2006/3/14

N旅するジーンズと16歳の夏(米)  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します

どうしてこんなに良い映画が単館上映なんだろう?
できるだけ沢山の人〜今、青春真っ盛りの10代に、
かつて10代だった人にも〜見てもらいたい
至極真っ当な、夢のある、良心的な作品なのに。
見た人それぞれに、感動がある作品だと思う。
かつての自分が懐かしく思い出されたり、
大いに共感するところがあったり、慰められたり、
励まされたり…この作品が、前に進むべきか迷っている背中
を押してくれるかもしれない(そんなパワーを持っている)。
青春期の苦しさ、切なさ、悲しさ、ほろ苦さ、
そして心を許しあえる友達のありがたさを
実に見事に描いている。




これは、マタニティクラスに通った母親4人の胎内にいる時
に出会ってから常に行動を共にしていた4人の少女が、
初めて別々に過ごした16歳の夏の経験を綴った物語。
少女達はギリシャ、メキシコ、サウス・カロライナ、
メリーランドで、それぞれの夏を過ごす〜
バラエティに富んだ場面設定で、それぞれの転機→成長が
綴られています。
その4人の”エピソード”と”心”を繋ぐ役割を果たすのが、
体型がまったく違う4人全員になぜかフィットする
不思議なジーンズ。
4人は1週間交代でそのジーンズを履き回す約束を交わす。
4人の間をジーンズが巡る。ギリシャ→メリーランド→
サウス・カロライナ→メキシコ→再びギリシャと、
まさに”旅するジーンズ”。
なかなかエスプリの効いた、楽しい趣向です。
原作は世界30カ国以上で翻訳・発刊のベストセラー小説で、
本作の出来には原作者も大満足なのだとか。

多感な時期の友情の有り難さを、
私はこの映画を見てしみじみ感じました。
今でも学生時代からの友人は、大人になってからの友人とは
少し違った重みがあるのを常々感じているのですが、
それは例えば住む場所、立場、そして容姿が変わっても、
互いの気持ちは昔とちっとも変わらない…
私にとってはそんな懐かしさと安心感です。

まさにコピーにある
「ちがう場所、ちがう経験、ちがう悩み、
ひとつの気持ち(=ジーンズ)」が
4人の女優の見事なコラボで表現されていました
(撮影中4人は実際に友情を深めたらしい)。

公開時に見逃した、特に女性の皆さん、是非是非ご覧あれ!



2006/8/26  6:48

投稿者:管理人はなこ

いえいえ、こちらこそ、TB&コメントをありがとうございます。
できるだけ多くの方に見ていただきたい作品、
感動をお裾分けしたい作品には、どんどんTB&コメントを
いただけたらなあと思っております。
その度に改めて注目を集められると思うから。
本作は誰かを信頼する、ということの大切さを教えてくれる作品ですね。

2006/8/24  22:02

投稿者:ゆっこ

TB&コメントありがとうございましたm(__)m
各ブログで絶賛されて気になっていたのですが
ようやく見ることができました。
一年遅れですけど、夏に見ることができてウレシイ♪
と勝手に満足しております(笑)。
とにかく4人の女の子たちがみんな魅力的で、
思わず、ガンバレ〜!!って応援したくなるような映画でした。

http://blog.goo.ne.jp/snowflower_001/

2006/6/16  23:08

投稿者:管理人はなこ

とんちゃんさん、TBありがとうございました。
>この映画を通じて 気持ちを一瞬でも通わせられた事に
 感謝します。
こちらこそ!良い映画を見ると、そういうことがありますね。
この映画は上映館が少なかったと思うので、
見逃した人は多いはず。
できるだけ多くの人と、この映画の感動を共有できたらなと
思います。
また、よろしくお願い致しますm(_ _)m。

2006/6/15  18:10

投稿者:とんちゃん

はなこさん、(^o^)コ(^-^)ン(^0^)バ(^-^)ン(^0^)ハ
コメントありがとうございました♪

私は 実は仕事をしている貧乏暇なし人間なもので 時々しかコメントできないかもしれません (*_ _)人ゴメンナサイ
でも この映画を通じて 気持ちを一瞬でも通わせられた事に感謝します。

>青春期の苦しさ、切なさ、悲しさ、ほろ苦さ、
そして心を許しあえる友達のありがたさを
実に見事に描いている。

本当にその通りですねy(^ー^)yピース!
青春時代に 共に笑い、泣いた 友達が居たのと居ないのとでは 天地の差がありますよね^^
懐かしい友に 会いたくなりましたよ♪
あの頃 あんな風に 助けてくれたっけなとか、あんな事で喧嘩したっけなぁ・・・などと
思い出して(勿論 すっかり忘れていた訳ではないけど) 自分とオーバー・ラップさせて
泣きました^^



http://yaplog.jp/tonton119/

2006/4/28  13:13

投稿者:カゴメ

私のブログに御丁寧なコメントを賜り、誠に恐縮です。
しかもわざわざTBブロックを外して頂き、ありがとーございました!
早速、TBさせて頂きに参上したですよ♪

ライブドアブログ、規模が結構大きいので、
中には愚劣な輩も多いようですね。
誠に哀しい事であります。
でも、カゴメのような普通のブロガーも(多く)いるので、
たまにはライブドアのブログも覗いてやってくらさいませ。

http://blog.livedoor.jp/kagome_2005/

2006/4/28  3:34

投稿者:カゴメ

検索で貴記事を発見!拝読させて頂きました。

>公開時に見逃した、特に女性の皆さん、是非是非ご覧あれ!

いやいや、男だって充分感動出来ますよ。
例えカゴメのような中年でも。
(仲間ハズレにしないで下さい。涙)

実に見事な構成力。キャストも全部立ってる。
絵も綺麗。ストーリーにも破綻がない。
どこをとっても稀なる良作。
というか“良心の作品”作品ですね。

ということで、私の記事、TBさせてくらさい。
(ブログの趣旨にそぐわないと判断された場合には、遠慮無く削除して下さいませ)

http://blog.livedoor.jp/kagome_2005/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ