2007/8/26

キャンプ1日目  日記

キャンプに行ってきました。場所は、内浦山県民の森。
鴨川の海の近くなのですが、キャンプ場がある場所は車でちょっと山を登ったところにあり、海と山を一度に楽しめるお得なキャンプ場です。

テントのみの格安キャンプ場(テント一区画で一泊900円)、テントのすぐ横に車を止められるオートキャンプ場、ログキャビン、食事やお風呂のついている宿泊施設、と分かれているので、そのときのメンバーや状況によって泊まる場所を選べるのも便利です。設備が充実していて安心感がありながら、キャンプ場からは人工的な建物が見えないように工夫されているのも嬉しい。

家から2時間半ほどで房総の海辺に到着。海を眺めつつ、おにぎりを食べてからキャンプ場へ。
前に来たときはテントのみの場所を借りたので、駐車場からえっこらやっこら台車に荷物を乗せて運ぶのが大変だったんですが、今回は一泊なのでオートキャンプ場を借りました。
テントを張ったり、荷物をおろしたり、水をくんできたり・・・という準備は夫と子どもたちがあっという間にやってくれました。
「何かやることない?」と聞いても「ママはそこの王様椅子(キャンプに持っていった中で一番座り心地のよい折りたたみ椅子。)で休んでていいよ。」といわれ、うちわで扇いでくれるほどの王様扱い。

テントやテーブルなどの準備をしてもまだ3時過ぎくらいだったのでキャンプ場のまわりを散歩して、芝生に寝転んで雲を眺めていたら涼しい風が吹いて、うとうと。。。「ママ爆睡してるよ〜。」という声が遠くに聞える。。。

目が覚めたら夕方で、そろそろバーベキューの用意。
野菜を切るのも肉を焼くのも、家では料理しない子どもたちが率先してやってくれて、わたしは食べるのみ。
夕焼けから暗くなっていく中、炭の火を眺めつつ、お肉を焼いて、ビールを飲んで、ワインを開けて・・・「まいうー!」「おいしー!」「幸せ〜!」「来てよかったねー!」。
牛カルビ、鶏モモ、豚、ナス、ズッキーニ、たまねぎ、にんにく、そして焼きそば・・・と、多すぎるかな?と思うくらい持ってきたけど、炭火で焼きつつ食べてると、おいしくてどんどん入っちゃう。
デザートは、家の近所の梨園でたくさんオマケしてもらった梨。
「なんか家で食べるより甘く感じるね〜。」と言いつつ、完食。

おなかいっぱいになったら、わたしはお風呂へ。
315円で、宿泊施設の中にあるお風呂に入れるのです。
初めて入りましたが、キレイで気持ちよかった。(ほとんど貸切だったし。)

そのあと「鹿に会えるかもしれない夜の散歩」にでかけましたが、残念ながら鹿には会えず。双子たちはトイレに行ったときアナグマだかタヌキを目撃したそうです。
夜寝ていたら、テントのすぐ横で「ミョン!ミョン!ミョン!」と今までに聞いたことのない鳴き声がして目が覚めたのですが、眠くて体が動かず、なんの動物だったのかは確認できませんでした。

テントは一応「5人用」らしいのですが、大人2人と、ほとんど大人と大きさが変わらなくなってきた子ども3人だと、かなり窮屈。寝袋に入って蓑虫状態ならいいのかもしれないけど、暑かったので寝袋には入らず寝ていたら娘に何度も蹴られました。。。
来年はもう一個テントを買わなくては。







※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ