はなもげらちょびぃっとかい

自営業です。社員はコーギー3わん・2にゃん・2ひとです。

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:はなちょびぃハハ
凛さん、こんばんは〜。

やっぱり鮫はいいのですね!
サメなんこつ君なんてのがあったから、買ってみようかな?なんて思いつつ、でもず〜っと続けるにはどうかな?なんて迷っています。

凛さんの手術のお話・・・ビックリしました。
本当に、本当に、大変だったのですね・・・
半年の入院って・・・
私なんかいまだに2週間くらいしか入院したことがないので、想像を絶する長さで・・・
しかも再手術までしたのですか!
今は大丈夫なのでしょうか・・・

つらい体験だったでしょうに、いろいろ教えていただきありがとう。
手術にはならないように気をつけますね。

犬の場合、まずは安静に、そして少しづつ運動して、限界を超えるようだったらまた安静にしてと、その子にあった限界点を飼い主が見定めることも必要だと先生に教わりました。
今はさっぱりわからないので、まあ気長にやっていきますね。
投稿者:コギッち
はなちょびぃハハさん、こんにちは。

ちょびぃくん、大変ですね。はなさんも骨折中だというのに、ハハさん、心配の種が尽きませんね。

こんなことになると出てくるコギッちですが、実はうちのちょびぃ君似の先住犬も、免疫性多発性関節炎という病気を患っています。人間のリウマチみたいなものと説明されていますが、以前お話しした心臓の治療中に偶然見つかりました。早期発見だったので、薬を飲みながら様子見をしています。何らかの具合で炎症を起こすと(内的な理由らしい)40度以上の高熱を出します。そのため薬が手放せず、一生飲むことになるそうです。

コギも日本で急激に増えてからそろそろ第1世代が高齢期になり、病気も出そろってきたと聞きました。それとともにコギに多い先天性のものもわかってきたと。短足系にはよく言われることですが、関節の方も先天性のものが多いそうですね。

病気はそれぞれ違っても、一生折り合っていかなければならないのは同じです。おたがい、 きをつけてくらしましょうね!

しかし、ホントによく似ている・・・。
投稿者:めいママ1031
こんな大変なことになっていたのですね…
「十字靱帯」は、サッカーをやっていた息子が、損傷したり、部分断裂したり、とにかくよく痛めてました。
内出血して、もの凄く晴れて、太い注射で、中に溜まった血液を抜いてもらったりしました。
靱帯がゆるんで膝が動いてしまって、とっても痛かったらしくて、ギブスで固定した後は、「痛くなくなった」といっておりました。
めいも、ときどき足を痛めて、変な歩き方になりますけれど、翌日には、ケロッとしているので、病院で診てもらったのは、一度きり。
でも、整形の専門の先生でなくては、わからないのでしょうねえ。
千葉にも、犬の整形の専門の先生がいらっしゃるかどうか、調べて見ます。
もし、いらっしゃらなかったら、そちらの先生に診ていただこうかしら。

http://meimama1031.blog59.fc2.com/
投稿者:凛
鮫系のサプリが関節には良いと聞いたことがありますが 皮膚や骨に関しては服用したから大丈夫 スグに良くなる というよーなことがないので気長に構えるしかないのが現状ですよね
先生のイラストを見ながら 自分がした手術のことを思い出しました
私も膝の半月板と骨 筋肉等が緩く 過去に脱臼し損傷したことがあります
何もせずに温存療法というものも薦められましたが静かに生活出来る環境の維持が難しく断念・・・
同じような穴を開けての手術をしましたが付きが悪く結局膝周辺を斜めに20センチほど切開するという手術を再度するはめに・・・
半年の入院に加え その1年後に固定器具を取り出す手術で1ヶ月入院しました
人間とワンコでは同じ部位でも術療が違うでしょうが他人事とは思えず・・・
このまま安静にしておれば何事もなく日々生活出来るようになればいいですね
長々とコメントしてすみませんm(_ _)m


1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ