hair&make&styling : matsuko

special thanks : MISAKI

「e mail TO ECLAT」

2020/3/18

県内の卒業式  アンチテーゼ



日本国内でコロナウイルスが拡大しております。


下記記載のURLに提示しております事項に該当するお客様、

又、可能性の拭えない方はご来店をお断りしておりますので

絶対にお越しにならないで下さい。


※コロナウイルスが発生している海外へ

渡航歴のある方のご来店は当面お断りします。


又、県外から帰省されている方や

県外へ出張・旅行などされた方で

体調に少しでも異常を感じている方も

ご来店はご遠慮下さいますよう

重ねてお願い致します。


※コロナウイルス・インフルエンザ等の

感染性疾患についてのお願い



https://happy.ap.teacup.com/eclat/2836.html


ご予約の空き状況は「こちら





今日明日と小学校の卒業式が行われます。


卒業生の皆様、保護者の皆様、

ご卒業おめでとうございます。


今年の卒業式は

ほとんどが縮小傾向だそうです。


しかしなぜでしょうか?


他県については分かりませんが

少なくとも島根県としては休校を決断しなかった訳です。

(県内の各自治体によって休校になっているところもあります)


休校しなかったと言う事は

通常通りで大丈夫と言う判断のはずです。


部活も普通にやってる所もあります。


島根県内は感染者はいませんが

休校しない理由でした。


卒業式は卒業生、在校生、保護者全てが

地元在住のはずです。


でしたら縮小しなくても

普通に実施したらいいのではないでしょうか?


 休校しないで普通に学校している方が

いくらかリスクが高くないですかね?


矛盾を感じるのは私だけでしょうか?


卒業式は一回しかありません。


他県のように感染者がすごいようなら

中止や縮小も仕方ない判断だと思いますが、

休校しなくて大丈夫と

国内で唯一判断したのであれば

最後までその決断を貫けばいいのではないでしょうか?


 決断に対して行動が左右にブレるのは

県のトップとして到底支持出来るものではありません。


3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ