2015/7/15

『君を守りたい』エピソード2  

そういえば、『君を守りたい』が完成する
2日前に、1ヶ月後に結婚披露宴をする
友人の新郎と電話で話すことがあって、
ただ一言で“幸せ”といっても
そこには色んな感情や状況があるんだなと
感じた。

そんなこともあって
思い浮かんだのかもしれない。

普通の恋愛、普通の結婚、普通の生活、
っていうけど、そんなのあるのかなって思う。

それぞれ個人を見てみると
どれも特別で、一筋縄ではいかない事情があって
面倒くさくて、愚かで、哀れで、、、素敵だ。

だから歌に“正義”を入れるんじゃなくて
“真理”を入れれば良いんだってあるとき気づいた。

“正義”なんてみんな違うし、
人間は完璧じゃないし、間違える生き物だし、
だから歌ではせめてそれを肯定したい。
“真理”“真実”の歌を残したい。

『君を守りたい』は『あいつ』から派生して
出来た歌。
当然、『あいつ』を聴いてくれて
“こいつ”に感情移入してくれた人にとっては
胸くそが悪い歌かもしれない(笑)

面白かったのが両方聴いてくれてるひとの中で
“あいつ”がムカつく、許せない、とか
間にいる女、嫌い、とか、
色んなご意見をもらうことが出来たことだ。

“まぁ、歌ですから”と言いつつも、
作者の僕にとっては“しめしめ”というか
とっても嬉しい反応(笑)
そんな風に心を揺さぶって乱れてくれたら本望!

でも、二つの曲に繋がりがある、っていう
インフォメーションを抜きにしたら、
どちらも主人公に移入出来る曲だと思うんだけどね。

『あいつ』の“こいつ”にも
女性が離れていってしまうような何かが
あったのかもしれないしね。
想像にお任せしますが(笑)

この曲に「雨」を挿入できたことも良かった。
このツアーでの優先順位を考えたら
「雨」を入れることがマストだったから。
1コーラス目の雨と2コーラス目の雨と
ニュアンスが違うんだけど、
どこかで世界観が繋がれているように
入れられたと思う。
雨風を凌ぐっていうのが物理的に
一番身近で原始的な「守る」を連想し易いことだし。

そんなこんなで、もうちょっとまた書きます!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ