2005/3/28

CD3種  CD

先日、渋谷に行ったのでHMVに寄って、目を皿のようにしてクラシックコーナーを物色していました。
欲しいCDがありすぎて、選ぶのが大変でしたが、約1000円のを3枚ゲットして、ほくほくでした。

まずはピリスのモーツァルトソナタ集でK330が入っているもの。
わりとおとなしい控えめな演奏でした。
これで、わたしが持っているK330の入ったCDは4枚になります。
ほかには、梯さん、バックハウス、グールドです。
梯さんのがパァァ〜っと明るい感じで、一番好みです。
バックハウスのは、ちょっと真面目で硬い印象。
グールドのは…「なんぢゃこりゃー!」です。めちゃくちゃ速くて、何度聴いても笑えます。「こういうのもアリなのね?!」と勇気づけられます(?)が、あまり練習の参考にはなりません(笑)。

ふたつめは、ガブリエル・タッキーノというピアニスト(初めて聴きました。)の、プーランクのピアノ曲集。2枚組で、それぞれに40曲(75分)以上たっぷり入っている、とってもお得なCDでした。
輸入盤なので、タイトルなどがわかりづらいのと、たくさん入り過ぎていて、どの曲が気に入った曲なのか覚えきれない、という難点がありますが、じっくり楽しもうと思います。
さっそく、まずは練習中の「即興曲15番エディット・ピアフに捧ぐ」から聴いてみました。けっこう激しい感じで、田部さんより速いテンポで弾いていました。
15番以外の即興曲も、これで初めて聴くことができました。7番、13番なども気に入りました。

三つめは、ガヴリーロフのラフマニノフのピアノ名曲集。前奏曲、楽興の時が数曲ずつと、エレジーなどが入っています。
ラフマニノフらしくドラマチックな演奏です。

そのほかにも、欲しかったCDは、エレーヌ・グリモーの新譜。ショパンのソナタや舟歌が収録されていて、試聴コーナーで聴いてみたら、すっごくよかったので、これはまた今度買おうかな、と思っています。
プレトニョフのチャイコフスキーの四季と、スクリャービン曲集の2枚組、というのも迷いましたが、これはひとつで3000円だったので、「同じ3000円だったら、3種類楽しめたほうがいいかな?」というわけで上記のお買い物になりました。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ