2008/4/30

益子陶器市(その1)  日記

最近、陶芸にハマッている夫と2人で、益子の陶器市に行ってきました。
益子に行くのは初めてです。
家からは車で3時間くらいかかりそうということで、朝5時に出発!眠い;
さすがに朝早かったのでスムーズに進み、8時ごろ到着。お店の開く9時ごろまで車の中で仮眠。

ちょっと眠ってスッキリしたところで、いよいよ陶器市の会場へ。
陶器のお店やギャラリー、陶芸体験工房などが並ぶメインストリートの、普段はお店がないであろう場所にもぎっしりとテントが張られ、町全体が陶器祭りです。

巨大なタヌキが目印の、陶芸メッセ入り口↓
クリックすると元のサイズで表示します

作家さんが、各々テント内のディスプレイを工夫しています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく町中、お店とテントだらけで、どこから見たらいいか迷ってしまうほどあるのですが、ざっと見ていると、自分の好きなものがありそうなお店は遠目からでもなんとなく惹きつけられる雰囲気が。。。

とっても気に入ってお茶碗を二つ買った作家さんのテント↓
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
優しい色づかい、温かみがあるのにつるりとして軽い質感、使いやすい大きさなとなど、とっても好み。
益子に住んでいる若い女性作家さんの作品です。

今回、初めて益子に行ってみて驚いたのは、若い作家さんが出店しているテントが多いこと。カフェを併設したお洒落なギャラリーなどもあって、今までの「陶芸=渋い・和風」というイメージが覆されました。
出店されてる方たちが、この年に2度の大イベントを楽しんでいる感じが伝わってきたのもよかったです。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ