花日和

 読書・テレビ・マンガ・映画、子育てについてなど。みたり読んだりなんだかんだ。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:スウ
くらさんありがとうございます!
そうそう、建物がすてきで、図書室はたまらんでしたね。
>突き放した観察眼
ああなるほど〜。そこは芸術家の客観性なんですかね。
溺愛と創作物の対象とはどう違うのか、考えを巡らしております。
投稿者:くら
こんにちは。朝倉彫塑館、彫刻はもちろん、建物がとにかく素敵ですよね〜。アトリエといい図書室といいたまらんものがあるのですが、日本家屋部分も細部まで凝っていて、予想外に見応えありました。
猫の彫像の数々からは、とにかくうちの猫がかわいいんじゃよ見てやって・・・!みたいな愛を感じました。でも突き放した観察眼もあるんですよね。その距離の保ち方が面白かったです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ