hair&make&styling : matsuko

special thanks : MISAKI

「e mail TO ECLAT」

2019/6/5

やはりカットがモノを言う  こだわり


ご予約の空き状況は「こちら



ゴールデンウイークにパーマをかけて

ちょうど一か月が過ぎました。


過去、苦楽を共にして来た私の後輩ですので

もちろんパーマ技術は申し分ありませんでした。


(ここからの話は決して後輩をディスっている訳ではありません)


しかし、この一か月、どんどん髪型が崩れて来ました。


遠慮したのか、真意は分かりませんが

長さ以外のカットはほとんどしませんでした。


そう、問題はカットなのです。


カットはヘアデザインにとっての土台になります。


土台がきちんと構築されていないと

その他のパーマやカラーが上手くても

形としては不十分です。


逆にこれは私が東京で行くサロンのことですが

カットがきちんとなされていると

少々パーマがゆるくても形は崩れません。


簡単に言うと、

カットがきちんとしていることが絶対条件、

パーマのクォリティが高ければ尚更いい

と言う事です。


私はパーマだけと言う予約は受けていません。


予約上仕方なくカットとパーマを分けて

いらっしゃる場合がありますが

一か月空いた場合は難しい。


パーマの為のカットは

カットだけでデザインを創るのとは

違うからです。


又、デザイン上やスタイリング上

パーマは特に根元を重視しています。


カットではどうしてもコントロールし切れない

毛流や根元の立ち上がりは

パーマでしか構築出来ないからです。


根元の髪と言うのはダメージしていません。


正確に言うと化学的ダメージ、

パーマやカラーリングの影響と言う意味ですが。


ですから、現代のように大半の方が

カラーリングをされている場合

根元と根元以外の状態は雲泥の差になります。


その根元に対してパーマのコントロールをするには

本当にパーマが分かってないと出来ません。


ECLATでした髪型は伸びるけど崩れない、

もちがいいと言うのは全てはカット技術です。


単に素敵とか、単にカッコいいと言う

一時のものではなく

伸びても素敵と言うのは

簡単なことではありません。


美容師になり、今まで全ての技術を

追求して来ました。


ECLATでは「それは出来ない」・「似合わない」

と絶対に言わない、とよくお客様に言われますが、

それもその確固たる技術の賜物です。


その全ての技術の集大成が

最終的にカットにつながり

独自のメソッドを構築し

ECLATの基となっているのです。


少なくとも、この地域で

ここまで出来るのはECLATだけでしょう。


それはお客様が一番理解して頂いている

…と信じて今日からも素敵にさせて頂きます。

9




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ