2008/6/15

発表会(開演前と子どもの部)  ピアノ

約1年半ぶりに、教室の大きな発表会がありました。
前回と同じホールなのですが、今回はお昼が子どもの部、子どもの部が終了してから大人も一緒に集合写真を撮って、夕方から大人の部、と分かれているのが違います。

まずは開場前に花のチェック。無事に届いていて一安心。
それからお昼ご飯を食べに行ったり、近くのお店を見たりして時間をつぶしました。

子どもの部の第1部は、幼稚園や小学校低学年の小さい子どもたち。会場に戻ったときにはすでに始まっていて、客席もほぼ満席の様子だったのでわたしは控え室のテレビモニターで楽しませてもらいました。屈託のない明るくてまっすぐな演奏に、思わず「かわいいなぁ〜^^」とか「上手ねぇ〜」と、控え室で一人でニマニマ。

子どもの部、第2部は、小学校高学年と中学生の子どもたち。フォーレのバルカローレや、ベートーヴェンのソナタ、バルトークのソナチネ、といったスゴイ曲目がずらりと並んでいるので、プログラムをもらったときから「これはぜひ聴かなくては!」と思っていたので、客席でしっかり聴かせてもらいました。
も〜〜〜、子どもの「発表会」というのを忘れて聴き入ってしまうような演奏ばかりでした。第1部の小さな子たちも上手でかわいかったけど、第2部になると、一人一人、ものすごく個性的!!音色も表現の仕方も全然違って。。。どうやったらそんな音が出せるの?とうらやましくなるほど、みんなピアノと一体化して音楽に入り込んでます。今こんな風に弾いてるってことは、大人になったらどうなるんだろう。。。

そして、先生の演奏コーナー。ここで先生、初めてドレスにお色直しして登場です☆白地に赤いバラの花模様の可愛いドレスがとってもお似合い!急いでカメラやビデオをセットするお父さん方が続出^^
ショパンの「別れの曲」をしっとり素敵に演奏されました。
うっとり〜。さすがだわ〜。一曲だけじゃなくて、もっと聴きたかったな〜。

その後、子どもたちのハンドベル演奏、合唱コーナー(わたしはその間にダッシュで着替え。)で、子どもの部は終了。

   次回へ続きます。(長くなりそう;)






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ