2014/3/25

東京(圏)の求心力と地方に残された親たちの思い  はなこ的考察―良いこと探し

九州在住の甥っ子が昨年入学した旧帝大系の国立大学を中途退学して、今冬、大学受験に再挑戦した。どうしても国立私立を問わず東京の大学に進学したかったらしい。

もともと地力のある子なので、無事、慶応大学に一般入試で合格した。今やマスコミ報道を見ても、巷の評判を聞いても、はたまたネットの書き込みを見ても、慶応のブランド力は東大・京大に次ぐ強さだ。日本のトップクラスの企業への就職率や就職後の人的ネットワークの充実ぶりを見ても、慶応大の強さは際立っている。今頃、甥っ子も意気揚々と4月の入学式を心待ちにしていることだろう。

これから学費(理系だから国立の3倍?)と生活費の仕送りで経済的負担が大変になるであろう弟夫婦も(けっして裕福とは言えない、社宅住まいのサラリーマン家庭である)、今後の心配はさておき、息子の希望が叶って喜んでいるようだ。

我が子の幸福を何より想う親は、たとえ自分達は爪に火を灯す思いで耐乏生活を送ってでも、我が子の希望を叶えようとするものだ。ましてや、安易に物を買い与えるのではなく、一生の財産となる教育を授けるのだから、その意義に大きな価値を見出し、すべての労苦が報われると信じて疑わないのだろう。

今回、自分の志を貫徹し、東京の大学への進学を果たした甥っ子は、その親の想いをきちんと汲み取って、まず何よりしっかりと勉学に勤しみ、さまざまな人との出会いや経験を自分の血肉に変えるような、充実した学生生活を送って欲しい。

東京にはそれが可能な環境が、日本の他のどの地域よりも整っている。ただし、それが叶うのは自分の心構え次第だ。

東京への人、モノの一極集中の弊害を指摘されて久しいが、それでも自分の可能性を信じて、新たな人と世界との出会いを求めて、地方から上京する若者は後を絶たない。そうした若者達がまた、東京へ活力を与える存在となり、新たな人とチャンスを呼び込むのだ。その絶え間ない循環が、東京の求心力を強めて来たと言える。

郷里の友人の中には何よりも家族との日常の触れあいを重んじ、我が子を自分の目の届く範囲に置きたいと、県外への進学や就職を認めなかった人もいる。仮に他県への進学や就職を認めても、必ずいつかは地元に戻って来ることを約束させる親も多いようだ。その親の想いに応えて、地元で学び、就職した子ども達。

前途ある若者が少しでも地元に留まらなければ地元の衰退を招くことになりかねないので、それはそれで意味があることだと思う。友人の中にも、東京の高いレベルの大学に合格できる学力が十分ありながら、経済的な理由や親の意向で地元の国立大学に進学し、地元で公務員や教員や自営業者になった人も少なくない。そういう人達が地域の中核的存在となって、現在、郷里を支えているのだろう。

夫の両親は弟夫婦のように我が子の将来を想って、18歳の夫を県外の大学へと送り出した。夫は学歴と学習能力を得たことで、両親が経験し得なかった数々のことをこれまで経験し、彼なりに充実した人生を歩んでいる。少なくとも夫にとって、18歳で郷里を離れたことは良かったのかもしれない。

しかし、郷里に残った両親は今、どう思っているのだろう?我が子の為に自分のさまざまな思いや生活や、それこそ人生の少なからぬ部分を犠牲にした挙げ句、現在の距離的にも心理的にも遠く離れた息子との疎遠を嘆いてはいないのだろうか?全国にはそのような思いを抱えた年老いた親たちが、ごまんといるような気がする。因果なもので私達夫婦も、息子の就職を機に、息子を遠くへ手放すことになりそうだ。息子の新たな旅立ちを祝したい気持ちに偽りはないが、私は息子を手放す寂しさに耐えられるのだろうか?



2014/3/27  22:51

投稿者:管理人はなこ

Sakuraiさん、コメントをありがとうございます。

あ〜、そうですね。甥っ子はSakuraiさんの後輩になるんですね。弟夫婦は下の息子も高校から親元を離れて寮住まいなので、上の息子が東京の私立大理系進学となれば、相当な経済的負担だと思うのですが、「大丈夫なの?」と聞いても、「親だから、子どもの為に頑張らなければ」と言うばかりです。もちろん、きちんと手当できるから、東京への進学を許したとは思いますが…私が弟夫婦の立場だったら、同じことを息子にしてあげられたかなあ…弟夫婦は偉いと思います。

上京者がUターンし辛いのは、東京の魅力に抗しがたいと言うケースもあれば、地方の経済基盤が脆弱な為に、地方の企業に、上京者が東京で体得したスキルを生かす場があまりないのも大きな理由のひとつだと思います。また、能力云々以前に、地元企業は地元との繋がりを重視する為、地元で学んだ人を優先的に採用する傾向も強いのかもしれません。

ひたすら効率性や利便性を重視するならば、当然、東京に軍配が上がりますが、人間が生きて行く上で大事なのは、それだけではありませんよね。地方には地方の良さがあり、しかも地方は人材供給源でもあるわけですから、地方の独自性を尊重し、地方を守る為にも、東京は物心両面でサポートする必要があるでしょう。言うまでもなく、東京と地方の総体が日本であるわけですから。とかく地方出身の政治家は地元への利益誘導の手段として、新幹線を開通させるとか、ハコモノを作るとか、土建業偏重の印象が否めないのですが、地方の特性を生かした新たな産業を育てるとか、人材育成に、もっと知恵を絞って欲しいです。

2014/3/25  17:19

投稿者:Sakurai Eiji

甥御さんの合格お目出とうございます。後輩が一人増えました(笑)
それにしても、昨今、ご両親の経済的負担は大変だと思います。

確かに、日本の総人口の2割弱が集中している東京圏は誘惑も多いですが、勉強にも遊びにも日常生活にも便利で、一旦その味を覚えてしまうと地方へ戻りたくなるのは無理もありませんね。橋下氏が大阪都構想に固執するのも判ります。それが個々の経済格差と並行して、地域の格差も進めているようで、政治家は足元の利権だけでなく、日本全体のバランスを考える必要があると思います。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ