2006/3/14

Mキャプテン・ウルフ  映画(2005-06年公開)

クリックすると元のサイズで表示します
↑これ、一応チラシなんですよ。
ヴィンの顔に沿って切り取った変型チラシ。


キャプテン・ウルフは無敵のハウスキーパーなのだ。

若手アクション・スターの一人、ヴィン・ディーゼル主演の
ファミリー向け健全コメディとでも言いましょうか。
なんたってディズニー・エンタテインメント制作ですから。
 


私は試写会場で見たのですが、
会場に大挙訪れた子供達に大ウケでした。
5分に1回はゲラゲラ大笑いしていましたね。

米海軍特殊部隊シールズのリーダーとして、
世界をまたにかけて活躍して来たウルフ大尉。
8歳から全寮制の士官養成学校で育った彼は家族の愛、
家庭の温かさを知らない。
そんな彼が、ある事情から高校生の長女を頭に
末は生まれて間もない赤ちゃんの5人兄弟の家で
ハウスキーパーを務めることに。
さて、この、彼にとっては前代未聞の特殊任務が、
果たして彼に務まるのか、
と言うのが、この映画の見どころなのでアリマス。

「ウルフはスーパーマンなのかい?」とか、
「人の死をコメディタッチで描いて良いのかい?」など、
ツッコミどころは多々あれど、5人の子供達とウルフが
生み出す数々のエピソードにはついつい引き込まれてしまう。
ヴィン・ディーゼルは新境地を開いたのでは?
なかなかの好演でした。

手堅いビジネスのディズニーですから、
そこそこヒットは飛ばしたとは思いますが、
休日、家族揃って楽しめる映画ということで、イチ押し。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ