2010/9/29

【感想】十三人目の刺客?もとい『十三人の刺客』Ver.2  映画(今年公開の映画を中心に)

クリックすると元のサイズで表示します ベネツィア国際映画祭でも好評だった(上映終了後、7分間に及ぶスタンディングオベーションだったらしい)と言う三池崇史監督、役所広司主演の『十三人の刺客』を見て来た。今から47年前の1963年に公開された『十三人の刺客』(工藤栄一監督、片岡千恵蔵主演)のリメイクらしい。本作は、密かに集められた十二人プラス一人の刺客が、暴君の名を欲しいままにする、将軍の腹違いの弟で明石藩主の松平斉昭の暗殺を企てる、と言う物語である。

 私は過去の古い映画(特に邦画の時代劇)には疎いので、殆ど予備知識なしに本作を見て(オリジナル作品は未見)、感じたことだけを書き留めようと思う。

クリックすると元のサイズで表示します 男臭い映画だ。男性の雄々しさや躍動感を描くのが得意な監督なのだろう(『クローズ ZERO』もそうだし…)。一応役所広司が主演となっているが、他十二人の刺客をはじめ、味方・敵方の登場人物、それぞれの人物造型がしっかりと描かれており(←所謂、キャラが立っている、と言うヤツ?)、随所に各々の見せ場も用意された群像活劇と言った趣。

 素人目に、伊原剛志の剣豪ぶりは板についていたし、古田新太の槍遣いもなかなかのものだった。山田孝之は武士の世界に懐疑的な放蕩の剣士を若手演技派として手堅く演じていたし、バラエティ番組ですっかり三枚目キャラを印象づけた沢村一樹も、今回は二枚目に徹して良かった。高岡蒼甫も友情に厚い凛々しい青年武士を演じて好印象。眼鏡なしの六角精児は軽妙なキャラを演じて、全体としては重苦しい雰囲気に笑いを添えた。

 他の若手俳優の好演も、邦画の将来に期待を抱かせるものだったと思う。これだけ、それぞれのキャラクターが脳裏に焼き付いているということは、監督の的確な演出、俳優陣の健闘もさることながら、今回、脚本を手がけた天願大介(この人は高名な父親・今村昇平の七光りを嫌って、大学時代に出会った妻の姓を名乗っているようだが、現状、よほどの人気監督でない限り、映画製作のチャンスは中々巡って来ないのだろうか?全ての経験を血肉にして、いつの日か素晴らしい作品を作って欲しい)の、それぞれの俳優の個性を生かした台詞回しが奏功したと言うことなのだろうか?

 おっと!本作のキーパーソンとも言うべき十三人目を忘れちゃいけない。”十三人目の刺客”は特に個性が際立つ。本作は武士達の勇猛果敢な戦いを描きつつ、彼(→人間離れした存在感が意味深)の言葉を借りて、武士の硬直した死生観や世界観を嗤っているようにも見える。彼らの戦いはまさに、江戸幕府の終焉に向かうカウントダウンの最中(さなか)にあった。封建社会も、いい加減、制度疲労を起こしていたというわけか?

クリックすると元のサイズで表示します 個人的にニヤリとしたのは、時代劇俳優としては既に大御所の域にあるであろう松方弘樹の起用。このところ、外洋でマグロ釣りに励む太公望としての姿ばかり目にしていたので、彼の見事な殺陣を見たのは久しぶりだ。昨今のドラマ不況で、彼のような往年の時代劇スターの活躍の場は限られているが、彼の豪放磊落な佇まいと華麗な剣捌きは時代劇に華を添える。何より彼自身が水を得た魚のように活き活きと演じていた。まだまだ力はある。もっと出演機会があっていいはずだ。 

 逆に男性の格好良さ、華々しさに比べたら、女性は時代考証に忠実に基づく既婚女性のお歯黒に青眉(セイビ:明治の頃まで続いた既婚&子持ち女性が眉を剃る習慣)等、その描写があまりにもリアルで、現代人の美意識とは程遠いせいか、画面のザラザラとした質感も相俟って、気の毒なほど美しくない。さらに暴君に貶められる被害者としての側面を強調していることもあってか、時にグロテスクな描写もあり、神経の細やかな人には耐え難いものだろう。血しぶきの量も半端でない。

 それでも、50分に及ぶと言う戦闘シーンの迫力やスケールは一見の価値がある。

 役所広司演じる島田新左衛門は「斬って、斬って、斬りまくれ」と叫んで、闘いの口火を切った。

 13人の刺客(+斉韶の暴走を止めるべく立ち上がった無数の人々のバックアップ)に対し、敵方はオリジナル版53人の数倍に当たる300人!多勢に無勢の劣勢を跳ね返すべく宿場町に張り巡らされた数々の仕掛けと、命を賭した13人の凄まじい闘志。まさに目の前で繰り広げられる死闘に、緊張しっぱなしの50分間なのだ。

 人間誰しも、小が大を倒すのを見るのは小気味良いものだ。勧善懲悪の物語には溜飲を下げるだろう。ただ、本作が描いているのはそれだけではない。

クリックすると元のサイズで表示します 島田と、藩の学問所でも道場でも同門で、実力が拮抗していた鬼頭半兵衛は、その出自が下級藩士であるが故に、旗本の出である島田への対抗心もあって、今や敵方で立身出世を夢見て暴君に盲目的に仕えている。良心に蓋をして、鬼畜としか言いようのない主君に盲従する鬼頭の生き様は、哀れですらある。

 この鬼頭を演じたのは、誰あろうミュージカルスターの市村正親。私は彼が好きで、彼の舞台を何度か見ているが、その軽快なステップたるや、年齢を超越している。今回も役所広司との年齢差(61才と54才で7才差)を感じさせない力強い演技で、戦国の世にあらざる中、忠君を貫くことで武士としての生き甲斐を見い出す、サラリーマン武士の悲哀を見事に表現していた。

 ところで、今回、暴君を演じた稲垣吾郎の評判がすこぶる良い。勧善懲悪物語は悪役が光ってこそ主役が引き立つ。その意味では稲垣吾郎のキャスティングは大正解だったと言えるだろう。が、しかし、言われるほどの名演だろうか?寧ろ私は、彼の俳優としては欠点とも言うべき”表情の乏しさ””語りの抑揚のなさ”が、冷酷無比の暴君の体温の低さを表現するのにピタリと当て嵌まったのだと思った。悪辣非道の限りを尽くしても、一切表情を変えない暴君。その無表情と抑揚のない物言いが、暴君の内面への想像をかき立て、悪役・稲垣吾郎の存在感を観客に強く印象づけたとは言えないか?

 最後に、監督一流の遊び心なのかもしれないが、悪ふざけにも取れるシーンがあった(そこもタランティーノのオタク心をくすぐるのか?)。何と言うか、終始一貫ハードボイルドに徹すれば良いものを、敢えて緊張の糸を切るようなお下劣さ。別にそこで野卑な笑いを取らなくても良かったのではと個人的には疑問に思う。映画は監督のもの(=最終的に全ての責任を負う?)だから、まあ、いいんですけどね。なくても十分映画として成立したと思うので、それこそ”蛇足”ではないかと。少なくとも私は「なんじゃ、こりゃ?」と戸惑ったのは確か。


【追記 2010.10.10】ネタバレ注意!

 昨日、トム・クルーズ、キャメロン・ディアス主演の『ナイト&デイ』を見て来たが、劇中スペインの街中で繰り広げられる派手なチェイス・シーンがあった。そこで迫力を加味したのは、現地名物「牛追い祭り」で街中を爆走(笑)する牛達であった。さほど広くない街路で主人公が駆るバイクと敵方の車と牛の三つ巴。絵的にはかなり面白い。

 そこで思い出されたのが、本作でも登場した牛だ。同じ爆走でも、本作はCGの牛。しかもCGの予算をケチったのか、すぐに作り物とわかる完成度。これでは興ざめである。中途半端なCGの牛なら、はっきり言って要らない。本作鑑賞時も気になったのだが、比較検討できるシーンに偶然出くわして、改めて本作の粗が目立ってしまった格好だ





2010/10/31  12:32

投稿者:管理人はなこ

クマネズミさん、初めまして!TB&コメントをありがとうございます。

またまたご謙遜を(笑)。私はクマネズミさんのブログで、いろいろと勉強させていただきましたよ。

役所さんについての言及がなかったのは、自分でもクマネズミさんのご指摘で改めて気づいた次第です。私の中では役所さんは別格と言いますか、今更私が指摘するまでもなく、主役としての実と花を兼ね備えた名優なので、今回ついつい書き忘れてしまったのでしょうね。

役所さんは「時代劇映画は本作が2本目」というのが意外で(1本目の市川崑監督の「どら平太」は横浜の名画座で見ましたが)、さすがに大御所、仲代達矢氏の直弟子なだけあって、時代劇でも堂々としたものですね。

若かりし頃(30代?)に演じたテレビ時代劇「3匹が行く」の軽妙洒脱な浪人とはうってかわって、今回の島田役は、冷徹に暗殺の策を練り、12人の刺客を束ねる知将ぶりが板に付いていて文句のつけようがありません。その演技力と存在感でベテラン・若手双方の俳優に一目を置かれる存在であり、正に名実共に主役なんですよねえ。若手は彼から役者の何たるかを、今回の共演で学んでくれていたら良いのですが…。特に山田孝之とか、期待しています。

緊張と弛緩ですか?なるほど!張り詰めていた糸を敢えて断ち切るのは、三池監督の狙ったところなんでしょうかね。「名作」じゃなくて「痛快活劇」を指向しているんだぜ宣言みたいな(笑)。リメイクのひとつの方向性としては、「有り」でしょうね。その意味では、森田芳光の「椿三十郎」とは対極に位置するものですかね。

そもそも映画界の「優等生」ではなく「暴れん坊」を目指しているのだろうなとは思います。三池監督は(笑)。

是非、また遊びに行かせていただきます!

2010/10/31  5:58

投稿者:クマネズミ

はなこさん、TB&コメントをありがとうございます。
随分といい加減に書いているブログについて過分のお言葉をいただき、大層恐縮しております。
むしろ、はなこさんのブログの記事が、映画の出演者それぞれについて(特に、松方弘樹と稲垣吾郎に関するもの)、実に的確な評価下されていて、その充実振りに驚嘆いたしました。
ただ、なぜか主演の役所広司についてのまとまったコメントが見あたらないのは、残念に思いましたが。
なお、「悪ふざけにも取れるシーン」については、おっしゃるように「蛇足」でしょうが、もしかしたら、「緊張しっぱなしの50分間」に対して、『告白』のラストで松たか子が言う“なーんちゃってね”が持つのと同じような効果があるのかも、と思ったりしています。
また遊びに来て下さい。

http://blog.goo.ne.jp/barriosmangre/e/5813456b10301a48849913aafdfafe6a

2010/10/12  10:05

投稿者:管理人はなこ

cyazさん、こんにちは。TB&コメントをありがとうございました。

そうそう、三池ワールドを堪能できましたね。絶妙な”ケミストリー”だって、三池監督の手腕によるところだろうし(笑)。

松方さんは嬉しかったと思うんですよね。久方ぶりのチャンバラ時代劇で、やっと彼の出番ができたと言う感じですよね。藤沢周平さんの静謐な作品世界も素敵ですが、こういう勧善懲悪型の豪快なチャンバラ時代劇も見たいですよね。岸部一徳さんに関しては…以下省略(笑)。

最近、無駄に長い映画も増えました。かつては1時間40分前後の作品が多かったのに。最近「午前十時の映画祭」ではハリウッド黄金期の60年代の4時間近い大作を見ているのですが、それらには4時間と言う長尺の必然性を感じるんですよね。無駄なシーンがない。

2010/10/12  8:43

投稿者:cyaz

はなこさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
しかしラストシーンは壮絶でしたね!! 何人殺せば気が済むのか(笑)?!
三池さんらしいテイストでした^^
しかしあれだけ役者が揃うとなかなか一人一人の自己表現が難しいところですが、
うまい具合に融合されて、いい意味でケミストリーしてましたね!
殺陣は松方さんが群を抜いていたし、一徳さんのひょうきんさもOKでした。
ただちょっと長かったですけどね(汗)?!

http://blog.goo.ne.jp/cyaz/

2010/10/11  14:50

投稿者:管理人はなこ

みぃみさん、こんにちは。TB&コメントをありがとうございます。

仰る通り、市村正親さんは素晴らしい俳優ですね。昨年、市村さんがゴッホ役を演じて紀国屋演劇賞を受賞された『炎の人』も見に行ったのですが、どんな役を演じても自分のものにしてしまう演技力はさすがです。今回の鬼頭役も役所広司さんと堂々と渡り合って見応えがありました。今後も注目して行きたい俳優のお一人です。

合戦シーンについてはオリジナルも30分で当時としては画期的な長さで話題になったそうですが、今回はさらに長くなり、しかも敵方の人数も増えて、その迫力は凄かったですね。時代考証としてはたかだか十万石で300人の従者はおかしい、との指摘もあるようですが、物語自体フィクションですし、三池監督が最も表現したかった部分でしょうから、私はこれもアリかと。そして、この部分を楽しめない人には、オススメできない作品ですね(笑)。

2010/10/11  14:23

投稿者:みぃみ

こんにちは。
私も市村さんの舞台を数回観て、いいなぁと思い、今回の映画を楽しみにしていました。
どことなく品があるというか、キャラクターを当たり前の設定では終わらせず深みを持たせて魅せてくれる市村さんの演技が好きなんです。
今回の鬼頭もしかり、お上手だなぁ、と思いました。

戦闘シーン、50分もあったんですね。ひとつひとつが面白くて夢中で観ていました。


http://mitsuhibinikki.seesaa.net/

2010/10/2  22:45

投稿者:管理人はなこ

はらやんさん、こんばんは。TB&コメントをありがとうございます。

今回も監督なりのスタイルを貫いたってことなんでしょうね。

私はテレビの時代劇が案外好きで、『遠山の金さん』『暴れん坊将軍』『鬼平犯科帳』『必殺シリーズ』etc見ていたんですね。今でも日中再放送があれば見ているくらい。ケーブルの時代劇チャンネルも見るし。だから松方弘樹の全盛期の格好良さが懐かしいです。この20年?位は女性問題を巡るスキャンダルとか、釣りの話ばかり。舞台には出ていたんだろうけれど、ちょこっとファンとしては寂しかったですよ。だから久しぶりに彼のカッコイイところが見られて嬉しかったです!

稲垣吾郎は香取慎吾の番組で月に一回新作映画評を披露する等、彼自身が映画ファンなんですよね。だから、日本映画界を代表する監督のひとり・三池監督の作品に参加することが嬉しかったんじゃないかなと想像します。自分の役割をきちんと弁えて、期待に応えた彼はプロフェッショナルですね。

2010/10/2  22:13

投稿者:はらやん

はなこさん、こんばんは!

「クローズ ZERO」など今までの作品でもわかりますが、最後の戦いを魅せるのは、三池監督を越える人はなかなかいないですよね。
本作はまさに本領発揮といったところです。
松方弘樹さんはやはり大御所、時代劇の殺陣の緩急が素晴らしい。
魅せる殺陣ができる人っていうのもなかなかもういなくなってしまいました。
稲垣くんはやはりキャスティングの勝利でしょうね。
彼の温度の低さみたいなものをわかって、かつその要望を稲垣くん自身がわかって演じていたと思います。

http://harayan.air-nifty.com/blog/

2010/10/1  22:56

投稿者:管理人はなこ

ひまわりさん、こちらにもコメントをありがとうございます。

私も感想は書かないものの(書きながら、次々と印象的なシーンが浮かんで来て、あれも書きたい、これも書きたい、となってしまうので、どうしても時間がかかってしまうのが面倒なのです)、コンスタントに映画は見ています。特に春から夏にかけて足を痛めて遠出ができなかったので、美術館に殆ど行けなかった分、近場で映画を見ることが多かったんですね。その内、何本かは無料で見られたのですが。

「インセプション」はクリストファー・ノーラン監督にレオ主演なので、もう必見でした(笑)。コンセプトと映像表現が素晴らしかったですね。キャスティングも贅沢で、演技派を揃えて見応えがありました。音楽も印象的でした。難解さも楽しみの内(笑)。レオは作品選びが上手いですね。おしなべて良い作品に出ている。素晴らしい監督と仕事をしている。同じスター俳優でも、ちょっとクセのある作品をチョイスするブラピとは大違い(笑)。

「ソルト」もアンジー・ファンには溜まらない作品でした。彼女は演技力とスター性を兼ね備えた現在のハリウッドを代表する女優。子だくさんな母親であると同時に国連難民高等弁務官事務所の広報大使も務めるなど、幾つもの役割をこなし、あの細い身体のどこにそんなエレルギーがあるのだろうと不思議です。何だか無理しているというか、生き急いでいるようにも見えて、ファンとしては心配なんですよね。

池上彰氏はその分かり易い解説が重宝がられて、民放各局でひっぱりだこですが、幾ら人間ができた人でも、あまりにもチヤホヤされたら天狗になってしまうのでは?とか、多忙過ぎてジャーナリストとして情報を整理し、消化する時間は十分取れているのか?とか、一視聴者として勝手に心配している私です(笑)。それに彼の講釈はすべて入門レベルなので、それを端緒に、私達がどれだけ独自に理解を深めて行くかが大事なんだろうなと思います。



2010/10/1  19:52

投稿者:ひまわり

はなこさん、こんばんは。
さすが、はなこさん、話題作「悪人」「十三人の刺客」など、既にご覧になっているのですね。
この夏は、猛暑を吹き飛ばすのには効果的な、「インセプション」と、アンジェリーナ・ジョリーが好きなので「ソルト」を観てきました。
文句なしにカッコ良く痛快な映画でした。徹底したエンタメでしたね。
「インセプション」は2回観なければ、全容と難解な仕掛けがわからないような映画でしたね。深い深い意味が読み取れると、池上彰氏ではありませんが、”そうだったのか!”と得心がいくところが何とも小気味よい作品でした。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ