2008/10/17  1:29

ピンクリボンキャンペーン2008  information

 ピンクリボンキャンペーン2008 

「乳がんの早期発見の大切さ」を伝えるキャンペーンで、
日本では2003年にスタート。

日本人女性の20人に1人が乳がんになるなんて…
すごい確立!!

でも、乳がんは早期発見、早期治療で治る可能性の高い病。
だからこそ、検査を受けることが大切なのです。



毎年、マンモグラフィーの検査を受けはじめて何年になるだろう。

先日の人間ドックの時、手帳を預けたままなので確認できないけど、
5回は受けたかな?!そして、触診は、最低7回…。

マンモグラフィーは 乳房をはさんでX線撮影をするのですが、
片方ずつほんとうにムギュッーという感じにはさんでつぶして、
かなり痛い(苦笑)。
いかに もれなくはさんで、薄くつぶして(?)撮影するか
ということが大切なようです。

触診で発見された方もいるので、意識的に注意することが大切。

婦人科の病は、気づいたら遅かった…ということが多いようで、
もっと気軽に低料金で検診が受けられるようになると良いのに
と思います。

ピンクリボンキャンペーンの期間だけではなく、いつも注意を
していたいですね!!








※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ