2005/8/11

発表会?!  ピアノ

ほんとは昨日がレッスンだったのですが、わたしの勘違いですっぽかしてしまい、今日に変更してもらいました…申し訳ないので、いつもに増して気合を入れてレッスンに臨まなければ!と思ったのですが…。

♪ハノン15番
下りの指番号を間違ったまま練習し続けていたことが判明。弾きにくかったわけだ。。。当然不合格で、次回も。

♪ハノン音階 嬰へ短調
これもたどたどしく…不合格。次回も。

♪ハノン55番 三重トリル
はぅぅ…これも不合格でした…;見た目すっごい簡単そうなのに、いざ弾いてみると指がもつれて、どこ弾いてるんだかわからなくなる始末。

ががーん!ハノンが一個も合格できなかったなんて〜〜〜!
バラードで挽回なるか??

♪バラード1番
全体通して弾き終わると、先生が開口一番「…よく練習してきたところと、いいかげんなところがハッキリ分かれた演奏ですね。」と…。
ひゃ〜〜〜、お見通しです!!
実はこの2週間、コーダばかり練習していたら手が痛くなってしまったので、ほかの部分の練習がおざなりになっていたのでした。

今日いただいたアドバイス。
イントロ部分の、ダリラリラリン〜(チャッチャ、チャッチャ)の和音のところ。
スタッカートが付いているけれど、音を短く切りすぎず、音をそっと置くように弾くこと。
小さい音でも鍵盤は奥まで押さえるように。そっと押さえて音が出るギリギリの感覚を覚える。

全音の楽譜だと3ページ目から4ページ目にかけての、左手で低音のオクターブを響かせつつ、右手は広い音域でアルペジオを上がったり下がったりするところ。
右手は鍵盤の上を這うように移動。高音の山の頂点に向かっていくように弾く。高音部をもっとキラキラッ☆とした音色で。

途中のワルツみたいになるところの前後のつなぎ部分。ここが問題の「いいかげん」な部分なのです!
あやふやなままミスタッチだらけでも止まらず、すっ飛ばして弾いていたら「…マイナーな曲ならともかく、有名なバラ1でそれはまずいです;ごまかさずにちゃんと弾いてください。」と言われました;
この部分に限らず、場面の変わり目のつなぎのところを、自然につながっていくように注意。

コーダは練習のかいあって、少しスピードを落とせばだいぶはずさず弾けるようになりました。理想のスピードで弾こうとすると外しまくり濁りまくりなので、「ゴチャゴチャで定着してしまうといけないので、確実に弾ける速さで練習して徐々にスピードアップしていくように。ときどきは速い練習も加えて。」ということでした。

ところで、先生が教室の初発表会を計画してくださっているそうです!
順調に会場が決まれば、12月ごろになるかもしれないとのこと。
ぜひそのときにはバラード1番を弾かせてもらえるよう、がんばります!



2005/8/12  8:52

投稿者:ふわふわ

まだ会場の予約が取れていないそうなので、はっきりとは決まっていないんですけど、そうなったときに間に合うよう準備したいです。
今の段階だと「長いですし、もうちょっとムリのない曲にしましょう。」とやんわり断わられてしまいそうなので、先生が安心してOK出してくれるくらい、次回のレッスンまでには「いいかげん」な部分をなくさないと…;

この前読んだ角聖子さんの「『ピアノ力』をつける!」という本に、「発表会で難曲を弾きたくなる気持ちもわかるけれど、弾くだけで精一杯な曲を弾くより、レベルにあった優しい曲を選んで、心をこめて表情たっぷりに弾くほうが印象に残ります」というようなお話が書いてあって、迷います。

http://happy.ap.teacup.com/fuwafuwa/

2005/8/11  22:04

投稿者:高菜

発表会でバラ1だなんて素敵です〜☆
凄いなぁ。。。憧れちゃう!

長い曲、しかも難曲だと全部を丁寧に練習していくのは大変ですよね。
先生のコメントにちょっと笑ってしまいました。
「マイナーな曲ならともかく・・・」って(笑)

発表会まであと4ヶ月ですか?
頑張って下さいね〜!!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ