カスタム検索


今回は、デフレを作った人は?だれ? 新車を取り扱っていない車屋のただのひがみとぼやきです…  

今回はMINIには関係が無い文なので、MINIの愛好家の方は読み飛ばしてください。

最近、デフレと良く言われますが

デフレスパイラルと言えば、一つ安くなるとその隣も、それに関連した物もつられて安くなってしまう事ですが

安くなる=物の価値が失われる

買う時には良いですが、買った時ですら安いのですから
売る時にはもっと安くなってしまう。

という図式になる事ですが…


車のエコカー減税や補助金・・・

エコカー?
ハイブリット車は良いとしても?
今の新車どれもみんな付いてくる?減税+補助金

その根拠がよくわかりません。

ただの普通の車もその中に含まれてやしないかい?

永く乗って大事に乗ってあげるほうが、本当はエコのはずですが…!!

※ 旧車扱いで、自動車税が割り増しにされて、高額納税されている方のほうが、お国の為になっていると言う変な日本ですね。

英国人ほど長く物を持てと言うつもりはありませんが・・・

国が無理やり税金を使って、買い替えを促進しなくても良いのでは?


それってデフレの大元だったりするのでは?と思ったしだいです・・・


新車が安くなると言う事は、中古車はそれ以上に安くなり

車業界の、みんなが安くなり、利益が出なけりゃ雇用もさらになくなりそうな気がしますが・・・

エコカー減税制度が無くなった後に

一般の方は
新車は、よっぽど必要がなければ買い換えたくはないのでは・・・

国が結局、世間を引っ掻き回しているような気がします。

国民から、もらえるはずの税金をもらわず、逆にバラまいていたら

国の借金も、減るわけは無く

もうすでに膨大な借金ですが
さらに増えてしまうのでは?

新車を取り扱っていない・・
MINIの修理メンテナンスを得意とし長く永く乗ってもらいたいと思う
ショップオーナーのボヤキになってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

ルーフのふたの意味する所は?

僕らの?

正義の味方の車輌?ですかな??




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ