2007/3/14

ぶどうの丘へ(その4)  コンサート

コンサート後半では、もう一人のゲスト、フルートの原田雅子さんが着物姿で登場。
日原さんのお琴と原田さんのフルートで「春の海」を雅やかに演奏されました。前半のオリジナル曲での「えっ?!これが琴?!」というような無国籍でファンタスティックな演奏を聴いたあとだと、和風でオーソドックスな「これぞ琴!」という演奏もまた新鮮に聴こえます。
そういえば「春の海」って本来は尺八と琴ですが、フルートでも全然違和感なく聴けました。
ヴァイオリンと琴、というバージョンもあるんだそうです。

次に、栗原さんのピアノと日原さんのお琴で、藤井凡大の「和楽器と管弦楽協奏のための1楽章」。初めて聴く曲でしたが、ジャズやフラメンコのかけあいみたいな雰囲気があって、スリリングで「くーっ!!」となるほどかっこよかったです!
曲が終わったとき、思わず隣の席に座っていらした方と顔を見合わせて「すばらしいですね〜!」とため息をついて頷きあいました。

続いて、栗原さんと原田さん(今度は深いグリーンのドレスにお色直しして登場!)で、ドップラーの「ハンガリー田園幻想曲」と、シャミナードの「フルートとピアノのためのコンチェルティーノ」。
これもどちらも初めて聴く曲でしたが、ドラマチックで素敵でした。
小鳥の囀りのようだったり、風の音のようだったり、笑い声のようだったり泣き声のようだったりするフルート・・・あんなふうに自由自在に吹けるのってどんな気分なんでしょう。。。

それから、栗原さんのソロでショパンの「ノクターンOp.9−2」と「エチュードOp.10−4」と「舟歌」。
ノク2、やっぱりいい曲ですね・・・自分で弾いてるともう飽き飽きみたいな感じだったんですが・・・;
エチュードOp.10−4は、今までいろんなCDなどで聴いてきたイメージでは「めちゃめちゃ速くて激しくてかっこいい曲」だったのですが、栗原さんが弾くと、それに付け加えて隅々まですごく綺麗で驚きました。
う〜ん、激しい曲を弾いてても、全然荒っぽくならないんですねぇ。優雅で上品です。
プログラム最後の「舟歌」は、それはもう「あ〜、ずっと聴いていたいなぁ・・・」とうっとりな演奏でラストに近づくのが切なかったです。

アンコールではまずは3人そろって登場されて「曲名は言いません。」と始められたのは「さくらさくら」!!もうすぐ桜が咲きそうな今、ぶどうの丘でこうして聴ける幸せをかみしめつつ聴きました。

アンコールの最後は、栗原さんの「幻想即興曲」。ひゃぁ〜!!かっこいいなぁ〜もーっ!ムキャーーー!!
自分でも弾いてるはずの曲がどうしてこうも違うんでしょう@@
・・・と、クラクラしてる間にあっという間にコンサート終了。(といっても開演からたっぷり2時間半以上あったんですが。)

帰りはぶどう郷の駅までゆうき姉さんに送っていただき、さらに大月駅まで子豚さんに送ってもらいました。なんだかもううれしすぎて胸がいっぱいで、いろいろしゃべりたいこととかあったはずなのに言葉が出てこなくてボーっとしていて(まぁ、ふだんもボーっとしてるんですが;)スミマセン;;またきっと会いに行きますのでよろしくお願いします^^

さて、さっそく家で「即興曲90−3」「悲愴」「ノク2」を弾いてみたんですが・・・ううう・・・・
わたしの音には水分が足りません!!ていうか水分がありません;ガサガサ。おまけにドタバタ!
あ〜、一小節、一音でもいいから、ウルウルの音、出してみたいな。。。















2007/3/18  22:13

投稿者:ふわふわ

子豚さん、こんばんは^^

車のシートにマッサージチェアの機能がついてる車があるという話を聞いたことがありますが、たしか助手席だけだったような気が・・・子豚さんは運転しつつマッサージもしてるんですね〜。気持ちよすぎて眠くならないように気をつけてくださいね^^

息子は全然ピアノ弾かないんですよ。小さいころから一度も興味を示したことがありません。双子たちはブラバンに入ってから楽譜が読めるようになって、ピアノもたまに弾くようになりましたが、クラスの合唱とかの伴奏担当はピアノを習っている子たちの間で競争率が高いそうです。

2007/3/18  7:57

投稿者:子豚

ふわふわさん、おはようございます♪

弾きたい曲は沢山ありすぎて、なかなか候補をしぼれないでいます。
私の場合、先が見えてくると(やっている曲が最後まで弾けるようになってくると)、次は、あれ弾きたいなって思うようになるんですよね。だから、もう少し先になりそうです。

テニスボールのあの堅さがコリほぐしには丁度いいんです☆
最近は運転しながら、シートと背中だったり、肩のあたりの間に挟んで、押しつけて・・ 時には少し位置をずらすために怪しい動きになったり^^;
後ろの車の人は変な奴・・って思うんだろうな。なんて思いながらも、やめられません!

卒業式でのピアノ。活躍ですよね〜。
その日の為に、陰で頑張ってますから♪
息子さんは伴奏とかされないんですか?
もちろん、お二人のお子さんでしたら、ピアノは弾くんですよね? って勝手に決めつけてたり・・・。

2007/3/17  21:08

投稿者:ふわふわ

子豚さん、こんばんは。
交換日記状態大歓迎です^^

発表会10月だったらまだあれこれ選べますね。ほかにも候補があったら教えてくださいね♪
わたしは6月に弾く曲を決めなくちゃです。このままだと新曲は間に合わなさそうなので、「別れの曲」かシューベルトの「即興曲Op90−3」かな〜。

今度はテニスボールでやってみたんですね!「コリほぐし」にも興味があります。

今日の卒業式でも体育館のピアノ大活躍でした。座っていた場所からはピアノ見えなかったのですが、柔らかくて優しい音(音楽の先生方、さすがに上手でした。卒業証書授与の間のBGMもピアノの生演奏でした。)で、わたしも弾いてみたいな〜と思いながら聴いていました。

卒業シーズン、お互いがんばりましょうね〜♪







2007/3/17  0:23

投稿者:子豚

ふわふわさん、こんばんは♪
交換日記みたいになってきましたね(笑)

舞台映えはすると思います。ちゃんと弾ければ・・。
多分、私のレベルじゃ一杯いっぱいになるので、今度の発表会は、出来れば一杯いっぱいな演奏ではなく、ある程度ちゃんと仕上がったものを弾きたい気持ちがあるので、多分やりかけのカンパネラを最後までいったら、弾きこみに入らず、他の曲を選ぶことにしそうな気がします。
カンパネラは、あこがれの曲なので、長い時間かけて弾きこんでから、舞台で弾きたいなっと思ったりしてます。

ちなみに、テニスボールでやりました!
私の事、透視してました??(笑)
テニスは出来ないんですが、テニスボールって、コリをほぐすのにちょうど良くて、最近、愛用率が高くて・・・。
左手も少し入れてやってみました。
テニスボールでもいけそうです♪

ふわふわさんほどではないかもしれませんが、やはり手先を使いますし、乾燥してる時期だし、学校のピアノは磨き応えもあるし、とにかく手が荒れます(T_T)
かなりパックリしていて、ミズバンが欠かせません。でも、ミズバンって乾くまでかなり痛いですよね。
卒業式、離任式など、お花盛りだくさんですもんね。お忙しいと思います! 頑張って下さいね。

インベンション・・・苦手です。私にはバッハは無理です^^;

2007/3/17  0:02

投稿者:ふわふわ

子豚さん、こんばんは〜。
プレリュードとカンパネラ、舞台映えしますし、長さもちょうどいいですね。
ほかの生徒さんたちも5分くらいの曲を弾かれるのでしょうか。

リンゴランランはやってません^^
オレンジじゃなくてもテニスボールとかでもできるかな?オレンジの大きさや重さが重要だったりして。。。

ぎゃー!手荒れ、痛そうですね;爪の境がパックリ、わたしも仕事中時々なります。子豚さんのお仕事も、手荒れしやすいのでしょうか。
わたしは今週・来週は特に手が荒れるので「音色だけじゃなくて手までガサガサ・・・。ウルウルになれ〜ウルウルになれ〜」と念じながら即興曲90−3を弾いています。(「別れの曲」と「インベンション」も練習しなくちゃなんですが^^;)

2007/3/16  0:41

投稿者:子豚

ふわふわさん、こんばんは♪
早速やって下さったんですね! 賛同してもらえると嬉しいです。
プレリュードのどれにしようかで悩んで悩んで、これだ! ってなったので。ただ短いので指ならしとまではいかないかもしれないですが、これ以上長い曲だと、カンパネラにたどり着けない(譜読みが遅くて・・いや、あまり練習しないので^^;)

それより・・最初、ふわふわさんのコメントの「さっそくやってみましたよー!」を読んだ時、私の脳裏には、オレンジランランならぬ、リンゴでランランの黒鍵を想像してしまいました^^;
どうやら、裏!?ブログと混乱しました。(笑)
確かにリンゴじゃゴツゴツですから、オレンジゲットしたら、そっちもやってみて下さいね。
私もちゃんと左手をマスターしてから再チャレンジしてみようと思います♪

って、そんな暇があったら、カンパネラの練習しなくちゃ・・。
最近、手荒れが悪化して、気がつくと爪との境がパックリ割れて流血してるんです(T_T)
痛くて、カンパネラを弾くのがしんどい今日この頃です。
いつになったら、ふわふわさんの前で披露出来るか・・・ 首を長〜くして待っててください。

あっちなみに、私もスクリャービンのプレリュードは聴いた事なくて、聴いてみたいと思っているんです。
カプならCDあるので、近ければお貸し出来るのに・・・。
スクリャービンはエチュード(例のやつとか)数曲しかきいた事ないんです^^;

2007/3/16  0:39

投稿者:子豚

ふわふわさん、こんばんは♪
早速やって下さったんですね! 賛同してもらえると嬉しいです。
プレリュードのどれにしようかで悩んで悩んで、これだ! ってなったので。ただ短いので指ならしとまではいかないかもしれないですが、これ以上長い曲だと、カンパネラにたどり着けない(譜読みが遅くて・・いや、あまり練習しないので^^;)

それより・・最初、ふわふわさんのコメントの「さっそくやってみましたよー!」を読んだ時、私の脳裏には、オレンジランランならぬ、リンゴでランランの黒鍵を想像してしまいました^^;
どうやら、裏!?ブログと混乱しました。(笑)
確かにリンゴじゃゴツゴツですから、オレンジゲットしたら、そっちもやってみて下さいね。
私もちゃんと左手をマスターしてから再チャレンジしてみようと思います♪

って、そんな暇があったら、カンパネラの練習しなくちゃ・・。
最近、手荒れが悪化して、気がつくと爪との境がパックリ割れて流血してるんです(T_T)
痛くて、カンパネラを弾くのがしんどい今日この頃です。
いつになったら、ふわふわさんの前で披露出来るか・・・ 首を長〜くして待っててください。

あっちなみに、私もスクリャービンのプレリュードは聴いた事なくて、聴いてみたいと思っているんです。
カプならCDあるので、近ければお貸し出来るのに・・・。
スクリャービンはエチュード(例のやつとか)数曲しかきいた事ないんです^^;

2007/3/15  23:13

投稿者:ふわふわ

子豚さん、こんばんは〜。
さっそくやってみましたよー!
うわぁ〜!!いいですね〜。ほんとに、カンパネラのための前奏曲、みたいになりますね。

プレリュード11番、初めて弾きました。1ページの短い曲なのに、甘くて素敵な響きがたくさん出てきていいですね。
カンパネラは、最初のレレレ、レレレ、レレレ、レレレ・・・しか弾けませんでしたが「キャー☆ラ・カンパネラー!」と一人で興奮していました。あの4小節だけでもカンパネラ気分が味わえますね〜。

プレリュードの調のヒミツ、ショパンの楽譜で確認して「おおっ!!ほんとだー!!」と驚きました。
スクリャービンとカプさんのプレリュードも聴いてみたいです。

子豚さんのカンパネラ、いつか聴かせてください♪

2007/3/15  14:33

投稿者:子豚

ふわふわさん、|^∀^)ノこんにちは♪

プレリュード(ショパン)は11番です。何故かというと、もし発表会でカンパネラを弾く時、いきなりだと指がマワラナイので指ならしの曲を弾いて、カンパネラを弾くようにした方がいいねって話になり、ショパンのプレリュードの中から考えたら、音のつながりが、11番が良かったんです。

お暇ありましたら、11番の最後とカンパネラの頭、続けて弾いてみて下さい♪

多分、12番とカンパネラは同じ調だと思うんですが、プレリュードってハ長調から始まり、平行調、5度って展開してって24の調になってるみたいなんで、プレリュード集を一番〜聞いてくと、次の曲に行っても違和感ないみたいな…つながりが、いい感じ!

そして、最近気がついたんですが、ショパンと同じく、スクリャービンやカプースチンのプレリュード集も八長調から始まって同じ流れになってたんです。
でも、カプは調があってないような… 臨時記号多いし、複雑で聞いてても何調か∩(・ω・)∩???わからないです。
きっと、ふわふわさんの旦那様ならコードとか、ぱっとわかるんでしょうけど…。

ってな訳でプレリュードをレッスンしてもらってるんですが、メインのカンパネラを早く何とかしなければなので、頑張ります♪

2007/3/15  0:08

投稿者:ふわふわ

ぴあさん、こんばんは。
長文レポート読んでいただいてありがとうございます。
ほんとに、とーっても素敵なコンサートでした。いまだに余韻に浸っています。

「耳の辺りで音がただよっているのではなくて、ぐぐ〜っと心の奥深くまで入り込んでくるような感じ」!!そうそう、まさにそれです〜。

幻想即興曲を弾かれているんですね!わたしも久しぶりに弾いてみたら、ずいぶん忘れて弾けなくなっていました。コンサートで聴いて、あらためてかっこいい曲だな〜と思ったので、また練習したいです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ