ペットショップ HAC和歌山 「ひとりごと」

特にテーマを決めずに、そのときに思ったこと、感じたことなどを書いていきたいと思います。
ご意見やご批判など、いただければ嬉しいです。

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:HAC和歌山 店長
lulu-mariさん、コメントありがとうございます。
そうですね。自分の知っている限りですが、療法食を食べていて、本当に健康な子って、いません。
西洋医学というのは、対症療法の医学で、予防医学ではないんです。
ですので、ノミ取り薬でも、沸いてしまったノミを取るのには効果的ですが、予防としては使うべきではないと思います。
また、ある種の疾患の心配のある子に、予防目的で、抗生剤やホルモン剤を与えている飼い主さんも少なからずいますが、予防になることはありません。
予防ということを考えるのなら、根本的な部分から考えないと意味がないと思います。

lulu-mariさんは、心配しなくても大丈夫です。今までどおりの対処で充分ですよ。
それで、もし、何か問題が起こった場合でも、それから考えても充分間に合いますし、間違いなく解決できます。
自信を持って、今までどおりに可愛がってあげてください。
投稿者:lulu-mari
こんにちは。私のまわりは猫を飼っている人が多い
のですが、かなりの人たちが、飼い猫のおしっこに
敏感です。先日もお友達の猫が膀胱炎になりまし
た。多頭飼いで日中仕事で猫の変化に気づくのが遅
れてしまった人もいます。予防のためにと特別療法
食を与えている人も多いです。私自身も以前はそ
う。お水はたくさんの飲みます、おしっこもざーっ
とでる・・でも療法食をたべてみるとかなりしょっ
ぱいのです。水を飲んで当然・・療法食はやめまし
た。前にくらべて出す回数は減っていますが、トイ
レを常に掃除し、運動をたっぷりさせ、缶詰には少
し水を加えてと・・やっています・・でも、心配。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ