2009/2/7

「西の魔女が死んだ」  映画

お友達からDVDを借りて観ました。
おぉ〜、全体的に原作のイメージどおりでした!
特にあの家!台所や、屋根裏のインテリアなんか「うわっ!!本読んでるときわたしの頭の中にあった映像そのまま!!」とぞっとしたほど同じでした。

原作を読んでイメージしていたのと違ったところは、まいちゃんお気に入りの切り株のある場所「マイ・サンクチュアリ」。
本を読んだときは、明るい開けた場所(映画でワイルドストロベリーが茂っていた場所のような。)を想像していたのですが、映画ではシダが生えた森の日陰のジメ〜ッとした感じのところだったのでちょっと意外でした。
原作と読み比べて確認してみたいところですが、文庫は先日ブック〇フに売っちゃったので手元にないのです。。。
それと、最後、おばあちゃんが亡くなったあとの「ヒメワスレナグサ」(キュウリ草)は、本読んだときは、もっともっと大量に咲いてるところを想像していたのですが、映画版では現実味のある咲き方でしたね^^;

それと、驚いたのは、おばあちゃん役のサチ・パーカーさん、本当はもっと若いんですね!
付録の映像で、打ち上げや試写会のときの素顔のサチさんを見たら映画のおばあちゃん役のときとは別人のように若いのでビックリしましたよ〜!
映画を観る前「おばあちゃん役のサチ・パーカーさんはシャーリー・マクレーンの娘」と知って「えっ?!・・・でもそれにしてはシャーリー・マクレーンとさほど年が変わらないように見えるのはナゼ?!」と思っていたら、あの映画のときは老女メイクをしていたんですね。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ