花日和

 読書・テレビ・マンガ・映画、子育てについてなど。みたり読んだりなんだかんだ。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:スウ
バーバままさん♪お久しぶりです^^
私もたまにバーバままさんのブログを拝見させて頂いてますが、
みてゆくばかりですみません^^;
そうそう、これ続編があって3部作だというのを初めて知ったので、
その後も読んでみたいなと思いつつまだでした。
>この歳になるとつらい本が読めなくなります
それも分かる気がします…。
でも、読めないと思いつつ手にしてしまう感じもありますよね。

この本を読む前に、去年ETV特集でシンドラーのリストで
生き残った人たちのドキュメンタリーをやっていて、
当時少年で今は80歳以上になっている人の
「自分を人間だと思えなかった、その感覚は今でもある」
という言葉が忘れられませんでした。
そういうの、やっぱり受け止めるにも気力体力が必要なんですよね…。
投稿者:バーバまま
おひさしぶりです
こちらの記事を読んで、懐かしく・・・というのもヘンですね、続編の「ぼくたちもそこにいた」を再読しはじめましたが、なんだかつらくて・・・
こちらは、その後の十年間を描いています。
ぼく、憧れの優等生ハインツ、ヒットラーに批判的・懐疑的だったギュンターの三人の少年が時代の空気にどう巻き込まれていったか。
つらいけど、知らなくてはいけない本だけど、この歳になるとつらい本が読めなくなります。
気力の衰えを感じ、涙。


http://blog.livedoor.jp/sugara/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ