hair&make&styling : matsuko

special thanks : MISAKI

「e mail TO ECLAT」

2020/8/3

今後の来店条件についての見直し  重要なご案内


先日もご案内しましたが

今の国内の感染状況は

現在ECLATで指定している地域だけに限定出来ない

かなりの感染拡大となっています。







7月中旬以降には

国及び自治体が何らかの施策を講じるはずだ...

と思っていましたが、

全く策を講じないどころか

Go Toキャンペーンなどと言う

更に感染を拡大させるような愚策に走りました。


自治体も意見は言うけど

独自対策などを打ち出したのは最近になってから。


その結果がこれです。


対策と言うものは感染させない為、

そして拡大させない為のもので

拡大したからするのは

対策ではなく対応です。


対応なんかは誰にでも出来ます。


何の為に税金から給与貰って

コロナウイルスで経済が疲弊しているなどと言いつつ

自分たちは満額の報酬を得ているのでしょうか?


又、何の為の専門家分科会なのでしょうか?


そこにも税金使ってますよね?


マスクにしてもそう。


コロナウイルス対策と称して

どれだけ無駄な金を費やしたのでしょうか?


最初の配布と今回配布すると言った

マスクの総額480億余りのお金を、

単純に各自治体に配布していたら

仮に均等配布でも1都道府県10億になりますから

それをピンポイントの休業補償に回していたら

全然違ったのではないでしょうか?


ECLATとしては

4/1〜新型コロナウイルス感染防止対策として

ご来店のお客様に一定の条件を提示しています。


対策ですので、感染しない為、させない為の物です。


美容室はソーシャルディスタンスが不可能な業種の1つです。


濃厚接触の定義が1m以内15分以上ですから

カット・カラー・パーマ・ネイルなど

全てが濃厚接触にあたります。


ECLATはシャンプーがオートなので

シャンプーだけは違うのですが

普通の美容室はシャンプーすら濃厚接触になります。


例えばかかりつけのお医者さんなどに診察に行っても

医師と相対する時間は5〜10分程度だと思います。


その後処置などがあったしとても

濃厚接触になるかと言うと

ならない範疇です。


歯科は口内を直接なので微妙ですが、

時間にしたら15分にはならないように感じます。


そう言った観点で、

感染しない為にどうするか、

させない為にどうするか、

ここ一点に集中して

最大の対策として提示していますのが

指定地域との往来の方への

期間提示です。


これによって、お越しになれなくなった方が

実はたくさんいらっしゃいます。


身内・友人で会っても例外ではありません。


自分で勝手に遊びに行ったのなら自業自得ですが、

県外で普通に仕事しているのに

指定期間があるのでいらっしゃれなくなることは

本当に苦渋の決断でしたが、

未曽有の感染症ですから

心を鬼にして決断しています。


しかし、コロナ帰省と言う言葉もあるように

今でも都会との往来で

ウイルスを持ち込む事例が後を絶ちません。


移動したけど何ともなかった、

移動した結果感染した、

どちらの確率もあるでしょうが、

移動しなければ100%リスクは回避出来ます。


ECLATとして現在は

北海道・東京・埼玉・千葉・神奈川

愛知・京都・大阪・兵庫・広島・福岡の

11都道府県を指定していますが、

まず明日、指定を拡大し

告知予定としています。


最初より指定しています11都道府県については

解除する予定はありませんが

11都道府県以外については、

情勢によって変動する可能性が高いので

ご来店前にはblogを注視して頂きます様

お願い致します。


一週間ごとの情勢の判断で

毎週月曜・火曜のところで

その後の指定地域について告知予定にしています。


予約については変更して頂くことになりますが

簡単に空きがご用意出来る状況ではありませんので

一回飛んでしまう可能性もございます。


※指標の1つにしているのは

一週間の10万人当たりの感染者数の変化です。



クリックすると元のサイズで表示します


単に何百人とか聞いてもピンときませんが

10万人当たりと言う考え方にすると

どこが危ないのかが分かりやすいのです。


先日から沖縄の医療が逼迫し

知事が緊急事態宣言を出したのも

10万人当たりで見たら

東京を越えているような状況だからです。


国内はこのように逼迫した状況で

緊急事態宣言が出ていた頃を

遥かに越えています。



不要不急の越県や県外からの帰省については

慎重にご判断されることをお勧めします。


尚、以前よりお伝えしておりますが

提示している条件に該当するのに

お越しになった場合は

いくら遠方からお越しの場合でも

お帰り頂く事になります。


症状軽くて気付かないような方も

たくさんいらっしゃるそうです。


重ねてご理解・ご協力を

宜しくお願いします。



5



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ