2006/7/5

鬼の如く黒く、恋の如く甘く…  食べ物

コンサートに行く前にちょっと時間があったので、銀座のヤマハ(立ち寄ったが最後、なにかしら買わずにはいられない店;)でCDと楽譜を物色し、小腹がすいたので、ずっと気になっていたカフェパウリスタへ。

キッシュセット(キッシュ、ミニサラダ、ミニケーキ、コーヒーで950円。)を食べました。今回は暑かったのと急いでいたのでアイスコーヒーを頼みましたが、ホットだったらなんとおかわり自由なんだそうです!
次回ゆっくり銀ブラするときにはここで休憩しよう。

大正時代の復刻デザイン缶に入ったコーヒー豆をお土産に買いました。
また、この缶を入れてくれる紙袋がかわいいんですよ〜。
大正時代のチラシのカフェーのボーイさんのイラストがついた小さい紙袋で。
「鬼の如く黒く、恋の如く甘く、地獄の如く熱きコーヒー」の名文句入り。
にしても、このキャッチコピー、順番がちょっと気になります。
「鬼の如く黒く、地獄の如く熱く、恋の如く甘きコーヒー」という順番にしたほうが自然な気がするんですが。。。どうでしょう?




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ