2006/10/31

エバーグリーン・コンサート  コンサート

仲間と楽しくプレイエルを弾いたあとは、同じ会場でピアニストの片桐みどり先生のリサイタル「Evergreen」がありました。

コンサート中におなかが鳴っては大変なのでラーメンを食べてから会場に戻ってくると、先ほどとは配置が変わっていてびっくり!
ピアノを丸く取り囲むように客席が並び、客席の後ろのテーブルにはワイングラスが並んで、山高帽のシェフが待機、ゴージャスなピアノパーティ会場風になっていました。
自由席なので、ともみさんが「もちろんカブリツキ席ね!」と一番前のピアノを弾く指を凝視できる席を確保してくださいました。さすがです。

片桐先生のお名前「みどり」にちなんで「Evergreen」(常緑樹)という今回のリサイタルのプログラムは、グリーグの叙情小曲集・シベリウスの「樹の組曲」などを中心に「音の森林浴」という雰囲気の北欧の小品が集められていました。

パステルグリーンの美しいドレスでみどり先生が登場!素敵〜☆☆
なんだかよい香りまでしますぅぅぅ。
1曲目はリャードフの「音楽の玉手箱」。まさにオルゴールようなかわいい音色♪

続いてグリーグの叙情小曲集から10曲。
「アリエッタ」「蝶々」「小人の行進」「トロルドハウゲンの婚礼の日」など。
優しい色合いの絵本をめくってお話を聴かせてもらっているような感じでした。森の中の小人や妖精、花などが見えるよう・・・。
いろんな音色やリズムが先生の指先から自由自在に紡ぎだされていきます。つい先ほど、わたしが『どうやったらどういう音が出るのか全然わかんないよ〜。』とパニックになっていた同じピアノから。。。

休憩時間にはワインとオードブルをいただきつつ、楽しくおしゃべり。

さて、第2部にはみどり先生は真っ赤なドレスにお色直しされて登場です。
赤もお似合いで美しい〜☆☆
チャイコフスキーの四季から「10月」「11月」「12月」
シベリウスの即興曲から2曲と、「樹の組曲」。
どれも3分くらいの曲なんですが、ひとつひとつの世界が出来上がっていて、かつ統一感もあって、気持ちよく進んでいきます。

今回司会も担当されていたヴィオラの岩間敏也さんのバッハの「無伴奏チェロ組曲」の演奏も素敵でした。

アンコールにはカスキの「夜の海辺にて」(初めて聴きました。いい曲ですね。弾きたくなりました。)と、みどり先生オリジナルの「エバーグリーン プロローグ」を、ヴィオラとデュオで。
じ〜〜〜ん、としてしまうような優しさいっぱいの曲でした。

一日中プレイエルの響きにたっぷり浸って、音楽パワー充電しました。


















2006/11/5  22:00

投稿者:ふわふわ

ともみさん、こんばんは。
わたしもあの一日で弾きたい曲がたくさん増えた(すでに楽譜を持っているのもあって。)のですが、今はスケ2に集中しなくてはいけないのでガマン中で、ムズムズします〜〜〜。

「ひだまり」、今度お会いするとき楽譜持っていきましょうか?ともみさんなら初見で弾けますよ^^
西村さんの楽譜、出ているものによって微妙にアレンジが違うみたいです。

熱情2楽章と3楽章はどんなでしたっけ・・・CD聴いてみます。

2006/11/5  21:53

投稿者:ふわふわ

高菜さん、こんばんは。
きっと高菜さんがプレイエル弾かれたら素敵だと思います。
「余韻が命」(?)みたいなピアノなので、ラヴェルの曲とか似合いそうですよ。

「トロルドハウゲン婚礼の日」はレッスン途中で放置してるのですが、片桐先生が弾かれるのを聴いて「あ〜、これはやっぱり弾けるといいなぁ。」と思いました。

2006/11/5  21:43

投稿者:ふわふわ

Junさん、こんばんは。
えーーーっ!それはビックリです!
あの辺は駅から近いのに閑静な住宅街になっていていい雰囲気ですよね。「わたしもこのへんに住みたい。。。」と思いつつ歩いていたんですよ〜。

かん芸館はホールといっても広いお家を改造したような感じで、道路に面した階段をのぼって中に入ると、ギャラリースペースと、ピアノのあるお部屋に分かれています。
見学できると思うので、ご実家に行かれたらぜひ寄ってみてください♪


2006/11/5  11:58

投稿者:ともみ

ふわふわさん
片桐みどり先生のコンサート、とっても良かったですよねーーー。
弾きたい曲がたくさん出来てしまいました。
ふわふわさんた弾いてた、ひだまりもとってもステキで弾きたい曲の一つになりましたよ。
弾きたい曲が増えていく勢いに、練習時間が追いついていきません。
このギャップを埋めるのが大変です。
次は西洋館ですね。
何弾きましょうかねーー。
このまま熱情2、3と行こうかな?と思ってますが、果たして半年後に間に合うかしら?って感じです。
ではまたねーーー

2006/11/5  1:08

投稿者:高菜

こんばんは!
ほよ〜、プレイエル三昧ですかぁ。
素敵ですね〜。私も聴きに行きたかったなぁ☆
先日、図書館でグリーグの叙情小曲集のCDを借りてきたんですよ。
ふわふわさんが確か「トロルドハウゲンの婚礼の日」を以前弾かれたのでしたよね?
とっても楽しそうな曲で、私も弾いてみたくなりました♪

2006/11/5  1:07

投稿者:Jun

し!!し!!知ってるも何も!!
実家から歩いて3分走って1分のところです!!!
きゃああああ
何々?
実家に近いといいながら、
最近寄り付いてないので行ったこと無いんです。
どんな感じのところなのでしょう???
ひゃ〜興味深々>▽<!!

Vnは、結構メンテナンスが必要な楽器で
発表会前などには必ず弓の張替え、
弦の張替えをしているのです。
お金も、御茶ノ水まで行く労力と時間もかかるのです〜


2006/11/3  20:59

投稿者:ふわふわ

Junさん、お久しぶりです!
あっ、Junさんの職場は荻窪のお隣でしたね!
このホールだったんですがご存じでしょうか?↓
http://www1.odn.ne.jp/kangeikan/

のだめオーケストラのコンサートあるみたいですね。

レコードいいですよね。夫がたまにジャズのレコードかけてます。

ヴァイオリンどうされたのですか?修理は無事終わりましたか?

2006/11/3  0:32

投稿者:Jun

おひさしぶりです〜
なんって!なんて素敵は事をなさっているのでしょう!!
荻窪で!?
私が西荻窪で血眼で仕事をしている時に、
ふわふわさんは心あわられる音楽の世界。

ふわあああああ

スバラシイイイノデス。

最近コンサートに全然行っていないのですが、娘がのだめを見てオーケストラを聴きたい!聞きに行きたい!と叫び始めました。
とりあえずレコードで我慢させています。

久しぶりに聞くレコードの音。
こもったような暖かい音。
年をとって、そういうのが良くなってきたのかもしれません。
明日は、御茶ノ水の下倉楽器まで楽器の修理をしにいかなければなりません。
せっかくの連休なのに・・・・・。

2006/11/2  10:12

投稿者:ふわふわ

オリーブさん、こんにちは。
プレイエル、荻窪にあるそのホールの1台を弾いたことがあるだけなので、ほかのプレイエルがどんな音・弾き心地なのかも試してみたいです。まだ行ったことがないんですが、国立に専門店があるようですよ。
わたしの演奏は・・・日記の通りで・・・;;

グリーグの叙情小曲集、わたしも楽譜を買ったものの棚のこやしになっていたんですが、弾きたくなりました。


2006/11/1  19:17

投稿者:オリーブ

プレイエルのピアノ三昧なんて素敵過ぎますね〜!!!
私はまだプレイエルのピアノを弾いた事ありません。
写真で目にするだけですし、ショパンがこよなく愛したピアノである事位しか知りません。
そんな素晴らしいピアノを弾く機会があるなんて、良いですね〜!
ふわふわさんの演奏も、きっとすごく素敵だったのでしょうね〜♪♪♪

そうそう、私グリーグ叙情小曲集大好きなんですっ(#^.^#)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ