hair&make&styling : matsuko

special thanks : MISAKI

「e mail TO ECLAT」

2020/7/16

Go To キャンペーンと言う愚策  アンチテーゼ


※コロナウイルス感染防止対策として


4/1以降、ECLATとして

ご来店にあたり一定の条件を設けさせて頂いております。


7/16に内容を更新しております。


ご来店前には必ずこちらをご確認下さい

https://happy.ap.teacup.com/eclat/2862.html


ご予約の空き状況は「こちら






クリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します 


国はGoToキャンペーンと言う

誰でも今やるものじゃないだろうと思える施策を

この期に及んで推し進めようとしています。


そのGoToキャンペーンには条件が色々と

課せられているようですが、

あえて条件を満たさないようにしたらいかがでしょうか?


宿泊施設に対するキャンペーンの参加条件は、


・チェックインの際には旅行者全員に検温する

(無症状の場合は熱なんて出ないのに...と思うが)


・浴場や飲食施設など共用施設では人数制限を設けて

「3密」対策を徹底する。

(宿泊者自体を制限しなければ出来ない)


・客室やエレベーターの消毒と換気を徹底する

(客室はお客様が自分でやらないとダメだし

エレベーターの換気って?)


 ・参加条件を満たしていることをホームページなどで公表すること

(既にしている予約も対象と言っているのに?)


以上を各宿泊施設に義務付けるそうなので、

条件を満たしていなければ

補助の対象にならないはずです。


国内全ての宿泊施設が一致団結して

条件を満たさないようにし

キャンペーン自体が成り立たないように

するしかないんじゃないかと思っています。


そりゃあ、宿泊施設としては売り上げは欲しいでしょう。

でも今ですか?外からですか?


今の国内の感染状況グラフは

4月に松江での感染者が出た時くらいに似ています。


グラフは緊急事態宣言を出す前くらいに似ているのに

今回は動き回れと言っている。


 
クリックすると元のサイズで表示します



県内でクーポンとか発行して利用促進とかせっかくしているのに、

もしそれで自身の施設で感染が拡がったり

自身の施設の従業員が感染したら

元も子もありませんよ。


あと、補助も全て税金です。


税金は湧いて出て来るものではありません、

冷静に考えたら分かるはずです

もらえるお金は元は税金だと。


もらえばもらうだけ

国の借金は増えているのです。


そして、本気でコロナとの共存などと

考えているのであれば、

国民全員を検査するべきです。


全員が無理なのであれば

最低でも県外へ出るもの、出たものには

出る前と帰った後に検査を義務付け、

陰性証明を国内でも発行するしか

共存なんて出来ません。


感染を抑えるのは難しいことではありません。


感染の防止対策などをするよりも

感染者をハッキリさせる事です。


先日の出雲の感染者の方も

症状はないと聞いています。


症状はないから普通に生活します。


それは普通の事なのです。


しかし、検査したら感染していた、

出る前と出た後に検査していたら

感染していたとしても

リスクは最小限に留められます。


この国は、コロナウイルスは

感染症レベルが2のSARSなどと

本当に同じレベルの感染症だと

思ってないんじゃないでしょうか?


そう思えてなりません。


あと、あれだけ国会内が密になっているのに

国会議員は誰も感染していないと言うのも

不思議な話です。


5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ