2015/3/2

サポートメンバー  ライブショー

僕がサポートメンバーのバンドに
名前を付けている理由のひとつは

愛情を持ちたいから。

もちろん、バンドのメンバーは
僕にとってなくてはならない存在だから
自然と愛情、愛着、感謝は湧いてくるんだけど、

名前をつけることによって
始まる“思い入れ”ってあると思うんです。

ソロシンガーソングライターは
ずっと同じメンバーとは出来ない宿命。
だからこそ一緒にやる時はこの上ない魂を注ぎたい。

僕は元々バンド好きだし、
バンドによって音楽に目覚めているからなおさら。

一定期間でも同じメンバーで何度もステージを重ねて
音以外の所のシンクロも強めていく必要があったし、
それが音楽だと思っている。

“1人では音楽はできない”から。

さり気なくする会話が僕の血となり骨となる。

弾き語りをしてる時も頭の中で
誰かのドラムやベースが鳴っているんですよ。


そんなわけで、
5/30(日)@下北沢lownのワンマンから
サポートメンバーが代わりますが、

また新しいサウンド、表現で
前に進んでいこうと思ってます!

SMart→SKartへ(笑)

もちろん、SMartに終わりはなく
また同じメンバーでやる機会はきっとあります!

また、これからはメンバー固定の中にも
随所に色んなメンバーと
いろんな形態を取っていければ
と思ってます。

そんなシオダマサユキの“見せ方”いや、
“魅せ方”にも是非注目して
今後ともよろしくお願いします!
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ