花日和

 読書・テレビ・マンガ・映画、子育てについてなど。みたり読んだりなんだかんだ。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:スウ
わーい はづきさん♪ 
夏休み終盤の外出ラッシュでくたくたで、レスが遅くなって大変申し訳ありませんでした!

そうそう!この図録の文章が楽しかったですね。思わぬ収穫でした。
長いのに打って頂いてありがとうございます!!
関係ないけど「闘魚」ってかっこよく勇ましいけど「ベタ」って情緒のない呼び名ですね〜
「エンゼルフィッシュ」も、そのまんまだけど「天使魚」って響き、新鮮でしたね。

こういうものを面白がれる方々と回れたことがホントに幸せでしたよ^^
またの機会を楽しみにしています!
投稿者:はづき
こんにちは。オフ会、たのしかったですね。「闘魚」、図録では田中茂穂の解説(まじめなほう)がついていて、スゥさんのおっしゃったとおり「ベタ」でした!

そして上田さん(上田尚)の「フグ」、図録から引用すると↓です! (横書きなので「くのじ点」が表現できず「ゝ」で代用しています…)

 舟のいけまに、フグとイカとを雑居させると、イカはフグをブイかと思つて抱きついて、コロンゝしたあげく、フグはぷくりと、腹をふくらませて、イカをふり放さうとあせる。フグはまたよいご馳走がと、イカの足をくひちぎる、イカは忽ち得意の墨汁を吐出して、忍術雲がくれをきめる。うつかりのぞいた釣手の顔にも、そのとばつちり、それでもイカには怒らずして、フグをすくい出すや、それこそ「不倶戴天の仇」とばかりに、舟板にたゝきつける。フグも観念してか、僅に口の中でブツゝぐちるのみ。いさゝか可愛いさうにもなる。
(図録『大野麥風展 「大日本魚類画集」と博物画にみる魚たち』107頁より)

上田さん、おもしろいなあ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ