2006/12/15

ヨムヨム  

新潮社から新発売の雑誌「yom yom」。
パンダのYonda?君の赤い表紙が目印です。
新潮文庫のコーナーに平積みになっていました。
ペーパーバックみたいな紙質です。

執筆陣には大好きな川上弘美さん、江国香織さん、嶽本野ばらちゃん、山本文緒さん(病気療養中と聞いていたんですが、復帰されたんですね!)、読んでみたかった角田光代さん、重松清さんなどなどがズラリ。

ちょっとずつ読むのが楽しみです。

「yom yom」ホームページ
http://www.shinchosha.co.jp/yomyom/







2006/12/19  23:37

投稿者:ふわふわ

いえいえ^^大歓迎です。いらっしゃいませ。
ぷはは〜。そうです、そこです!
ほんとに画期的で喜びました。(というか、あんなに利用者の多い駅なのにこれまで何もなかったほうが不思議ですよね。)
コンコースのタルト(ケーキ)屋さん、おいしいですよ。

2006/12/19  23:18

投稿者:たむ

何度もすみません。
そうそう西○橋駅の構内に本屋やらカフェができたのは、とても嬉しいですよね。
以前は、何もない駅だったから電車待つのが苦でしたもの。

2006/12/19  21:46

投稿者:ふわふわ

たむさん、こんばんは。

駅のホームのキオスクだと、品揃えが少なくて困りそうですが、いつもの本屋だったら買わないような本と出会って意外とおもしろかった、ということもあるかもしれませんね。

わたしは乗り換え駅の構内に本屋ができたので、ついつい寄ってしまいます。

2006/12/19  11:02

投稿者:たむ

>でかけるときに文庫本がないと、たいてい途中で買います^^;

うっかり文庫を持たないで出かけちゃったりしたら、駅のホームのキオスクで無理してでも買ったりしてます(^^;;
「文庫依存症」と自分で思ってます(笑)

「女たちのジハード」で篠田さんのファンになりました。でも全部は読んでませんけど。

2006/12/18  17:42

投稿者:ふわふわ

たむさん、こんにちは。
まぁぁ!たむさんも本お好きなんですね。何かおもしろいのあったら教えてくださいね。
篠田節子さんのは「女たちのジハード」を読みましたが、最近のは読んでいないので、チェックしてみます。
でかけるときに文庫本がないと、たいてい途中で買います^^;

2006/12/18  0:59

投稿者:たむ

私、ブログではピアノのことしか書いてませんが、実はかなりの「本好き」です。
出かけるときに、文庫本を最低1冊は持っていかないと不安になるくらい(笑)
面白い本に出会うと、読み終わるのがもったいない気がしますよね。
ちなみに、今は篠田節子さんの「コンタクト・ゾーン」を読んでます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ