hair&make&styling : matsuko

special thanks : MISAKI

「e mail TO ECLAT」

2021/8/5

確かに政府にも責任はあるが...  アンチテーゼ


「PROTECT OF COVID-19」

ご来店前には「重要なご案内」の一覧を
ご確認下さい


※8/3に内容を更新しております。

https://happy.ap.teacup.com/applet/eclat/msgcate13/archive







コロナの感染拡大に歯止めがかかりません。


しかし、歯止めがかからないのは

政府だけの責任でしょうか?


確かに1年数か月ものコロナ禍において

特に具体的な対策を講じる訳でもなく、

緊急事態宣言を乱発してその発出価値を下げ、

医療体制の構築もせず、

オリンピックは強行し、

感染拡大に歯止めがかからくなったら

重症者のみ入院させ後は自宅療養って...


与党からの反対意見にも耳を傾けないって、

これが我が国の政治のする事かと思うと

恐ろしくてたまらなくなりました。


しかし、感染が拡大しているのにも関わらず

緊急事態宣言が出ているのにも関わらず、

動いてウイルスを拡大させているのは

政府ではなく国民そのものです。


デルタ株は脅威だとずっと前から聞いていましたから 

気を付けている人は今まで以上に気を付けているのでしょう。


しかし、動く人数が今までと同程度だとしても

ウイルスの感染力が何倍にも上がっているから

今までなら1人から1人〜2人への感染が一般的だったのが

1人から感染する人の数が何倍にもなり、

感染に歯止めがかからないのではないでしょうか?


こんな時に、感染拡大地域と往来するのはもちろんの事

不要不急の往来なんてもってのほか、

気を付けている人達は皆そう思っています。


今や隣の鳥取県ですら

ステージ4に限りなく近いステージ3と言う 

中四国地方で一番の感染拡大地域になっています。


島根県は大丈夫なんて

軽く考えていては明日は我が身です。


ここを見て頂いている方々くらいは

今こそ往来されないよう...


往来しない事こそが最大の感染対策です。


コロナも元々は外国から入って来たものです。


往来によって人が持ち込んだものです。


ウイルスは自ら移動は出来ませんから

動きが少なければ少ない程いいに決まっています。


ずっと帰ってないとか、

そう言う方々の気持ちも分かりますが...


などとキレイごとは一切言いません。


ことにはタイミングと言うものがあり、

自分の生活の範囲以外への移動は

感染拡大期においては絶対にするべきではありません。


自分が感染拡大の一端を担う事になります。


あと、ワクチン接種していても

今回のデルタ株への感染と言う面には

あまり関係ないように思います。


鳥取県はワクチン接種率が全国でも高い方で

島根県は真ん中より低い方ですし

高齢者の接種率においては

島根県は下から数えた方がいいくらいです。


ワクチン接種と感染に因果関係があるのであれば

ワクチン接種率と感染者数に影響が出るはずです。


たまにワクチン打ったから帰省させる的な事を聞きますが、

接種した方がよりいいくらいなもので

接種したから大丈夫なんて思わない事です。


接種している方の重症化率は確かに減るのかも知れませんが、

重症化率が減ったとしても感染しなくなるわけでもないし

人に感染させなくなるようなものでもありません。


下手すると接種したことで

感染しているけど症状が出なくなり、

無症状だから気付かずにマスクを外したりして人と接する事で

感染を拡げることにもなりかねないのですから。


4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ