2015/1/23

イスラム国に拘束された後藤氏の母親の会見  気になったニュース

 イスラム国によって湯川氏と共に拘束されたとされるジャーナリストの後藤氏。3日前にその映像がネットで公開され、その中でイスラム国は常識外れに高額な身代金を要求した。人質処刑のタイムリミットが迫る中、後藤氏のお母さんが、今、外国人特派員協会で記者会見を開いている。

 しかし、聞いていて、少し違和感が拭えない。論点がずれているような気がする。なぜ、ここで原子爆弾や原子力云々の話が出るのだろうか?まず、訴えるべきは、彼の1日も早い解放ではないのか?「神が造られたこの地球を原子力で破壊云々」は不要だと思う。逐次通訳者も、そこはプロだから無難にこなしてはいたけれど、論旨を整理して通訳するのは大変だったと思う。

 苗字が違うので、夫婦の離婚等で息子である後藤氏とは大分前に離別し、現在は疎遠なのだろうか?後藤氏の妻とも今回の件で初めて会話を交わしたと言うし、彼女の話を聞く限り、後藤氏の近況も正確に把握していないように思われる。

 息子の死の危険に頭が混乱し、しかも一般人で、大勢の人前で論理立てて話すことに慣れていないせいなのかもしれないが、せめて会見の前に準備した原稿を信頼できる誰かに読んで貰い、アドバイスして貰えなかったのだろうか?

 おそらく、海外で一斉に報道される段階では、編集された映像で、後藤氏救出を訴えた発言のみが切り取られた形で伝えられるとは思うが、会見を生放送で見た限りでは、彼女の切実な思いが、私には今ひとつ伝わって来なかった。

 NHKの情報番組「あさイチ」を見ている途中に、突然割り込みで入った生中継だったせいか、こちらも見る体勢が整っておらず、しかも突然中継映像はブチッと切られ、アナウンサーと解説委員と思しき2人が画面に登場して勝手に会見のまとめをして終了だったので、視聴者である私は、めまぐるしい展開とあっけない幕引きに否応なく振り回されたような、胸にモヤモヤとした違和感だけが残っている。

 何なんだ?このドタバタ…それだけ緊迫した状況と言うことなのかもしれないが…


 …なるほど、やはり支離滅裂な会見内容に、慌ててNHKは途中で中継を打ち切ったようだ。このお母さん、息子の命より、自分の信じるイデオロギーが大切らしい。何のための会見だったのか?子を想う母親としての情が感じられなかったのが、同じ母親として残念だし、悲しい。こんな会見で、世論が人質救出の方向でまとまるとは到底思えない。こんな会見なら、やるべきではなかったと思う。

==========================

 先日、安倍首相の中東歴訪に関して危惧したことが、多少違う形ではあるが、現実のものとなって、私も複雑な心境である。拘束の事実は、首相歴訪から1〜2カ月遡るとは言え、歴訪時の首相の発言が、イスラム国の日本敵視の口実に使われてしまったのだから。

 ジャーナリストの池上彰氏も指摘していたが、人質事件発覚後の、訪問地イスラエルで行われた記者会見で、杉浦千畝氏のユダヤ人救出の話の直後に人質事件に言及したのも、拙かったと思う。池上氏は「ユダヤ人の救出と人質事件の救出を同じ文脈で語ったのが拙かった」と言っていたが、一般視聴者である私でさえ違和感を覚えたのだから、もう自分達以外の存在に対して憎悪しかないイスラム国の人間は、首相ひいては日本国民をユダヤの手先として、さらに憎しみの感情を増幅させたことだろう(→"日本は親ユダヤで反イスラム国家であるからして、攻撃すべき対象である"と言うイスラム国家側の攻撃理由にお墨付きを与えた形?) 。或いは、とにかく"攻撃ありき"で、つけいる隙を与えた首相に対して、「飛んで火に入る夏の虫」とほくそ笑んだのか?

 おそらく、杉浦氏のエピソードは予めイスラエル向けに用意されていたもので、それにイスラム国による人質ビデオの公開を受けて、事件に対するコメントを後付けしたのだろう。それだけ首相サイドも慌てていたのだろうが(後藤氏拘束については昨年の時点で政府は把握していたようだが、このタイミングでのイスラム国によるビデオ公開は予想外の出来事だったのか?しかし、注目を浴びたいイスラム国からすれば、今回の首相の中東歴訪は願ってもないタイミングだったはず)、もう少し慎重に発言して欲しかった。

 日本政府はあらゆるチャンネルを使って、「日本の中東支援があくまでも人道支援であること」を訴えると言っているが、そんな言い分がイスラム国に通じるわけがない。人道支援すること自体が反イスラム国に対する後方支援だと彼らは受け取るだろうし、それ以前に彼らには論理もへったくれもなく非イスラム国は須く彼らの敵であり、さらにフランスのテロがイエメンのアルカイダの関与が疑われる中で、彼らに対する対抗意識もあっての今回の人質事件アピールなんだと思う。

 西欧社会もフランスのテロが自国に波及することに頭を痛めていて、その対策で頭がいっぱいだろうし、人質解放の仲介を頼まれた穏健派のイスラム諸国にしても、風刺画に対する自国民の怒りをコントロールすることだけでも大変なのに、果たしてどれだけの国々が日本の為に真剣に動いてくれるのだろう?さらに最悪のタイミングで、先程、イスラム教の聖地メッカを抱え、イスラム諸国の盟主とも言うべきサウジアラビアのアブドゥラ国王の死去が伝えられた。今後、中東地域は益々混迷の度を深めて行くのかもしれない。西欧諸国との繋がりも深かった彼の死が、世界に及ぼす影響も計り知れない。これから世界はどうなって行くのか?

 
 最初にノコノコと紛争地域に赴いた湯川氏、その救出に向かった後藤氏(←彼の人道主義は崇高で、尊敬に値する。しかし、彼がジャーナリストとして体験的に身につけた危険回避能力をもってしても防げない悪辣さが、イスラム国にはあるのだろう。それを見抜けなかった甘さ〜多くの日本人の根底にあるであろう人間の性善を信じる思いが、悲しいけれど彼を窮地に追いやったと言えるのではないか?)、さらにフランスの風刺画に端を発した西欧諸国とイスラム世界の緊張状態の最中に大挙して中東訪問を行った日本政府、この三者に代表される(語弊があるかもしれないけれど) "平和ボケ"ぶりが、今回の事態を招いたと言われても仕方ないのかもしれない。

 国内にしてもけっして安全とは言えず、特に国のあらゆる機能が集中する東京と、米軍基地の集中する沖縄は、今後テロに注意が必要なのではないか?



2015/1/28  21:57

投稿者:管理人はなこ

Sakuraiさん、早速リンク記事を読んで下さりましたか?この記事の内容は論旨明快で、このところの報道でモヤモヤとした思いが拭えなかった私の腑にストンと落ちました。特にテレビマスコミの報道は往々にして、映像に依存し過ぎで、内容が薄く、論調が情緒的過ぎます。

ところで、欧米では、日本で盛んに?言われているところの「自己責任」論に違和感を覚えているとのニュース記事をネットで読みました。

これは国民性の違いから来るものなのでしょうか。日本人は「個」より「集団」の利益を重んじる傾向が強い。私達は幼い頃から「人様に迷惑をかけてはいけない」と繰り返し言い聞かされながら育ちます。それからすれば、今回の人質事件は、人様=国に迷惑をかけた最たる例です。もちろん、人質二人への深い同情を寄せている人々も数多くいるでしょうが、国民世論の大勢(たいせい)は声高に叫ばずとも、「自ら渦中に飛び込んだ二人に同情の余地はあまりない」というものだと思います。

今や世界には数多くの価値観が存在し、多くの人々がそれぞれの価値観のもとに生きている。もはや欧米の価値観が世界の規範ではなく、それに日本も含めた欧米以外の国々が追随するとは限らないと思います。未だにマスコミや、一部の「西洋=世界基準」と勘違いしている西洋かぶれの人々は、常に西洋の考えを大前提として世界を語っていますが、良くも悪くも近年のイスラムの台頭は、西洋中心の世界が終わりを告げたことの証でしょう。

ただ結局、「バベルの塔」後の世界と同じなんですよね。人々は異なった言葉(思想・価値観)を用いて、互いを理解し合えないと言う…多極化は混乱をもたらすだけなのか…

ヨルダンは対イスラム国では米国と歩調を合わせているので、今回の人質(ヨルダン人パイロットも含む)と引き換えに自爆テロ犯の釈放と言う選択は難しいところなんでしょうね。化石資源の豊富な中東地域にあって、唯一資源に恵まれないヨルダンは、経済的にどうしても西欧先進国依存にならざるを得ない。西洋社会の衰退とイスラム世界の台頭による両者のパワーバランスの拮抗は、イスラム教国でありながら西洋社会に依存する二律背反状態にあるヨルダンの立場を危ういものにしていますね。

2015/1/28  13:52

投稿者:Sakuraieiji

ご指摘された寺島氏の論文、拝見しました。判り易く納得のゆく内容でした。
「この100年間、大国は中東で短期的な利害優先で思慮に欠けたマネジメントを行い、その結果が、「イスラム国」やアルカイダといったテロ組織を生み出してきた。テロなど暴力でもって主張を訴えるやり方には、断固たる拒否を示していかなければならないが、一方で、そうしたものを生み出している構図に対する理解も必要だ。」
 私も全く同感です。日本の政府もメディアも西欧の主張に同調して、結果のみを追求して非難して、原因は棚上げしていると以前から感じていました。イスラエルの建国はパレスティナへの侵略だったと思います。

後藤氏の新たな写真が発表されました。非難を承知で敢えて私論を言えば、日本は彼を見捨ててもヨルダンとの友好関係を維持するのが国利に叶うと思います。

http://ameblo.jp/sir-cry/

2015/1/25  23:43

投稿者:管理人はなこ

>命の大切なのは日本人だけではありません。

この言葉は胸に刺さりますね。イスラム国(スンニ派)は、あのアルカイダ(シーア派)でさえ呆れかえる悪辣さで、数多くの人々の命を奪い、人権を蹂躙しているようです。そこで奪われた人々の命も、人質となった二人と同じ重みを持っていますが、その名前すら、世界では知られていません。人知れず、絶望の思いで、亡くなられた方も大勢いたことでしょう。

人がひとり、理不尽な理由で亡くなる度に、その人にはその人を慈しむ両親や兄弟姉妹、親類縁者、そして友人達がいたのかもしれないと想像し、胸が詰まります。

改めて考えてみれば、横田めぐみさん達のように、日本にいながら、理不尽にも拉致されたのならともかく、かねてより危険で行くなと言われている所に自ら出向いて、拘束された人達とでは、国が負うべき責任は違うと思います。

後藤さんは「自分の身に起きる出来事は全て自分の責任」とビデオに残していますが、実際、彼がイスラム国に拘束されたことで、他国をも巻き込む一大事になっています。その責任の重みに、イスラム国に出向く前に気付いて欲しかったですね。

野党から安倍首相の責任論が出ているようですが、拉致事件に関して首相は直接関係ないと思います。拉致事件は安倍首相の中東歴訪の有無に関わらず、起こるべくして起きた事件。ただ、相手につけいる隙を与えてしまったという意味で、日本政府の考えが甘かったと言うことでしょう。

現在、新聞、テレビ報道を見ても、何一つ私が納得できる内容がないのですが、今朝、ネットで読んだ記事は的確かなと感じました。私が駐在時も、大使館より商社の情報網が信頼に足るものと言う印象でしたが、寺島氏も商社出身ですね。

http://toyokeizai.net/articles/-/58356

2015/1/23  20:57

投稿者:Sakuraieiji

私もあの母親会見には違和感を感じました。恐らく、日頃は疎遠だったのに事件のため、マスコミに強引に引っ張りだされて喋ったものの、息子に関しては日頃から格段の情愛は持っていなかったのだろうと思いました。

今日の官房長官談話では、イスラム国と何の連絡も取れていない、と言っていましたが、水面下ではこそこそやっていると思います。福島原発事故の時、枝野官房長官(当時)がたいした事故ではないことを繰り返して強調していたのを連想しました。

拘束した2人については、私は全く同情心を持っていません。人命第一というのは建前で、理由はどうあれ、当人が自己責任で行くと言って強引に出かけたのですから、国がそのために内緒で国民の税金を使う権利も義務もないと思います。

イスラム圏では罪のない大勢の子供が殺害されたり、女性が拉致されていて悲惨な状況にある中で、個人の意思で飛び込んだ2人に大騒ぎするのは手前味噌過ぎると思います。飛行機事故があると、ニュースではよく日本人は含まれていませんでした、と安心したような報道をしますが、あれと対極にあると思います。命の大切なのは日本人だけではありません。

http://ameblo.jp/sir-cry/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ