2014/4/9

今度は息子の手土産♪  携帯電話から投稿

昨日は午後に就活の面接があり、
そのまま大学に直行して、大学で一夜を明かした息子。

つい先ほど帰宅して、約36時間ぶりに会えたと思ったら、
「お土産」と言って、私にレジ袋を手渡した。

中にあったのは、採れたての筍。
なんと大学校舎の裏手にある竹林で採れたんだそうだ

息子は面接で不在だったので、実際に採ったのは若手講師と研究室の仲間たち

微笑ましいと言うか、なんと言うか…

さて、どうやって食べようかな?

クリックすると元のサイズで表示します



2014/4/11  1:15

投稿者:管理人はなこ

Sakuraiさんは本当に人生を謳歌しておられますね。社長まで務められたのに、スーパーマーケットで筍の値段をチェックし買い控えするなど、かつてのポストに拘らず、今の生活を楽しんでおられる。

それに前回?のタイ料理に続き、今度は韓国料理ですか?また、ご家族に料理の腕前を披露されるんですね?けっして濡れ落ち葉にならないSakuraiさんは、それだけで奥さん孝行されているのだと思います。

息子達は今度、大学で筍ご飯を作るそうです。楽しそうだなあ…ご紹介のレシピは変わった趣向ですね。料理も"発想力"が大事なんだなあと思います。

2014/4/10  17:03

投稿者:Sakurai Eiji

筍のシーズンになりましたね。スーパーでかなり大きなのを1本498円で売っていましたが、もう少し安くなったら、と見合わせました。私の机に新聞の切り抜きが置いてあります。「組み合わせの妙 タケノコの肉巻」という見出しで、だし汁を入れて煮た筍を牛肉で巻いて焼いてから片栗粉を入れタレをかける、というものでした。

4月から月1回、韓国料理教室に通い始めました。

http://ouno


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ