カスタム検索


エエモン作ってくれます。  

クリックすると元のサイズで表示します

ローバーミニAT車用エンジンオイルフィルターケースが発売。
シフトチェンジの際、このケースが歪むほど油圧が高いAT車。
走行距離が多い車両では、このケースが変形し、オイル漏れの原因に繋がる事も考えれらます。
日本製で、厚み約2mmのスチールを使用しています。オイルフィルターは、フィルター両端のパッキンが外れ難く、Oリングも品質の良いCOOPERS製。本フィルターケースと相性抜群。勿論、フィルター単体(品番:FA4009)でもお奨めです。
(注意:フィルターケース交換の際は、ゴムパッキン、Oリングは新品と取り替え、規定のトルクで締め付けて下さい。取り付けは必ずミニ専門ショップで行って下さい。)

ご存知の方も多いと思いますが締め過ぎでもケースが変形いたします。

漏れて来た時のパターン
規定トルクで締め付けていたとしても漏れている時に測定すると緩んでいる場合があります

考えられるのは、フィルターケース前後と言うか左右のパッキンの破損、フィルターケースがパッキンに食い込んでダメージを与えてしまい、結果緩んだ状態になりオイル漏れ

さらに締めこむと、まれにオイル漏れが止まることがありますが
根本的な解決になっていません、一時しのぎにすぎません・・・が
漏れが止まってくれれば、ショップまで行くことも可能になるので

ケースが変形しない程度にマジ締めするならOKかと思います。

早急にショップで診てもらいましょうね。



番外編ですが・・・
フィルターケースのパッキンが当たるところを加工するのは、パッキンを余計にいためます。

クリックすると元のサイズで表示します


鋭利になるとパッキンは、こんな感じに余計に食い込みやすく漏れやすくなってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ