと、優秀な若い人が映画界に入って来ないかもしれませんね。プロダクションの力で役が決まる業界の慣習も改めないと、世界に通用するような才能は出て来ないかもしれません。今週公開の宮部みゆき原作映画は、過去に例のない大規模なオーディションで生徒役全員を選んだと言うので、少し期待しています。

2015/3/7  22:02

投稿者:Sakuraieiji

私もこの映画は絶対に見るつもりでいます。
良い映画だから輸入されるのでしょうし、邦画は余り見ないので大きなことは言えませんが、仰る通り、日本の映画界は小粒で世界にはばたくという意欲に欠けているように思います。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ