2012/6/4

渡辺和子『置かれた場所で咲きなさい』(幻冬舎、2012)  読書記録(本の感想)

クリックすると元のサイズで表示します 最近は「ボロは着てても心は錦」とは言わないようで、「名は体を表す」ならぬ「外見は内面を表す」と言うのが常識になりつつある。そのせいか、才色兼備と言うか、才能豊かな人々に、洗練された美男美女(いかにも品があり利発そうな顔立ち)が増えたような気がする。

 このことは本の装丁にも当て嵌まるのか、私が昨年辺りからその言動に注目している、新潮社出版部長の中瀬ゆかり氏が週一で出演の情報番組でも、本の装丁の良し悪しを2社で競う「装丁じゃんけん」と言うコーナーがあり、夫婦してそれをよく見ている。出版社が、商品である本を、とにかくまず客に手に取って貰おうと、装丁デザインに心を砕いているさまがよく分かる企画である。そのコーナーで編集者のプレゼンを見、中瀬氏らの熱いコメントを聞いて、紹介された本を買ったのも1度や2度でない。

 表題の本も、書店内をクルージングして、その装丁の可憐さに惹かれて思わず手に取ってしまった本である。後で知ったのだが、最近のベストセラーらしい。

 しかし、装丁の良さはあくまでも「掴み」。買う、買わないは、やはり「内容」が大切だ。私は(たぶん、多くの人がそうだろうが)、まず目次を見る。そこで気になった項目を2,3ページ読んでみる。そこで、例えば文体のリズムとか、主張への共感とか、さらに先を読みたくなる内容の魅力とかで、実際に買うか、買わないかを決めることになる。


 表題の本、『置かれた場所で咲きなさい』は、目次に羅列された項目のひとつひとつが「金言」の輝きを放って、胸にぐんぐん迫って来た。驚くことに、ひとつとして無駄な言葉がない。シンプルかつ心に響くメッセージの数々である。

 例えば、こんな感じだ。

第一章 自分自身に語りかける

 人はどんな場所でも生きていける。
 一生懸命は良いことだが、休息も必要
 …

第二章 明日に向かって生きる

 人に恥じない生き方は心を輝かせる
 親の価値観が子どもの価値観を作る
 …

第三章 美しく老いる

 いぶし銀の輝きを得る
 ふがいない自分と仲良く生きていく
 …

 ページ数は157ページと薄く、本文も大きな活字に平易な表現で語られているが、その内容には深みと重みがある。著者渡辺和子氏の85年の人生経験に裏打ちされた珠玉の言葉が散りばめられていて、何度も繰り返し手に取って読みたい本である。おそらく、読む度に新たな気づきを与えられる本なのだろう。

 それらの言葉は、若い人には希望と励ましを、子育て期の人には知恵と勇気を、 老いた人には自信と安らぎを与えてくれるのではないだろうか。

 著者はキリスト者であり、その言葉の端々にキリストの教えが顔を覗かせてはいるが、一貫してひとりの人間としての在り方を、自らのこれまでの経験を踏まえて、しかも自らの弱さや過去の失敗もさらけ出して訴えかける点に、著者の誠実さが感じられて、キリスト教信者でなくとも、その話に素直に耳を傾けたくなるだろう。

 そして、聖職者及び教育者として指導的な立場にある著者が(それは神に拠って立っている、と言うことなのかもしれないが)自らをけっして過信せず、他者に深い信頼を寄せる、その謙虚な姿勢が清々しい。著者の爪の先ほどの経験も実績もない自分の不相応な慢心が、本当に恥ずかしくなるほどだ。 

 金言の一部を以下に書き出してみよう。

「苦しい峠でも、必ず下り坂になる。」〜人はどんな険しい峠でも乗り越える力を持っている。そして、苦しさを乗り越えた人ほど強くなれる。

「きれいさはお金で買えるが、心の美しさはお金で買えない。」〜心の美しさは、自分の心との戦いによってのみ得られる。

「価値観は言葉以上に、実行している人の姿によって伝えられる」〜同じ事柄でも、価値観によって受け取り方が変わる。子どもには愛と思いやりのある価値観を伝えたい。

「子どもは親や教師の『いう通り』にならないが、『する通り』になる。」〜子どもに何かを伝えるのに言葉は要らない。ただ、誠実に努力して生きて行くだけでいい。→以前、当ブログで同じようなこと(『割れ鍋に綴じ蓋』)を書いていたので、この言葉を見た時、少し驚いたと同時に嬉しかった。

「まず考え、次に感じ、その後に行動する。」〜考えるということは、自分と対話すること。自分自身に語りかけ、次の行動を決めなさい。

「何もできなくていい。ただ笑顔でいよう。」〜笑顔でいると不思議とうまくいく。ほほえまれた相手も、自分も心豊かになれるから。

「苦しいからこそ、もうちょっと生きてみる。」〜生きることは大変だが、生きようと覚悟を決めることは、人に力と勇気を与えてくれる。

「”あなたが大切だ”と誰かに言ってもらえるだけで、生きてゆける。」〜人は皆、愛情に飢えている。存在を認められるだけで、人は強くなれる。

「一生の終わりに残るものは、我々が集めたものでなく、我々が与えたものだ。」〜人は何歳になっても成熟することができる。謙虚になることが成熟の証である。


 著者の渡辺氏は9才の時に、当時陸軍の教育総監だった父、錠太郎氏が、あの二・二六事件で惨殺されるのを目撃している。錠太郎氏は苦学して師団長の地位にまで上り詰めた人物。彼は職業軍人として第一次大戦後の欧州にも赴き、その惨状を目の当たりにして、「戦争は敗者も勝者も疲弊させる」と言う考えに至り、国家の守りとしての軍隊の必要性は十分認識しつつも、戦争を極力回避させることが自身の使命と考えていたらしい。

 仕事を離れれば、50代にして授かった著者を他の兄弟が妬むほどに可愛がり、さらに「人間として在るべき姿」を自身の命が果てる瞬間まで身を以て示して、「9年で一生分の愛情を注いでくれた」と著者に言わしめた父であった。その知見と愛情の深さは、親の直向きな生き様と深い愛情が子供の自尊心を育み、その後の人生の大きな支えとなることを、改めて教えてくれているようだ。

 そして、本書に綴られた数々の金言を前に思う。人は自分に投げかけられた言葉をどう受け止め、それを自分の中でどう生かすかで、その後の人生が大きく変わって来るのではないのだろうか?

 表題の言葉「置かれた場所で咲きなさい」は、著者が30代半に赴いた岡山で大学の学長に任命され、その重責に思い悩んでいた時に、ひとりの宣教師が手渡してくれた短い英詩の一節である。

 Bloom where God has planted you.(神が植えたところで咲きなさい)

 その後に「咲くということは、仕方がないと諦めるのではなく、笑顔で生き、周囲の人も幸せにすることなのです」と続くその詩に力づけられた渡辺氏は、神の御心のままに、与えられた場で精一杯生きることを決意する。

 ひとりの宣教師から手渡された詩の意味を邪心なく受け止め、それを道標に自らの生き方を極めて行った渡辺氏。果たして、本書に感銘を受けた読者はどの言葉を道標に、自らの人生を歩んで行くのだろう?結局、金言を生かすも無にするも自分次第なのだと思う。

 
渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)『置かれた場所で咲きなさい』(幻冬舎、2012)¥1,000




2012/6/7  8:40

投稿者:管理人はなこ

ごみつさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

この本、巷でかなり好評のようです。私の記事が、その魅力を十分に伝えられているか否かは、正直自信がないのですが…

著者のシスター渡辺は、50年近く大学で数多くの学生と出会い、さまざまな考えや悩みに接して、その都度、適切にアドバイスをされて来たのが、本書を読むとよく分かります。彼女のような指導者に出会えた生徒さんは幸せだなと羨ましくなります。

しかし、一般の私達も本書を通じて、その人となりと思想の一端に触れ、間接的ながら指導を仰ぐことができる。時空を越えて、素晴らしい人々の考えや思いに触れることができる「本」というメディアの良さを改めて感じます。

ごみつさんは、それを販売して、著者と読者の橋渡しとなる仕事をされているんですよね。とても良いお仕事だと思います!これからも頑張って下さい。

2012/6/6  0:30

投稿者:ごみつ

今晩は。

わ〜、この本、本当に表紙が可愛らしくて素敵ですね。
私もこういう雰囲気のイラスト、大好きです。
パステルカラーにデザインもシンプルなのが良いですね。☆彡

確かに装丁は大事だと思います。これだけ書籍の出版点数が多いと、とにかく手にとってもらうまでが大変でしょうね。
やっぱり好みのデザインだったり、イラストだったりすると、ついつい手にとってしまう事って私もよくあります。

もちろん中味が一番大事。手にとって中を少し見てみて(あとは値段も)購入するかどうか・・って決めるプロセスは私も同じです。

うちの店では「お客様と本との出会いを大切にしたい・・」みたいなアナウンスをCM的に流してますが(笑)、自分にとってのお気に入りの1冊に出会えるのは嬉しいものですね。(*^_^*)



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ