hair&make&styling : matsuko

special thanks : MISAKI

「e mail TO ECLAT」

2020/10/29

対応の違い  アンチテーゼ


「PROTECT OF COVID-19」



ご来店前には「重要なご案内」の一覧を
ご確認下さい

https://happy.ap.teacup.com/applet/eclat/msgcate13/archive


※10/27内容を更新しております。


ご予約の空き状況は「
こちら(10/29更新)





先日、久々にコロナ感染が発表されました。


元々単発なものかと思いましたが

どうやら西伯郡に帰省した方を

基としたクラスターの様です。


山陰両県の方とその他の県の方の感染クラスターへの対応が

島根(松江市)と鳥取県であまりにも違い驚きます。


鳥取県はかなり詳細に情報を提供し、

元々の山陰以外の方については

松江市は公表出来ないの一点張りだったが

翌日の山陰中央新報には学生と言う報道が。


松江市のひた隠しにする姿勢は

市民の不安を煽るようなものです。


鳥取のように迅速に行動などを発表する事で

皆が落ち着いて行動出来ると言うものだと思います。


感染に対しての対策を打ち出していないのに

人の動きがあるから感染はやむを得ない、

と言う松江市の見解には甚だ賛同出来ません。


先日もGoTo事務局から

GoToのクーポン取り扱い店になって欲しいと言う

電話がありましたが

GoToに賛同していないとお断りしました。


菅政権になり、コロナ対策が

一丁目一番地と言ったにもかかわらず

安部政権時よりも更に

経済に重きを置いているようにしか

感じません。


コロナを封じ込める施策そのものが

経済に直結するものでありじ、

経済の活性化のみに舵を切る事は

コロナを助長する事となるのではないでしょうか?


今回のクラスターではっきりしたのは

やはり会食。


マスクを外すと言う事が

感染の分かれ道だと言う事です。


ある有識者の方が

マスクをするとことが

ワクチン以上の効果があると

おっしゃっていました。


特に不織布マスクが効果が高いと。


あと、やはり帰省や出張のリスクは高いと感じます。


普段地元で共に生活している家族と旅行に行くことと、

感染拡大地域から帰省して来たり

感染拡大地域へ出張し

現地の方と会食したりするのは

似ているようですが全然違うと思います。


クリックすると元のサイズで表示します

6




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ